ホーム > mixiユーザー(id:21258650) > mixiユーザーの日記一覧 > ジャンボ鶴田怪物伝説(361)

mixiユーザー(id:21258650)

2017年03月22日19:46

353 view

ジャンボ鶴田怪物伝説(361)

全日本プロレス暮れの看板シリーズ、世界最強タッグ決定リーグ戦の期間中はタイトルマッチは開催しない。

これは77年12月に世界オープン・タッグ選手権を初めて開催して以来、馬場が一貫して崩さなかったプロモーターとしてのポリシーでした。

ドリーとテリーのザ・ファンクスvsアブドーラ・ザ・ブッチャー、ザ・シーク組の抗争が空前の大ヒットとなり、これまで日本のプロレス界に存在した「12月の興行はヒットしない」、「タッグ・シリーズは当たらない」というジンクスを覆して見せました。

新日本プロレスとの首都圏での興行戦争では負けることの多い全日本プロレスですが、この世界最強タッグ決定リーグ戦の蔵前国技館大会に関してはこれまで新日本ブームと言われた81年以外は全日本の圧勝に終わっています。

新日本が80年にMSGタッグ・リーグ戦の開催をぶち上げた時、テリーは「ニュージャパンのタッグリーグ戦はイミテーション」と怒りをあらわにしましたが、最強タッグのブランドはファンには絶大な信頼と信用を得ており、この年の最終戦12月11日の蔵前(ファンクスvs馬場、鶴田組、ブッチャー、キラー・トーア・カマタ組vsシーク、グレート・メフィスト組)は11500人発表(満員)の観客を動員しました。

新日本は優勝決定戦を大阪府立体育会館(12月10日)に持ってきて、東京でのバッティングを避けたのは賢明な判断でした。

新日本プロレスは全日本プロレスに比べるとタッグ・リーグ戦の運営が下手であり、常時タッグを組んでいるチームの参加が少ない上チームのバランスも悪く、途中棄権も当たり前のようにありました。

その割にはアンドレ・ザ・ジャイアント、レネ・グレイ組が優勝した81年の第2回大会を除いて、優勝決定戦のカードも結末も順当な結果が多く、リーグ戦の醍醐味はあまり感じなかったです。

しかし、この年は追加でNWA世界ヘビー級王者のリック・フレアーを終盤に呼んで2月に凱旋帰国して大ブレイクした東洋の神秘ザ・グレート・カブキが最終戦の12月12日、蔵前でフレアーのベルトに挑戦することが発表されました。

この年、長年全日本を支えて来たテリーが引退、新日本プロレスファンがタイガーマスクロスならば全日本プロレスファンにはテリー・ファンクスロスが起きていました。

その影響もあり前人気は今一つ。優勝候補の大本命であるスタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディ組の超獣コンビに対抗し得るチームが今一つでした。

馬場、ドリー組は馬場45歳、ドリー42歳と全盛期は過ぎており、鶴田、天龍組はまだ天龍がいくらか弱体で、超獣コンビの集中砲火を浴びたら不利は否めませんでした。

他のチームははっきり言って優勝は最初から難しく優勝予想が安易に読めてしまう、そこで馬場はこの年ブームを起こしたカブキをフレアーの挑戦者に起用。総力戦で新日本プロレスとの興行戦争に勝ちに行きました。
9 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月24日 06:12
    少し先回りですが、馬場さんが32文ドロップキック出したのはドリーと組んでの対鶴龍戦が最後ですかね?
    45歳&あの体格でドロップキック出したのは、何だかんだ言って大したもんだなあと。
    ・・・あの頃はまったく思いませんでしたが(^^;)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月24日 07:34
    > mixiユーザー そうですね。この年の11月29日、札幌での鶴龍戦が最後でした。45歳、あの身体での32文は立派だと思います。

    71年3月2日、日本プロレスの蔵前でアリオンに見せたアトミック・ボムズアウェーにいくまでのトップロープに上がるスピードが凄いですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月25日 03:15
    > mixiユーザー これですね(笑)。https://www.youtube.com/watch?v=M3WEMJpqQuQ こんなん食らったらたまりません(苦笑)。その昔(83年?)ゴングポケットダイジェストってのでスパイロス・アリオンがいかに期待外れだったかってのがインタビューで出てたんで、どんなんだったんだろうと思ってたんですが、ユーチューブで確認してなるほどなあと(^^;)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月25日 07:01
    > mixiユーザー 馬場の肉体的な全盛期は日本プロレス時代だったかと。日本プロレス時代の黄色いトランクスの猪木は言うちゃ悪いけど(I編集長調)どん臭いです。日本プロレス時代は馬場が数段上をいっていたのが理解出来ます。

    アリオンですが、前年、国際プロレスが「あなたがプロモーター」という企画でファン投票によりまだ見ぬ強豪の外国人レスラーを招聘しようというのをやりまして、アリオンが1位になりました。2位がマスカラスでしたが。

    マスカラスが本当は1位だったらしいですが、マスカラスは日本プロレスと親密な関係にあるロサンゼルスにいた為最初から呼べないと順位を入れ換えたらしいです。

    吉原社長はアリオンと契約して秋のダイナマイト・シリーズに初来日を発表しましたが日本プロレスのブッカーをしていたミスター・モトが「国際より高いギャラを出すから行くな」と妨害しアリオンは来日キャンセル。

    苦肉の策で国際は目玉として金網デスマッチを大阪で開催する訳です。

    翌年2人まとめて日本プロレスが金の力にモノを言わせて呼んでしまうという…。竹内さんにしたら、アリオンはこのシリーズ馬場のインター王座に挑戦していますから、こんなしょっぱいヤツと俺のアミーゴを同格扱いするな、と誌面を通して主張したかと推測します。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する