ホーム > mixiユーザー(id:2118534) > mixiユーザーの日記一覧 > 訃報がニュースになるほどの占い師

mixiユーザー(id:2118534)

2019年12月24日15:49

62 view

訃報がニュースになるほどの占い師

“新宿の母”占い師・栗原すみ子さん死去 89歳
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&from=diary&id=5913970

この方は有名になってからも街角に立ち続け、私も同じ占い師として細木和子氏よりもリスペクトしていた(細木氏も人間観察力はあるが)。
修行中だった大学時代、学生達を占うことで「w大の母」などと呼ばれたこともあったが、占い師を「〇〇の母」という呼び方するのはこの人が発祥である。
とくにタレント活動もしていない占い師の訃報がニュースになるってのはよほどのことだと思う。

3 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月24日 22:22
    ぶろんせい先生、イイネありがとうございます。
    以前ラリマーでお会いしたことがあると思いますw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月25日 01:17
    岸壁の母
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月25日 22:36
    > mixiユーザー 
    渋いwww
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月25日 23:25
    「細木数子」と聞くと反吐が出るほど大嫌いな私は出て来ちゃいます。他人の「墓相学」をなぞる様な「墓相学」を打ち立てて、法外な「指導料金」を墓石に上乗せした墓を、墓石屋と組んで多額の利益を上げてた婆さん。確か、住んでる京都の家も名義は墓石屋の社長名義じゃ無かったかな?国産で最も安い「北木石」(あの漫才師の片割れが生まれた島)で作った、6畳(12聖地)の墓石代が軽く1000万円越すと聞きましたが、有り得ない金額です。占いが「当たる」「当たらない」は知りませんが、「罰が当たる」のは間違いないでしょうね。有名な黒幕の女になって以降、占いで「大当たり」した才覚は認めますが、「墓相学」まで手を伸ばした事は、他の墓相学の先生方には大いに顰蹙を買う羽目になりましたね。まあ、それも「僻み」と彼女は思っているでしょうけど。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月26日 22:17
    > mixiユーザー 
    生憎墓相学は詳しくないんですが、たしか細木氏は自分が鑑定し販売したお墓を買った人達から損害賠償を請求する訴えを起こされたとも聞いています。

    占いというのは古来からカウンセリングめいた一面があり、悩めるクライアントにとって有効・有意義なものとして機能しなければ例え一時の才覚であぶく銭を手に入れても、新宿の母のようば顧客満足度はつきません。儲けた喜びはあってもお悩み解決に役立てた(人が悩みを乗り越えていく様を間近で見れた)という精神的なやりがいも味わえないでしょう。
    相手の悩みそっちのけであくまでも自分が儲けるためだけの占い(クライアントの悩みにアプローチするのではなく、悩むクライアントにつけ込んだり不安を植え付けるだけ)は相手のニーズに全く応えていないので、どんなに有名になっても新宿の母のように多くの人から感謝されるほどの業績を残すこともなく忘れ去られていくでしょう。

    勝手な妄想ですが、細木氏も孫正義氏と同じく、飢えや飢えの恐怖を奥底の原動力や才能の源にしてきた人ではないかと思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031