mixiユーザー(id:2083345)

2022年04月25日12:22

281 view

4/22 有元利夫の素描ーその「音楽」の源へ@慶應義塾大学アート・センター

2020年6月25日から8月30日まで「没後35年 有元利夫展 花降る空の旋律」がBunkamuraザ・ミュージアムで開催される予定だった。しかし、コロナで中止。↓
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/20_arimoto/
楽しみにしていた展覧会だったので、すごく残念だった。

素描だけだが、慶應義塾大学のギャラリーでこんな展示がある。
フォト

大学の博物館、美術館、ギャラリーは侮れない。何かのついでに行こうと思っていたらいつの間にか最終日。友人の写真展を見にいくついでもあるから出かける。

大学三田キャンパスの正面にある小さなギャラリー。都営三田線三田駅から行ったが、途中にもっと大きそうな美術館もあるではないか。
慶應義塾ミュージアム・コモンズ…だって。興味ある展示があったら行ってみたい。
https://kemco.keio.ac.jp/
すごいな、慶大!

慶大アート・センター内のアート・スペースは1室だけの小さな展示室で、完全予約制。最終日前日夜にまだ空いていた回13:30をネットで申し込む。受付で名前を告げると部屋のドアを開けてくれる仕組み(外からはまるで見えない。ちょっと緊張)

中の係員が小声で説明をしてくれる。来場者に小冊子を配布していたが足りなくなったので今増刷している、希望者には後日郵送します、と申込用紙を渡された。小冊子はA6くらいの大きさで、そこそこの厚みがあり、図録というより解説書みたいだった。

写真撮影は可。展示室内の壁と中央のガラスケースに小さな紙片やスケッチブックがぎっちり張り出されていて、正面奥には、アトリエのデスクが再現され、有元の言葉が書き出されている。
フォト

フォト

有元は将来を嘱望されていながら、38歳という若さで早逝している。夫人も同窓で結婚当初は有元よりも多く受賞していたが夫を支えるために筆を折ったという(←現代でもそんなことがあるのか)。有元没後夫人ははこれら膨大なドローイングを整理し、自らも日本画家、陶芸家として活躍しているという。有元容子さん。
フォト

ルネサンスのフレスコ画のようなマチエールを出した作品は、こんな毛の硬いブラシで擦っていたのかな。他にも絵具に独自の工夫を重ねたという。
フォト


早逝した画家の作品は長生きした画家に比して多くないのが一般的だ。だからというわけではないが、まだ作品にはなっていない構想の欠片をひとつひとつ見せてもらえるのは、余計にありがたい気がする。

有元は鞄の中はもちろんのこと、家のあちこちにスケッチブックを置いて気になるとすぐにスケッチしたそうだ。
身近なもの〜例えば飼い犬や手などを写生したものもあれば、代表作の構想をメモしたのではないかと思われるものもあった。
フォト

フォト

フォト

有元利夫の、ヨーロッパの中世を思わせるような甘美で厳かで静謐な独特の世界が小さなペン画にも凝縮されていて、すてきだった。
フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

「音楽、それもバロック時代の音楽が持っている、豊かな感性というようなものを絵画において表してみたい、画面に音楽が漂っているような…。」

アルバムあります。
https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000120534338&owner_id=2083345

その中から、いくつかをご紹介。
フォト

本作はこちらかなフォト(ネットから借用)

フォト

フォト(ネットから借用)
らせん?の塔の構想も繰り返しある

フォト

フォト(ネットから借用)
向きは違うけれどおなじモデル?

有元がルネサンスのフレスコ画に大いに触発されたというのは有名だが、日本の仏像にも影響を受けている。
フォト


フォト

小さい顔と太い腕、体は有元の人体の特徴だ
フォト


本作をどのように仕上げるかなど、イメージが細かくメモされている
フォト

フォト


ネットから、これらを元にした本作と思われるものを拾ってみた
フォト
フォト
フォト

http://www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/artist-voice02/
フォト
新しい展覧会シリーズ「Artist Voice」は小さな展示室1室という施設の特性を生かして、作家の呟きや生の声を感じ取れるようなインティミットな展示を目指すものです。
 第2回となる今回は、有元利夫の素描をとりあげます。有元がピエロ・デラ・フランチェスカなどによるルネサンス絵画を賞賛し、自らの芸術に取り込んだことは有名ですが、彼の素描作品についてはそれほど広く知られてはいません。特に作品として描かれた素描ではなく、ある対象を前にして写生したスケッチや、あるいは作品制作に直接繋がっていくいわゆるエスキースについては、これまでほとんど鑑賞者の目に触れることはありませんでした。しかし素描とは画家が頭の中のコンセプトを初めて現実世界に表現するものであり、完成した作品よりも純粋な着想の表現であるといえます。ある意味作品以上に芸術家の本質に迫ることができるメディウムでもあるのです。
 本展で展示される有元の素描に目をやると、実にさまざまな芸術世界が広がっていることに気づくのではないでしょうか。有元は自らの芸術における素描類の重要性をはっきり認識していました。彼の素描は対象再現的なものではなく、むしろルネサンスの素描に倣ってより線の強さと量感を求めており、上で引用した文章のように、「線」と「量感」こそ、芸術家の想像力が問われる場だったのです。
 有元は「見ているうちにどこからともなくチェンバロの調べが聞こえてくるような、そこに音楽が漂っているような画面」の制作を追求していました。本展に出品される作品は演奏会の音楽ではなく、バロックリコーダーを嗜んでいた芸術家が心の赴くままにアトリエで奏でる音楽に比することができるでしょう。展示室に満たされた静謐な音楽に、ぜひ耳を傾けてみてください。


願わくば、一昨年中止となった有元利夫展をぜひ開催してもらいたい。3年後には「没後40年」の節目にもなる。

4月22日終了

21 16

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月25日 12:54
    下絵みて、これかな?って作品拾ってくるの面白い。さすがそえにゃんさん。美術探偵だわ。

    慶応って行ったことないし、どこにあるかも知らないのですよ。東京は文化のかほりに溢れていますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月25日 13:41
    珍しい展示会ですね。内容もユニークで面白そう手(チョキ)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月25日 15:13
    > mixiユーザー 
    油彩画の画像があまりなくて検索できなかったんだけれど、元の油彩画をなんとなく覚えていたのでちょっとやってみた。

    私も生まれてこのかたずっと東京に住んでいるけれど、知らないところだらけ。慶應義塾大学って名前は誰でも知っていてもどこにあるかなんて東京の人ですら知らないほと多いかも。善光寺がどこにあるか知らないのと同じだよね。(私は行ったことあるから知ってるけど!えへん)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月25日 15:14
    > mixiユーザー 
    ね、開かれた大学、なんですね。こういう展示の場所があることも嬉しいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月25日 15:16
    > mixiユーザー 
    割と新しくできたらしいのですが、大学って結構美術館、博物館、資料館を持っていて一般に公開しているんですよ。ほぼ無料だし。
    有元利夫さん、本の表紙などに使われたりするので、絵を見たことがある人は多いと思う。生きていればまた70歳前後?残念ですよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月25日 17:54
    慶應大学のあの図書館に入れるのに、全然、興味がない人もいました。ボケーっとした顔
    我が家に、定期的に冊子が送られてきていたときは、オープンお知らせ や 大学の所蔵品が載っていて、行ってみたいと思っていたのですが、すっかり忘れていました。 もういいや。あせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月25日 20:25
    > mixiユーザー 
    あら、もういいやなんて言わずに行ってみてくださいな。せっかく高い学費払ったんだもの。福沢諭吉の銅像、ちょっとみたかったけれど、流石に部外者なので中に入る勇気はなく。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月25日 21:40
    なんだか物凄く不思議な静謐な世界観だなあ。
    《重奏》・・・が、衝撃的。
    天使の歌声が聞こえてきそう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月25日 22:41
    確か5年程前に、アサヒビール大山崎山荘美術館で展覧があって、初めて知った画家です。
    膨大なスケッチ、そのピースを作品に結び付けてくれはって、当時観た作品が思い出されました。大学の博物館、いいですよね♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月27日 22:38
    > mixiユーザー 
    チェンバロの調べが聞こえてくるような絵を描きたいと画家の言葉。…まさにそうなのですよ。聞こえてきます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月27日 22:47
    > mixiユーザー 
    おお、調べたら2017年にあったのですね。いいなぁ〜と、当時のmenoさんの日記を辿ってしまいました。リコーダーの展示もあったんですね。それは興味深いなぁ。
    フレスコ画に感銘を受けて、岩絵具を使って、描いた後表面をブラシで削ったり、風合いを工夫されていますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月28日 08:54
    > mixiユーザー 
    リコーダー?と、自分の日記を読みましたw すっかり忘れてました。記憶の風化、怖ろしいです(^_^;)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月28日 18:44
    > mixiユーザー 
    私もあるあるです。なので、日記に書いて、時々読み返してます(笑
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月29日 18:11
    没後25年の回顧展で有元さんを知りました。静かな空間に人物が一人、不思議な世界を感じました。
    DENONの古楽のレコードで絵は記憶に在りましたが、作家の名前は知りませんでした。
    ジャケットにルソーの「夜のカーニバル」を流用したシェーンベルグのピエロのレコードがあって、
    それを連想させる枯れ木の森と月が印象にに残ってます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月29日 18:27
    庭園美術館であった回顧展ですね?私はこの展覧会のことを知らなくて行っていないのですよ。庭園美術館の設えの中でみる絵画は一段と印象的なものだったと思います。
    コーヨーさんは音楽もお詳しいので、レコードジャケットの意匠にも印象的なものがあることでしょう。結びつくとまた興味深いですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月07日 21:45
    > mixiユーザー 
    すみません、↑お名前指定してお返事書かなくって。コーヨーさんへのお返事でした。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2022年04月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930