mixiユーザー(id:2083345)

2022年05月11日15:06

307 view

5/8 時代を映す絵画たち コレクションにみる戦後美術の歩み@練馬区立美術館

友達にチケットをいただいた。ありがたし。GWには、中央の大きな美術館でなく、こうした区立美術館に行くのがベスト。空いていてゆっくりみられます。

https://www.neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=202201251643094507
フォト
1985年に開館した練馬区立美術館は当初より美術作品の収集に取り組み、作品数は現在約5,500点、寄託作品を含めれば約7,500点に上っています。この中でも絵画作品は、日本の戦後美術の流れを語るのに欠かせない作品を含む、重要なパートとなっています。
そこで今回のコレクション展では、そうした所蔵品の中から、戦後まもなく描かれた作品から近年に制作されたものまで、約35名の作家による油彩画を中心とした約70点の作品を展示し、表現の流れを振り返ります。
こうしたコレクションは、各時代の世相や思想を様々なかたちで映すものです。またそれは、開館して37年を迎える練馬区立美術館の歴史そのものでもあります。様々な経緯で収蔵(購入・寄贈・寄託)されてきた作品たちは、収蔵庫から展示室に移り観客の視線を受けることによって、新たにその表情を輝かせるでしょう。見られることによって何度でも繰り返す、けれどもその場だけの唯一の時間、そうした出会いを演出したいと思います。


戦後から近年までの作品ということだが、大きなサイズの抽象画が多かった。東京国立近代美術館や東京都現代美術館の常設展でお目にかかれるジャンルだが、わざわざそれ目当てに見に行ったことはない。苦手なジャンルなので、理解できるか?面白いか?と不安だったが、誰もいない美術館でゆっくり眺めることができて思った以上に楽しめた。

作品リストは、あいうえお順になっているので、それに従ってご紹介。

池田龍雄《十字街》
フォト

この絵↓の作者か。インパクト大の作品だったなぁ。
フォト
が、展示はペン画でなく、油彩2点。分割された画面のあちこちに、コンクリートビルの階段が見える。中央は人?下に向かう矢印の先にポッと灯る水色の球が気になる。意味するものをあれこれと想像するのは結構面白い。社会派の画家だ。

大小島真木《エンタングルメント・ハート》
フォト

画像は展示のものではないのだが、同じシリーズ。展覧会中最も若い作家さんかな。心臓の形を用いて、複雑に絡み合う自然界の姿とか、生命の連鎖を描いている?鴻池朋子と通じるものを感じた。

小野木学《風景》
(参考)フォト
これも画像がなかったので、同じタイプの絵を。練馬区在住の絵本・児童書の挿絵画家。「東京の猫たち」展では《ねこの王様》が出展されていて、全く違う作風。2点の展示があったが、深い藍、群青の画面にかすかに浮かぶ線や面。心象風景なのかな。大画面で、美しくてうっとり。

北川民次《姉弟》
フォト

自分の子供を描いたという。仲の良さそうな姉と弟の絵だが、背景の人物が何やら不穏。逆さになって倒れる赤い服の子、家から慌てて飛び出してきたふうの女、自転車に乗って振り返る男、、、何を意味するのか、気になる!北川民次は、メキシコ壁画に傾倒し、また反権威的な作品を多く描いたという。

白髪一雄《文覚 滝の行》
フォト

床に広げたカンバスの上に絵の具を置き、天井からぶら下がったロープにつかまりながら裸足で描く、アクションペインター。昔はこういう作品は素通りしてきたが、最近は、やっぱりすごいなーと見るようになる。実物の絵具の盛り上がり、勢いは只者じゃない。文覚上人というと、ちょうど今大河ドラマ「鎌倉殿の十三人」で猿之助が演じている。また、《文覚滝の行》となれば、国芳の錦絵を思い出す。↓
フォト
同じ題材で全く異なる絵、「描くものは一つでも、表現方法はいくらでもある」は先日見たボテロの言葉だった。

高松次郎《影》
フォト

東京国立近代美術館に行くと必ずと言っていいほど見る高松次郎の《影》。これはそのシリーズで、別バージョン。手すりに掴まる幼児だ。METのはもうちょっと赤ちゃんだったかな。ご存じない方のために:これは本当の影ではなく、カンバスにアクリルで描いた絵なのよ。

高山良策《不詳》
フォト

目黒区立美術館「東京の猫たち」展にも出ていた画家。あちらとはまた違う画風の、機械文明への批判とも取れるような抽象画3点。

辰野登恵子《Untitled 92-7》《Untitled 92-8》
フォト

フォト

大きな油彩画が2点並ぶ。正直わからん。そもそもこのタイトルの付け方は、1992年の7番目、8番目の作品ということだろうから、絵画自体の固有のタイトルはないのだ。こういう絵は、評論家の文章を読むとますますチンプンカンプンになるので、パス。直感で好きか嫌いか、を決める。画像で見ると面白くないが、実物を見ると絵の具の盛り上がりでいろんな表情が見えてくるのだ。眺めていると好きになる作品。

谷川晃一《春の月》
フォト

その点、これはカワイイ。絵本作家かな?でも《春の月》というタイトルが理解できず。いずれにしても、こんな模様の布地で、子供の「お稽古バッグ」を作ったらカワイイなと妄想。

そのほか、中西夏之、難波田龍起、野見山暁治などの名前も並ぶ。

ふと思い出す、高校の美術の恩師が毎年銀座の画廊でグループ展を開いていた。在学中から大学、社会人になってからも、その展覧会がなくなるまで毎年顔を出していた。他の会員の方の作品はまちまちで、風景画の人もいれば、女性肖像画の人もいた。だけれど恩師の作品は抽象画、いつも《composition》というタイトルだった。線と面の反復だけでできているような作品はどれを見ても同じに見えて、恩師に「どうかね」と聞かれてもいつも言葉に窮していたっけ。
そのころとほとんど進歩していないけれど、それはそれで仕方がない。難しい理論は今でも苦手、それを傍に置いて楽しもう。

6月12日まで

ランチは練馬駅のデキシーダイナーでエビとアボカドのオムライス。乗り換え途中なので動線に無駄なし。
フォト

練馬美術館のトピアリー?のくまフォト

26 22

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月11日 15:50
    みんなすごくエネルギーにあふれていて、強い感じの作品ですね!『影』という作品が気になりました。あと、そえにゃんさんがカワイイと書いている「春の月」は、私は不気味に感じました(笑)左下中央よりの人(?)が、カマを持ってる狂った人の後ろ姿に見えます(^-^;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月11日 16:12
    > mixiユーザー 
    大きな作品がたくさんあり、ただ同じ色に塗られているような単純な絵もよく見ると、絵の具の筆跡がみられ、面白いなぁと思いました。
    高松次郎の、ずらした影の作品は連作であるのですが、いろいろ想像することができますね。
    あと、やっぱりこういう抽象画って、見る人によって全然解釈が違うのも面白いですね。私がカワイイと言った作品も、たしかに鎌を持った狂人がいるようにも見えます。画面の途中で途切れている物体の全部の形もどうなっているのか、いろいろ想像してしまいますよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月11日 18:49
    都内の大きな美術館では集めないような、個性的な絵達ですね。
    板橋の美術館も集める作品のユニークさが、魅力です。

    アニメやグラフィックデザインも感じます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月11日 19:04
    面白いラインナップですね。戦後の復興の勢いで美術と色とりどりって感じ。

    しかし、そえにゃんさん、なんでそんなにいつも美術館チケットいただけるの?それはその人が買ったもの?その人もいただきもの?チケットってそんなにばら撒かれるものなの?いいなぁ。安くはないですもんね〜。人徳さっ!ハート
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月11日 20:31
    > mixiユーザー 
    練馬も板橋も府中も千葉市も、少ない予算で頑張って買っているのですね。
    そこに一貫した信念、そして個性を感じて、とても面白いと思いますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月11日 20:37
    > mixiユーザー 
    具象も抽象も、わぁって勢いづいたのかな。
    油絵は、つい海外の作品に目をむけてしまうけれど、日本人も頑張っているのよね。

    展覧会招待券は天下の回りもの?いただけるとありがたいですね。私もいただいたらお友達に声をかけるようにしていますが、コロナ以降招待券をもらうことが少なくなりました。正規値段は高くて、以前は金券ショップにもよく通いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月11日 22:45
    《文覚滝の行》も白髪一雄が表現すると、こんな感じになるんですね。
    そして、この高松次郎の《影》めちゃめちゃ好みです♪大阪にある国立国際美術館のホールにも《影シリーズ》あって、カッコええなぁと思っていました。

    私も、よく招待券をいただくんですが、いただいたことで行く予定にしてへんかった展覧で、良い作品に出会えたり、新たに知る画家に巡り合えたりするのが、いいですよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月11日 23:12
    > mixiユーザー 
    白髪一雄、東京で大回顧展があったのに行かなかったのが悔やまれます。実物を見ると、動きの軌跡を辿ることができ、その迫力に圧倒されますね。
    高松次郎の影シリーズ、私も好きです。大阪にもあるんですね。ググってみたら、、、、おお、これは大作ですね。みてみたい!

    そうそう、食わず嫌いをすると損しますよね。機会があれば、いろんなジャンルを見てみたいと思います。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月13日 08:45
    むちゃくちゃインパクトある現代美術顔(げっそり)そえにゃん様守備範囲広い!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月13日 09:04
    > mixiユーザー 
    守備範囲が広いというより、節操がないというか…好奇心でなんでも見ます
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月13日 23:58
    大小島真木さんの作品が来ているんですね!youtubeで知ってから、この方の作品を見たいと思っていました!今月は組めませんでしたが、長野県にあるセゾン美術館で大作が展示されているようなので、こちらも見てみたいです!(*`・ω・´)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月14日 08:39
    なんだか普段気づかない
    頭の奥〜〜の方の
    訳わからない不安を掻き立てられるんですが
    特に高松次郎《影》や北川民次《姉弟》

    って、書いてて思った、子供関連か・・・。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月14日 13:59
    池田龍雄は山梨県立美術館で回顧展があり、練馬区美術館のこの絵も在りました。
    初日に田中泯の舞踊があるという事で観に行きました。池田本人もおりました。
    図録によると地方の公立美術館の出典が多く、東京だけでも7美術館の名前がありました。
    芸術振興という政治的観点から他の作家も同じような事はあるのかもしれませんネ。
    辰野登恵子は初めましてですが、最近誤って購入したCDジャケットで似た感じのがありました。
    個性がある作品なのでシリーズ化による価値があるかもです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月15日 22:21
    私も拝見してきました。
    最も気に入ったのは白髪一雄「文覚 滝の行」ですね。
    一目で滝と分かるので(笑)、白髪一雄さんの作品にしては最も分かりやすいかも。
    白髪さんにしては中型作品ですが、白髪作品のエッセンス(絵の具の厚み、線の躍動感など)は存分に感じられます。
    池田龍雄は「十字街」と「賑やかな人々」が出ていましたね。
    どちらも社会派的な感じはしない作品ではありましたが、個人的には、池田龍雄と香月泰男が「戦後日本画壇で戦争に直接向き合った2巨頭」だと思っています。
    大小島真木さん、確かに若い感じですが「鴻池朋子と通じる」と読んで納得です。鴻池朋子さんとは違った意味で大ブレイクしそうな予感がします(笑)
    辰野登恵子さん、「形と、形の響きの色」というかじではないですかね。嫌いではないですよ。
    本展で人として印象に残っているのは北代省三。初めて知りました。愛媛大学工学部出身らしく、図形的ですが、とても立体的で、線と図の妙を感じさせ、美しかったです。
    ご恩師の「compositionというタイトルばかり」、カンディンスキーの影響ではないですかね(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月15日 23:21
    このところ、映画ばかり観ていましたが、今週こそ美術館に行ってこようと思います。
    いつも刺激を頂き、ありがとうございます顔(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月16日 12:31
    > mixiユーザー 
    大小島真木さんをご存じなんですね。わたしも後で検索して、大作を見てみたいなぁと思いました。長野に行かれたらぜひぜひレポしてくださいね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月16日 12:35
    > mixiユーザー 
    そうですね、芸術って、不安、不均衡みたいなものが発露になるような気がします。安定しきっていたら生まれないのでは、と。ビッグさんはいつもお孫ちゃんたちのことが大事で大事で、心配なのよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月16日 14:06
    > mixiユーザー 
    池田龍雄の個展に田中泯のパフォーマンスがあったのですね、いいものをご覧になりましたね。練馬の所蔵品はそれほど反体制色が強くない感じでしたが、でも印象的でした。力があるんですね。
    辰野登恵子の作品はとても大きくて迫力を感じました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月16日 14:26
    > mixiユーザー 
    コメントありがとうございます。
    白髪一雄《文覚 滝の行》は、私もタイトル見て納得、想像力と知識、両方とも備わっていない私には、こういった作品のタイトルは重要な手がかりとなります。

    >池田龍雄と香月泰男が「戦後日本画壇で戦争に直接向き合った2巨頭」だと思っています。
    ↑なるほど!練馬では、香月泰男を見てきたばかりですので、今度は池田龍雄をもっと知りたいです。

    大小島真木さんの作品、大型のものも是非一度見てみたいなぁと思っています。

    辰野登恵子さん、私も好きでした。一体どういう制作をされているんだうと検索していたら、美術評論家が分析している文章が出てきて、難しすぎて頭が痛くなりましたが。

    北代省三さん、メタリックな感じのする抽象画ですよね?既視感があり、こちらも後で検索してわかりました!今年東京国立近代美術館コレクション展で大きなモビールがあったのですが、あれが北代省三さん作のようです。立体と絵画の共通性、納得行きました。

    恩師の絵、、、たしかにカンディンスキー風でしたね。ご本人はゴッホがお好きと聞いていましたが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月16日 14:26
    > mixiユーザー 
    練馬美術館ならお近いですものね。是非是非。次回は、朝倉摂さん、こちらも楽しみです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月18日 06:28
    行かねば!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月18日 06:49
    > mixiユーザー 
    ぜひ〜

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2022年05月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031