mixiユーザー(id:2083345)

2022年04月20日15:21

145 view

4/17 写真家エリオット・アーウィット作品展 観察の美学 筋書きのない写真たち@富士フイルムスクエア

六本木ミッドタウンのサントリー美術館に行くとチェックするフジフイルムスクエア。3つの写真展と写真歴史博物館企画展が常時行われている。

今回は写真歴史博物館企画展で大好きな写真家エリオット・アーウィットだ。サントリー美術館の北斎展の後訪ねた。

https://fujifilmsquare.jp/exhibition/220331_05.html
エリオット・アーウィット(1928– )は、1949年以来、ニューヨークを拠点に約70年にわたり活躍してきた写真家です。マグナム・フォトの創設メンバーであるロバート・キャパの推薦を受け、1953年、25歳の若さでマグナム・フォトに参加したアーウィットは、1966年から1968年まで3期にわたって会長を務めるなど、マグナム・フォトの初期メンバーとしてその活動を支えると同時に、広告写真や映画、テレビ番組など、写真作品以外のジャンルにおいても多才ぶりを発揮してきました。
本展は、写真家エリオット・アーウィットの往年の名作から約30点を選りすぐり、1980 – 90年代に制作された貴重なオリジナル・プリントで展示するものです。
ウィットとユーモアに富み、人間味あふれるアーウィットの写真は、いつの時代も多くの人々から愛されてきました。恋人たちの一瞬、子どもたちの愉快な表情、人間と犬とのユーモラスな関係……目の前で起こる偶発的なドラマを、冷静に、そして愛情深く見つめる「観察の美学」ともいうべき視点には、アーウィット自身の生き方が投影され、瞬間を記録する写真という表現によって、人生の喜怒哀楽が濃密に描かれています。20世紀の写真表現を象徴するかのような美しいゼラチン・シルバー・プリントは、アーウィットの魅力と同時に、“記録する”という写真の原点を強く訴えかけてくるものです。
現在もマグナム・フォト最高齢の写真家として重要な地位を占めるエリオット・アーウィット。普遍的な魅力を放つ名作の数々をどうぞご堪能ください。
※ 1947年、報道写真家ロバート・キャパの発案で、アンリ・カルティエ・ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビッド・シーモアらと、写真家の権利と自由を守り、主張することを目的として創設された、世界を代表する国際的な写真家集団。


写真はあまり…という人でも、彼の犬の写真を見たら、クスッと笑ってしまうだろう。
フォト

犬と人との一瞬を捉えた写真は、犬がジャンプしている写真や、街なかで犬が人とみつめあっている写真やこの他にもたくさんあって、どの写真もがユーモラスで楽しい。

私はといえば…自分で写真を撮るようになってから写真展に行くようになったくらいで、未だあまり多くの写真家の名前を知らないが、この写真に釘付けになってからアーウィットを知った。きっかけは猫。
フォト

ベッドに腹這いになる赤ちゃんを優しく見つめる新米のママ。その姿を静かに見やる黒猫はすべてのことを優しく見守ってくれる頼りになる存在。じーんときませんか。

アーウィットの優しい眼差しはこんなところにも。くすくす
フォト


こういったエスプリの効いた写真も有名だ。
フォト


何気ないようなスナップもいいし
フォト


ジャーナリストとしてもめちゃかっこいい写真を撮る
フォト

フォト


全部で30点、どれもが知っている有名な写真ばかりだが、美しいオリジナルプリントに魅入った。11歳からはアメリカで育った人なのだが、やっぱりフランス人だなぁと思わせる感性。いいなー。


壁面1面のみで入場無料、6月29日までやっていますので、サントリー美術館へ行く際はぜひお寄りください。おすすめ。
19 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月20日 17:02
    最後の写真もエリオットが撮ったものですか? 日本にも来ていたんですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月20日 18:19
    ああ〜〜ため息が出ちゃう。
    絵画より絵画的・・・。
    どうやったらこんな一瞬を切り取れるんでしょう?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月20日 19:19
    バックミラーに映る男女の、30年以上前の、洋楽CDのジャケットじゃないですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月20日 19:34
    白黒でなお訴えてきますね。ダブル鑑賞凄い。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月20日 19:38
    > mixiユーザー 
    親日派でなんどもきているようです。今もご存命です。1928年生まれですから94歳ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月20日 20:12
    > mixiユーザー 
    いいよねぇ〜かっこいいよねぇ〜こういうところに目がいく写真家ってすごい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月20日 20:15
    > mixiユーザー 
    あ、そうかも。で、しらべてみたらイギリスのバンド「フェアーグラウンド・アトラクション」の1988年に一世を風靡したアルバム、「ザ・ファースト・オブ・ミリオン・キス」のジャケットなんだそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月20日 20:17
    > mixiユーザー 
    ダブル鑑賞といっても、地上に上がって数分、壁1面だけですからみて数分なのですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月20日 20:31
    やっぱり!!調べてくださってありがとうございます。アーチスト名は覚えてなかったけども、あのCDすごくいいのですよ。夫が新婚旅行先で買ったのね。今でも聴くんですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月20日 20:33
    > mixiユーザー 
    あら〜思い出のCDでもあるのね。そういうのいいわぁ〜バックミラーに映る二人、べちゃんご夫婦だったりして。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月20日 20:45
    以前 見た飛び上がったワンちゃんの写真家ですか?
    メトロポリタン美術館展へ行く予定があるので、覗いてみたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月20日 21:17
    > mixiユーザー 
    そうです、ワンちゃんがビヨーンと人の横で飛び上がっている写真。
    ミッドタウンにあるのでぜひ帰り道にのぞいてみてください。お時間はとらせないと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月21日 00:35
    動画よりもリアルを感じてしまうのは何故だろうカメラ
    記憶の中で人はそういう捉え方をしているのかな電球
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年04月21日 06:55
    > mixiユーザー 
    写真は一連の動きの中の一瞬を切り取るのですよね、人の記憶も断片の繋ぎ合わせ、より心に残る断片が写真となった時、感動と共感が強まるのかもしれませんね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2022年04月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930