ホーム > mixiユーザー(id:2118534) > mixiユーザーの日記一覧 > 他人の幸せが許せない=自分の不幸が許せない

mixiユーザー(id:2118534)

2019年10月16日00:32

66 view

他人の幸せが許せない=自分の不幸が許せない

他人が自分よりも得をしている(幸せそうである)有様を見て妬みに苦しむのは、その有様があまり意識しないようにしていた自分の抱える不幸や不満(思い通りにならなかった、欲しいのに得られない、境遇が悪いetc)を強制的に連想させ意識させ刺激・強調するからだと思う。
そんあ傷に爪を立てるような苦しみを与えた相手に復讐したい気持ちが人を「妬みによる嫌がらせ」に駆り立てることもあるのだろう。

自分が不満や不幸を抱えていなければ、現状に満足していれば、いくら他人が幸せでも妬みは成立しない。そういう意味で、たとえ地味な生活でも他人を妬まなくて済む程度には充実感を持っているって、幸せなことだ。

武蔵小杉で被災したタワマン住民を叩いている人々の中にも、タワマン住民を妬む心の片隅に、そっと隠しておきたい不満や不幸や惨めな劣等感を抱えた人がいるだろう。
彼らの人生に真の幸あれ。

■「他人の得が許せない」人々が増加中 心に潜む「苦しみ」を読み解く
(AERA dot. - 10月15日 11:30)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=173&from=diary&id=5826497
4 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月16日 00:58
    人は「絶対的価値」より「相対的価値」を気にする人が多いですからね。給料が満足できる以上に貰っていても、他人と比べ低いと不満を持つのが大方の人々です。それがバネになって、良い方向に自分を向けられれば良いのですが、嫉妬心に転化し「恨む」人も少なくありません。お金だけではなく、業績や作品果ては人物評価にまで、いちゃもん付ける人が多くて生き難いですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月16日 01:23
    > ボスさん
    「自分だけが正当に評価されていないor周囲に出し抜かれている」という強迫観念持ってる人たまにいますね。
    自分より優れてはいないハズと思い込んでた相手の方が給料良かったり評価が良かったりすると逆恨みしたりね。
    個人的な問題に加え、恐らく競争社会によって過度の競争意識を刷り込まれてしまったことも一因じゃないかと。

    とにかく何にでもいちゃもんつけたい人は万が一それが出来なくなるともっとヤバい方向(それこそ虐待とかいじめとか?)でストレス発散しかねないので生温かい目で見てあげたほうが良いのかも。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する