mixiユーザー(id:2083345)

2022年05月16日11:18

304 view

5/14 SHIBUYAで仏教美術ー奈良国立博物館コレクションより【後期】@松濤美術館

展示作品中28件が前後期入れ替えまたは巻き替えだったので、後期も行ってきました。
前日ネット予約しましたが、予約していない人も入れたので、いまのところ空きはあるようです。前期より人は心持ち多めでしたが、ストレス皆無。
フォト
展示内容については、前期の日記をどうぞ。
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1982042315&owner_id=2083345

後期展示を中心にご紹介。

《首懸駄都種子曼荼羅厨子》鎌倉時代
首懸というのは、携帯式のこと。駄都(だつ、だず)は舎利のこと、種子はタネじゃなくて、しゅじと読み、仏教の諸尊を梵字一文字で表したものをいう。なるほど、仏様の代わりに梵字が描いてある曼荼羅ね。ちょっとずつ言葉もお勉強。
フォト

フォト

ちなみに、大日如来の慈悲を示す胎蔵界曼荼羅と大日如来の知恵を示す金剛界曼荼羅の二つをあわせて両界曼荼羅という。

《烏樞沙摩(うすさま)明王像》鎌倉時代
すべての穢れを浄めてくれる明王。躍動的。右下に後ろ手に縛られる猪頭の鬼がいる。
フォト


《金銅三鈷杵》平安時代
通期展示だったが、前日記未記載なので今回記す。
川端康成氏旧蔵、文鎮がわりに使っていたらしいが、客人に指摘され、文鎮にはもっと時代の金剛杵を使い、これは新しい大事に保管するようになったとのこと。仏具を文鎮がわりにするなんて、さすが?川端康成。
フォト


《地蔵菩薩像》鎌倉時代
視線を下方に落としているのは、衆生救済のお姿。蓮華座下部に湧き上がる雲が描かれているのは来迎型。なるほど、雲に乗っているのはお迎えの証拠だから、阿弥陀図などもそうやって見分けることができるのね。
フォト


《刺繍阿弥陀三尊来迎図》南北朝〜室町時代
というわけで、これも雲に乗っているので来迎図。ただし、この図の梵字などの黒い部分は死者や出家者の毛髪による刺繍。祈りがいかに切実かがわかる。
フォト


《辟邪絵》平安〜鎌倉時代
後期観覧の目的がこれ、前期に〈天刑星〉〈栴檀乾闥婆〉〈毘沙門天〉を見たので、後期2点でコンプリート。誰が描いたのかわからないが、六道絵あり陰陽道あり中国の伝承ありで、民間に伝わったものなのかな、自由素朴で興味深い。巻物で残っていればなぁ…

〈鍾馗〉
よく見かける鍾馗様は大抵烏帽子を被っているが、こちらはやけにつば広の帽子を被っている。つばは麦わらで編んだようで、縁に炎。なんとも不思議。
疫鬼の目をえぐっているところで小指の方にえぐった目玉がついてる!
フォト


〈神虫〉
朝に3000匹、夕に300匹の疫鬼を食べるという神虫。8本の足で同時に鬼を捕まえないとそれだけ退治するのはむずかしかろう、大忙しだね。
フォト


《沙門地獄草紙(沸屎地獄)》平安〜鎌倉時代
《辟邪絵》と元来一具の絵巻であったという説あり。
沙門は僧のこと。地獄に落ちた僧は獣頭人身の獄卒に糞尿の川に突き落とされる。恐ろしさに泣くと、その涙から炎が噴き出すという責め苦に遭う。それで坊主の顔から火が出ているのか、あな、恐ろしや。
フォト

それにしても、地獄門いっぱいの僧侶たち、罪を犯した僧侶がこれほどまでに多かった堕落した時代だったのか、それとも戒めに描かれたのか。坊さんもこれを見てさぞ震え上がったことだろう。

《泣不動縁起》室町時代
前期は上巻、後期は下巻の巻替え。
ストーリーは以下の通り
「三井寺の証空(しょうくう)という僧が、重病に陥った師の智興の身代わりを申し出て病を受けたものの、苦しみに耐え難く、年来信仰している画像の不動明王に、せめて後生は助け給えと祈ったところ、憐れんだ不動が涙を流し、壇上に落ちる。すなわち証空のそのまた身代わりとして死んだ不動は、冥土の死者に縛られ閻魔庁へ引かれて行くが、不動が現れたのを見て閻魔たちは驚き礼拝し、早速繩を解いて帰らせた。こうして証空も師の智興も助かり、不動画像は一堂を作って安置され、泣不動と称されたという。」(奈良国立博物館所蔵品データベースより)

病に臥せる三井寺智興の隣の間で証空が祈ると壇上の不動画が感涙して落ちる。掛け軸がはらと落ちている。
フォト


次の場面に移るための小休止?川のそば鳥や兎がいる。
フォト


身代わりとなった不動明王が縛られて冥府に連れていかれる。先頭の人が指差して何か言ってる。「次の死人、フツーの人とちょっと違いまっせ、体から炎出てまっせ」とか?
フォト


連れてこられたのが不動明王だと知り、平伏す閻魔王たち。不動明王の足の下には蓮華座。モップスリッパじゃないよ。
フォト


《薬師如来坐像》奈良時代
通期展示だが、改めて整った美しさにうっとり。顔や体の丸みがとてもいい。台座の蓮華座が像の着衣で覆われてているが、その衣を通して蓮弁の形が表れていることに今回気づく。
フォト


《明恵上人夢記(四月二十二日》鎌倉時代
東博「鳥獣戯画」展でみた高山寺明恵上人の見た摩訶不思議な夢を記した書の断簡。
この日の夢は、荒れくるう大海に浮かぶ船を見て、明恵が西方にむかって祈ると金色の光明が二筋に分かれて到来し、明恵の額を照らしたという内容。



5月29日まで。

25 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月16日 12:57
    《地蔵菩薩像》・・・・
    こんな風にお迎えにおいでくださったら
    さっさと成仏してしまうわ。
    「楽しかったし、色々おいしかったわ〜〜♪」なんぞとほざきつつ。

    仏画を眺めていつも思うのは
    退治されてる方の疫鬼が大抵みすぼらしくて貧弱で
    「なんだか気の毒」と、思っちゃうことと、
    今回見せていただいた《泣不動縁起》が物凄く劇画タッチで
    面白い事。

    楽しいレポートありがとうございました。(家に居ながら堪能)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月16日 14:43
    > mixiユーザー 
    たぶんね、成仏する時は、天から光が差し込んでとっても綺麗で、ハスの花びらが舞って、いい匂いがして、すーっと行きたくなると思うの。でも、その後に閻魔さまの裁定が待っていると思うと気が重いわ。できたら、通過したいわね。

    退治される鬼たち、筋肉もりもりなんだけれど、コテンパンにやられているよね。弱いものだけいじめる、実は気の弱いいじめっ子みたいだ。

    昔の絵巻って、ちょっと笑うでしょう。きっと人気だったと思う。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月16日 15:29
    《泣不動縁起》に、何気でウサギがいるじゃない? この場面、図録には出ていなくて、ガッカリ涙
    展覧会の途中で「図録を買って帰ろう」と決めちゃうと、その場で、じっくり見ない自分を猛反省。がく〜(落胆した顔)
    もう1回行きたいくらいの展覧会だったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月16日 15:47
    > mixiユーザー 
    場面が変わるところで、川が流れて、鳥やウサギがいて妙に牧歌的。へ〜ってちょっとツボでした。
    実はこの日、単眼鏡を忘れてガックリしてたの。
    奈良博の作品、ここで検索するとみられることがわかりました。みてみて〜♪
    https://www.narahaku.go.jp/collection/
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月16日 16:01
    裏を返されましたかウインク表も行ってないなあ。なんたかこの所根性枯渇。そえにゃん様ページを楽しみそれで良しと。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月16日 16:05
    仏教展示の紹介ありがとうございますm(*_ _)m宗教系は自分から積極的に行くわけではないので、こうして中身を知ることが出来るのはとてもいいなと思います(*´`)
    三鈷杵を文鎮使った話は面白いですね( ・∇・)私も三鈷杵を孫の手代わりに使って、周りをビックリさせたいものです( ・∇・)
    神虫の話は、仕事熱心な虫で感心しました(´ω`)蜘蛛とかも他の虫を食べてくれる益虫ということですので、昔は更に崇められて神化しているということですね(´ω`)
    地獄に落ちた僧の話は、なんとも生温いなと思ってしまいました(´・ω・`)人々を救いへ誘う立場の人が欲にまみれ何かを犯したわけなので、許すまじ( `ω´ )

    面白い物がたくさん見られて良かったです(*´`)ありがとうございます(*´`)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月17日 22:21
    > mixiユーザー 
    私は、趣味がこれしかないからさぁ〜
    それに、旅行に行かれないので、奈良博が来るとなったら飛んでいきました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月17日 22:27
    > mixiユーザー 
    三鈷杵を孫の手代わり…ウケました!
    宗教系、曼荼羅や仏像像などの掛け軸は護摩法要で煤けてしまって見づらいと言うのもありますね。それがどうも辛気臭くて、敬遠されがちなのかも。
    でも、辟邪絵や地獄絵などは、難しい経典などわからなくても、庶民の信仰の心に直接訴えるものがあり、素朴で面白いです。用語などは、私もまだ知らないこと多くて、ちょっとずつ見て覚えていこうかと思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月18日 13:05
    奈良博、京都から近いといえば近いんやけど、交通費が割高なことと、仏画や仏像がメインになるので、積極的に行かないんですよね。でも、こうやって案内していただけると「行ってみようかな?」と思えるのは爐修美瓩量ノ呂旅發気任垢輸
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月21日 11:37
    > mixiユーザー 
    わかります!私はならが大好きで、昔は奈良旅行をしたのですが、お寺さんや街歩きが楽しく昨年まで奈良博に入ったとこがないのでした。
    今回の展示、奈良博のダイジェスト版のようで面白かったです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2022年05月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031