ホーム > mixiユーザー(id:2099510) > mixiユーザーの日記一覧 > 簡易レポ

mixiユーザー(id:2099510)

2019年05月29日07:38

88 view

簡易レポ

日曜の「ssss.gridman show 02」昼の部レポです


総勢15人もの出演者が一斉に登場するのはアタマから圧巻でしたよ!!!
みんなお揃い(色違い)のロゴTを着て醸し出す作品愛…
って、あれ?
一人テンガロンハット被って変なテンションの異質な人が…(苦笑)

アレクシスのイメージで?稲田さんは上下(ロゴTシャツも)黒であの体つきにハット
共演者からは「ザコ師匠」と呼ばれwww本人も着替える時
上半身裸になったら鏡にザコシが写ってる!と思ったそうな
そんな強烈な人と一緒に並ばれたらもう勝てないwwww

一方緑川さんは薄い紫なロゴTにシースルーな上着を羽織って
「セクシー」を出して個性を演出した様だけど
もう何やっても横のザコシが(苦笑)

どんな絵具にも黒混ぜたら黒!みたいなw

おまけに今までのグリッドマンイベントではテンション高い緑川さんしか見た事ないのに
今回はトーンもパワーダウンされ落ち着いた声で喋ってる
すごく大人しくなっちゃってるよー

今までは“ファン代表”な立ち位置だったけど
SSSS.GRIDMAN という作品が大きくなるにつれて
だんだん作る者の一人という控えめな立場にシフトしているのかな?と想像

一通り自己紹介が終るとまずテレビサイズOPのライブ
急遽腰痛で欠席のトムさん無しでオーイシさんが一人でステージ
(ここでアテクシ痛恨のペンラ出しそびれ)

その後は朗読劇「ラストオーダー」前編
アニメ終了後久しぶりにキャラクターたちが居酒屋に飲みに集まる
という設定で何故か主役の裕太役の広瀬さんは店員役www

この朗読劇で02にて初お披露目の着ぐるみ怪獣登場
(一部マニアに大人気のナナシ)
https://twitter.com/ssss_gridman/status/1072056719121899521

そこ来たか!というマニアックな怪獣が来て開場大喜び
出演者からは『え、貴重な財源からお金かけてコレ作ったの?』な意見も


トークコーナーでは「自分が考えるオリジナル怪獣」というお題で
出演者がスケブに独特の世界観で描くんだが
みんな画伯wみんなヤバめw

その中でも緑川さんが描いた怪獣は(怪獣か?)ツインテールのかわゆい女の子
もーう!自分ばっか可愛さ追求してー…と思ったが
実はこれ「帰ってきたウルトラマン」に出ていた怪獣ツインテールをリスペクト
地底怪獣グドンの捕食対象であり「生まれたてのツインテールは海老の味がする」という設定基盤にあるらしく
「ああ、エビ味の」と特ヲタはすぐ解るらしい(^^;

緑川さんも「ツインテール・エビ味でググってみて」と言ってましたww


その後は朗読劇の後編
前編は緑川さんは出演されなかったけど後編にはしっかりいました!

やはりキャラクター達が集まってカラオケに興じるという設定だったけど
裕太はアニメ終了後は本来の裕太に戻った(設定ではそのはず)のでまるで別人
グリッドマンに「オマエは誰だ?」と怪訝な声で質問されてしまう
とにかく『オリラジの藤森タンか』ってくらいのチャラい裕太に戸惑うグリッドマンが可笑しい

そして今回最大のクライマックス(あれれw)
「本当に今回初登場の怪獣がこれ(ナナシ)だけだと思う?」という
意味深なフリ…からの
満を持してアレクシス・ケレブ大登場!!!

アニメ同様口元がピカピカ点滅する芸細さ!
もともとテンション高かった稲田さんも最高潮に達し
開場の人全員に「インスタンス・アブリアクション」(怪獣を作成する時の言葉)
を強制(苦笑)

とにかくそんじょそこらではお目にかかれない質の高い着ぐるみショーが
繰り広げられ最後は一応wグリッドマン勝利の流れ

そしてキャラたちは散り散りに去って行き
アカネちゃんと六花ちゃんだけが残る

本当はEDって内田真礼ちゃんが歌っているんだけど
ここではイベント特別バージョンな2人によるED
これが作品の余韻も相俟って結構感動ものでした

それに引き続きオーイシさんのライブ
OPフルバージョンからの電光超人グリッドマンの主題歌のフル
ペンラは降り損ねたがめちゃくちゃ盛り上がったー

そして最後の挨拶(@稲田さん暴走中)www
いちいち出演者の挨拶や言葉にちゃちゃを入れかき回すので全然終わらないw

稲田さん曰くイベント01の時1体着ぐるみが増え02では2体だったので
03、04…10と続くと怪獣が全部揃うかも?という壮大なビジョンを掲げ
一人期待に胸を膨らませてました

どうやら今回(02)でイベント関係はひとまず一段落という感じらしい

緑川さんの挨拶ではそれをさらに続けていくには
「こっちが心配するくらい(グッズやCDに)お金を使ってくれれば
もしかして次につながるかもしれないので買って下さい」と販促活動
これはヲタは使っちゃうでしょ!お金!

でもって最後の最後
本当は会場も含め全員で「アクセスフラーッシュ!」で締めるところ
ハイテンションが止まらない暴れ馬・稲田さんによって
その前にもう一度「インスタンスアブリアクション」をやらせられ(苦笑)
壇上はほぼカオス

デキる若手とは言えこれには進行役の広瀬さんも困り果てていたみたい

何とか終わらせお客を出口に誘導するも
出口付近に今日の怪獣たちが出そろってお見送り

みんななんとか写真を撮りたくて大混乱でした






最初の上映会なんてサンシャインの文化会館(小さい会場)で
ちんまりと行われたのにこんなにも大きく成長して大人気作品になったグリッドマン

リアルタイムで見届けられて感無量でございました


1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する