mixiユーザー(id:2099510)

2020年11月02日07:16

13 view

-はじめりの漱石-「吾輩は猫である」

朗読劇-はじまりの漱石-「吾輩は猫である」に行ってキター(≧▽≦)

紀伊國屋サザンシアター初めて!
なかなか良い劇場ですわ
緩やかに後方にかけて傾斜があってどの席でも見やすいんだけど
真ん中の通路の一番前だったからかなりゆったり見れてラッキー

こんな時代だから席を空けての指定席かと思ったらびっしりほぼ満席

とはいえ感染対策ばっちりで入場するとまずグッズのサンプルを閲覧できて
その後にグッズの方の列に並びそのまま入場者とはかぶらず中に入れる
同線が考え抜かれててスムーズだった

舞台には出演者4人だけでそれぞれ兼ね役を持ち一人4役くらい担当
緑川さんは漱石以外に猫役やお琴のお師匠さんなど幅広いカテゴリーを演じ分け
語尾に「にゃん」がついたりお師匠さんの色っぽい女性声も聴けたりして豪華w

舞台衣装というか井出達は漱石だから着物なのかと予想してたけど
緑川さんは全身白一色スーツ(靴も)
髪型はパーマを当てててちょっぴり小池さんみたいだったけど(コラ)輝いていましたわ


舞台は原作をアレンジしていて朗読劇として入りやすく
4人の出演者の熱演で
お芝居に対する情熱が伝わってくるようで良かったっす


見やすい席だったから双眼鏡いらないかと思ってたけど一応持ってって良かった

朗読といいつつ顔の表情とかが豊かでじっくり確認すると感動も2倍
特に友である正岡子規が亡くなった時に涙をこらえて詩を詠む漱石に息をのんだよ

ちなみにお隣の若そうな兄ちゃんも緑川さんが前に出るとすかさず双眼鏡で見てた
緑川さんファンなのかな?www


超有名な作品だしそういう流れでもないはずなのに終わったらなぜか泣いちゃってた
アテクシの他に泣いてる人いなかったけど(^^;

(ただのドライアイかしら…)



グッズは黒猫な可愛いものがいろいろあって(マスクやマスクケースなど今時な物とか)
迷ったんだけど
結果的に絶対に買うパンフレット+台本のセットにしたわ(地味)
セットだと300円お得なんだもん!!!


胡ミミちゃんは台本より
新宿タカシマヤ土産の「belle plage」(タカシマヤに出店したばかり)の
トーチチョコの紙袋が一番嬉しかったみたい

フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年11月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

最近の日記