mixiユーザー(id:21258650)

日記一覧

87年「創立15周年記念新春ジャイアント・シリーズ」第2戦、1月3日、後楽園ホール(観衆3,000人超満員発表)大会昼興行。メインイベントは全日本対ジャパン軍団抗争6人タッグマッチ、鶴田&天龍&タイガーマスク組と長州力&谷津嘉章&寺西勇組が対戦、この

続きを読む

87年「創立15周年記念新春ジャイアント・シリーズ」開幕戦、1月2日後楽園ホール(テレビ収録、観衆3,300人超満員発表)大会。なお、この年の後楽園ホール開幕2連戦昼興行は1月2、3日両日ともに新日本プロレスが「ニューイヤー・ダッシュ87」開幕2連戦を

続きを読む

外国人勢を迎え撃つ全日本プロレス、ジャパンプロレス精鋭陣、ヒールサイドで活躍する国際血盟軍、カルガリー・ハリケーンズその他の動きです。既に何度となく書いている通り、アメリカでの実戦トレーニングを終えた輪島大士はこのシリーズより全試合参戦。フ

続きを読む

87年「創立15周年記念新春ジャイアント・シリーズ」は恒例の1月2、3日の後楽園ホール昼興行で開幕。ジャパンプロレス勢参戦以後の85年は1月2、3、4日、86年は1月1、2、3日と後楽園ホール3連戦が行なわれましたが、3年ぶりに2連戦となり、同じく

続きを読む

86年の東スポ「プロレス大賞」は最優秀選手賞(MVP)を天龍が初受賞。2月5日、札幌中島体育センターでインターナショナル・タッグ王座から転落しましたが、ケジメをつける為にUNヘビー級王座をも返上、完全に無冠になりましたが、3〜4月の「チャンピオ

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」最終戦、12月12日、日本武道館大会、公式戦以外の結果です。11月1日、地元、石川県七尾総合市民体育館でタイガー・ジェット・シンと国内デビュー戦(5分55秒、両者反則)を行った輪島大士が東京(首都圏)大会

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」最終戦、12月12日、日本武道館(テレビ収録、観衆12,700人満員発表)大会。私はこの興行は会場で生観戦しています。最終戦を前に優勝の可能性が残っているのが、7戦5勝1敗1両リン、失点4、10点の前年度優

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」第18戦は1日のオフを挟んでの12月11日、プロレス初使用となる水戸市茨城県武道館(観衆2,700人発表)大会。これまでプロレス興行の水戸大会と言えば、水戸市民体育館か茨城県スポーツセンターで行われるのが

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」終盤のヤマ場、第17戦、12月9日、浜松市体育館(テレビ収録、観衆3,100人満員発表)大会。メインイベントの公式戦、馬場vs長州力2度目の対戦、長州&谷津嘉章組と馬場&タイガーマスク組の一戦。前85年、12

続きを読む

新型コロナワクチンとの因果関係はないとのことであるが、誤嚥性肺炎と言えば嚥下機能が落ちて食べ物が気道に入る肺炎で80歳位の老人がかかることが多い。おそらく、ワクチンにより生成されたスパイクタンパク質の影響で血栓のようなものが出来、それが原因で

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」第16戦、12月8日、広島県立体育館(観衆3,800人発表)大会。この日は公式戦が2試合組まれ、メインイベントでは鶴田&天龍組とドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク組のザ・ファンクスが対戦。全盛

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」第15戦、12月7日、松山・愛媛県民館(観衆2,850人発表)大会。メインイベントは全日本対ジャパン軍団抗争6人タッグマッチ、鶴田&天龍&大熊元司組と長州力&谷津嘉章&アニマル浜口組の維新軍団との激突。

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」第14戦、12月6日高松市民文化センター(テレビ生中継、観衆3,800人超満員発表)大会。テレビ生中継とあって試合開始は午後6時。ジャパンプロレス大塚直樹氏と懇意であり、大塚氏のジャパン設立と同時に新日

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」第13戦、12月5日、水前寺熊本市体育館(観衆3,100人発表)大会。この日公式戦は2試合組まれました。メインイベントはジャパン対国際血盟軍、長州力&谷津嘉章組とラッシャー木村&鶴見五郎組が対戦。前日の

続きを読む

86年「創立15周年世界最強タッグ決定リーグ戦」第12戦、12月4日、福岡国際センター(観衆4,400人発表)大会。この日の公式戦は2試合、超ど迫力対決、スタン・ハンセン&テッド・デビアス組とキラー・カーン&テリー・ゴディ組が激突。ハンセンとゴディの場外

続きを読む

86年「世界最強タッグ決定リーグ戦」第11戦、12月3日は4月19日に次いで本年2度目の使用となる神戸・兵庫県立文化体育館(テレビ収録,観衆3,200人満員発表)この日の大会は優勝戦の後に放送される「夢のシングルマッチ」用収録として年度最終週に当たる12月2

続きを読む

86年「創立15周年世界最強タッグ決定リーグ戦」第10戦、12月2日、福井市体育館(観衆3,400人満員発表)メインイベントは全日本対ジャパン軍団抗争、鶴田&天龍&石川敬士組と長州力&アニマル浜口&寺西勇組が対戦、10分37秒、天龍が首固めで寺西を押さえ込ん

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」第9戦は1日のオフを挟んでの12月1日、愛知県春日井市総合体育館(観衆2,450人発表)大会。今リーグ戦、阿修羅・原とのチームで参戦しているスーパー・ストロング・マシンは、11月28日札幌中島体育センター

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」第8戦、11月29日、青森県三沢市総合体育館 (観衆2,900人満員発表)大会。メインイベントはジャパン維新軍団とカルガリー・ハリケーンズ&国際血盟軍混成チームの6人タッグマッチ60分1本勝負、長州力&谷

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」第7戦、序盤戦の最大のヤマ場、11月28日札幌中島体育センター(テレビ収録、観衆4,900人満員発表)大会。この日は後半戦の優勝争いに大きく影響してくる2大公式戦が組まれました。メインイベントは前年度優

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」第6戦、11月27日、函館市民体育館(観衆4,500人超満員発表)大会メインイベントは全日本対ジャパン軍団抗争6人タッグマッチ、鶴田&天龍&タイガーマスク組と長州力&谷津嘉章&寺西勇組の対戦。12分19秒、

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」第5戦、11月26日、秋田県立体育館(観衆2,400人発表)大会。この日は公式戦が2試合組まれました。メインイベントは鶴田&天龍組がリック・マーテル&トム・ジンク組と対戦、日本テレビの「全日本プロレス中

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」第4戦は11月25日、御大・馬場のお膝元、新潟県三条市厚生福祉会館 (観衆2,100人満員発表)メインイベントは広義の意味での全日本対ジャパン対抗戦と言えるドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク組

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」第3戦、11月24日、長野県松本市総合体育館(観衆2,350人発表)大会。この日の公式戦は2試合、メインイベントではこの日公式戦初出陣となる前年度優勝、PWF世界タッグ王者チーム、スタン・ハンセン&テッ

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」第2戦、11月23日、後楽園ホール(観衆2,800人超満員発表)大会。この日はジャパンプロレスヘの売り興行でノーテレビ。私は前日の開幕戦に次いで会場にて生観戦しました。この日は公式戦は1試合、因縁の遺恨

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」、開幕戦、11月22日後楽園ホール(テレビ生中継、観衆2,800人超満員発表)大会、生中継とあって試合開始は午後6時。私はこの興行は会場観戦しています。開幕戦の公式戦は3試合。メインイベントは公式戦、ド

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」参加チームプロフィールの続きです。79、82年優勝チーム、さらには同大会の前身となる77年「世界オープン・タッグ選手権」優勝チームであるドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク組のザ・ファンクス

続きを読む

86年「創立15周年記念世界最強タッグ決定リーグ戦」は11月22日、後楽園ホールで開幕。参加チームは前85年優勝、PWF世界タッグ王者チーム、スタン・ハンセン&テッド・デビアス組、84年優勝チーム、鶴田&天龍組、ジャパンプロレス代表、インターナショナル

続きを読む

馬場、鶴田、天龍、輪島大士アメリカ遠征第2戦は86年11月8日ノースカロライナ州シャーロッテ・コロシアム(観衆12,000人発表)でのハウスショーに出場。この大会も日本テレビが収録し「全日本プロレス中継」で放送されました。メインイベントはダスティ・ロー

続きを読む

86年「創立15周年記念ジャイアント・シリーズ」が終わると、馬場、鶴田、天龍、そして11月1日、故郷である石川県七尾市総合体育館で国内デビュー戦を行った輪島大士はアメリカ遠征に出発。ノースカロライナ州を中心としたミッド・アトランティック地区のジム

続きを読む