mixiユーザー(id:2118534)

2021年05月28日01:14

38 view

武漢流出説を某有名科学記者が探ってみた結果

下の論文めいた記事が出来た。難しすぎてあまり分かんないけど、石正麗氏ら中国側が米仏などの発注&援助でコロナウイルスの機能獲得研究(かなり危ない)を武漢でやってたらうっかり人に感染する機能を獲得した改造ウイルスが漏れてパンデミックしたみたいな説が書いてある。

新型コロナウイルスの起源: 人や自然は武漢でパンドラの箱を開けたのか?  byニコラス・ウェイド 
https://okuranagaimo.blogspot.com/2021/05/blog-post_11.html 

去年12月の武漢満月図を参考にサビアン占星術で新型コロナウイルスの事を占ってみた時、「自然界に存在したウイルスを研究所に持ち帰って保存(コレクション?)していたら何かがあって外に漏れて人間界に拡散していった」みたいなボンヤリした印象はあった。
https://www.pixiv.net/artworks/79151375

しかし流石に「ウイルスの機能獲得研究」なるものが存在することは今回初めて知った。
「ウイルスの機能獲得性研究」とは、人工的にそのウイルスの感染力や毒性を強めたり感染する宿主の範囲を拡大させたりしてそのウイルスの特性をより深く解明しようとする研究のこと。危険を伴うのでそのような研究には反対の立場をとる専門家もいる。
論文によると、武漢の研究は本来ヒトには感染しない(ヒトを宿主にしない)種類のコロナウイルスを、研究のために感染する宿主の範囲を広げてヒトにも感染するように手を加えてしまっていたという。

ウイルスの機能獲得研究自体は中国のみならず各国で行われている研究ではあるものの、それ自体がかなりのリスクを伴う研究でもある。
危険でもやりたくなってしまうのが研究者の性なのかもしれない。そして、そんな研究リスクに加えて杜撰な管理体制が重なったら、最悪の事態は容易に想像できる;
先進国が自国での危険な研究を嫌がった結果、安さと引き換えに管理体制が不十分な中国に研究を外注してしまったのか?
もし例の論文が唱える説が本当であれば、間違いなくこのパンデミックは人災だ。
人災で大惨事といえば、やはり杜撰な管理体制を背景に起きたチェルノブイリ原発事故を思い出すが、今回はチェルノブイリと違って危険な研究を援助していた先進国も絡んでいる。
しかも皮肉なことに、パンデミックが起きたことで武漢で行われていた危険なコロナウイルスの機能獲得研究は飛躍的に進んでしまうだろう。ワクチン含め、世界中で史上最大規模の人体実験が発生しているようなものだから。

■武漢の研究所から流出説 バイデン氏、追加調査を公にした意図
(朝日新聞デジタル - 05月27日 15:37)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6533003

原子力もウイルスも、所詮人間の手に負えるようなものじゃないのだろう。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する