mixiユーザー(id:2083345)

2021年06月11日09:00

134 view

6/9 冨嶽三十六景への挑戦 北斎と広重@江戸東京博物館

江戸博は、博物館・美術館というよりインバウンドを狙ったテーマパーク的なところがイマイチであまり行かなかったのだが、同じように思っていたマイミクさんが推薦していたので、急遽行くことに。
この日は、午後に中野坂上の病院へ行く予定だったので、昼前に到着し、1時半まで江戸博で遊び、大江戸線で一気に中野坂上へ。大江戸線中野坂上の改札にはちょっと素敵な壁面オブジェがあります。


フォト
さて、江戸博。エジプト展で大人気だったコシャリを出すレストランが三笠会館の後にできていました。イスラエル、モロッコ料理のメニューも増えてその名も「江戸博砂漠」。
フォト
建物内側のカフェは第一ホテル両国。

アソビューで事前予約制になっていますが、ガラガラ。当日券でも問題なし。一部のキャプション以外撮影可。

北斎の「冨嶽三十六景」と広重の「東海道五拾三次之内」が比較展示してあるだけかと思ったら、そう単純ではなかった。
ストーリーは広重目線で進みます。目下、映画「HOKUSAI」が上映中、映画に広重は登場しないそうだが(実際の絡みもあまりなかった)が、広重が北斎の「冨嶽三十六景」をどう意識して、どのような独自世界を創造していったかが作品を通して理解できる仕組み。一点一点に丁寧でわかりやすいキャプションがついていて、充実した観覧となりました。
フォト
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
日本を代表する浮世絵の名作、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」は、青を使った鮮烈な色彩と大胆な構図で人々に強い衝撃を与えました。この時、北斎は70歳を越えていましたが、長い画業の中で不断の努力を重ねていました。
 一方の歌川広重はこの時30歳代後半。風景画を描くもヒット作のない一介の浮世絵師にすぎませんでした。そんな広重も驚きを持って見たであろう「冨嶽三十六景」シリーズ。その大ヒットの陰で、広重はどのように自らの画風を打ち立てていったのでしょうか。
 これまでも北斎と広重の富士シリーズを展示する展覧会は開催されてきましたが、本展はより踏み込んだ解釈により、風景画で双璧をなす北斎と広重の挑戦をストーリー展開で浮き彫りにする試みです。一挙展示となる「冨嶽三十六景」全46図を含む作品はすべて「江戸博コレクション」。この浮世絵史を語るうえで見逃せない貴重なコレクションを通して、二人の浮世絵師のあくなき挑戦の数々を名品とともにご紹介します。
 
プロローグ 広重、絵師を目指す
第1章 風景画へ道ー北斎のたゆまぬ努力
1−1 北斎「冨嶽」に至る道
1−2 風景画ー西洋絵画の影響
第2章 葛飾北斎「冨嶽三十六景」の世界
第3章 新たな風景画への道ー広重の挑戦と活躍
3−1 「東海道五拾三次之内」での新境地
3−2 広重の江戸名所
エピローグ 広重、“富士”を描く

フォト

最初に広重10歳時の絵フォト
夢は「絵がもっと上手く描けるようになること」だったという。古今東西天才画家の展覧会では幼年時代の絵を展示することは多い。広重の絵はその中で上手い部類ではないと思う。そうか、努力の人だったんだ。

広重、浮世絵師としてデビューした頃20代の作品フォト

一方、北斎もたゆまぬ努力の人。72歳で「冨嶽三十六景」を発表するまでには長い道のりが。勝川春郎、宗理、北斎、戴斗、為一などと絵師名を変え、肉筆画、錦絵、狂歌摺物、狂歌本、読本挿絵などを手掛け、ドイク時の画風を展開。

寛政9年の新春の摺物フォト
摺物は、私的な注文によって制作し、配り物として用いられた

フォト
常盤津節の稽古会を知らせる摺物。こういったものが原型で残ることは大変珍しく、貴重。

「新板浮絵」シリーズ全13図の1図フォト
ピンク色の桜と霞が綺麗。透視図法も新しい時代を感じさせる。

そしていよいよ「冨嶽三十六景」
さまざまな地点からの富士山を描き出した新風景画シリーズ。ベロ藍が新鮮で、大人気。藍の輪郭線で摺られた36枚に、墨の輪郭線で描いた通称「裏富士」10枚を追加。
全46図の刊行が終了していたころは北斎すでに72歳。その時広重は37歳だったそうで、35歳も上の絵師が描いた、これまでにない斬新な風景画をどのような驚きで見ていたのだろう。

第2章では全46点を全て鑑賞ポイントのキャプション付きで紹介。本気で全部見たのは初めてかも。このキャプションがすごく良いので、頑張って全部撮ってきてアルバムに載せました。「冨嶽三十六景」全部見たいという奇特な貴方(貴女)、こちらをどうぞ。

https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000120311510&owner_id=2083345

やはり有名なのはこれ。新千円札の裏面になるそうです。
フォト


同じ位置からの晴れと雨。
フォト

フォト


○と△
フォト


鋭角の△と丸びを帯びた△
フォト


何重もの△
フォト

フォト


相似の△
フォト


大きい△と小さい△
フォト

フォト


湖面の不思議な△
フォト


意表をついた構図は遠く欧州の画家たちに影響を与える
フォト

フォト

フォト


ダイナミックな動きも
フォト

フォト


折しも、すぐ近くのすみだ北斎美術館では「しりあがりサン北斎サン −クスッと笑えるSHOW TIME!−」をやっていて、しりあがり寿氏の北斎パロディを観ることができるはず。一緒に行くとなお良いかも。

浮世絵は、絵師だけでなく彫師、摺師、そして何より版元との関係が重要。
「冨嶽三十六景」の版元は、永寿堂西村屋与八。絵の中にも、永寿堂の「寿」の文字や、山笠に巴の商標をさり気なく入れている.
フォト

フォト

フォト


展示の「冨嶽三十六景」は46点とも江戸博所蔵のものだが、裏富士10点を除いた36点には、同じ所蔵印が押されている。印は不明で、かつて誰の所蔵だったか、謎だそうだ。
フォト

フォト


「冨嶽三十六景」の刊行が終了した頃、歌川広重「東海道五拾三次之内」が始まる。江戸から京都に至る東海道を描いた全55枚シリーズで、風情ある新たな風景画です。

枠をはみ出した尖った形の富士山は、「冨嶽三十六景」を越えようとする広重の決意表明のよう。
フォト


馬に乗った子供の視線が左に見えてきた富士に向いているところは、広重独特の情感ある描き方
フォト


人物のみ色を入れたモノクロームの世界。しんしんと降る雪、静寂。
フォト


こちらは雨。
フォト

突風や雷雨のように北斎は劇的な一瞬を捉えているのに対し、広重は人々の心情をも写し出すよう。

「東海道五拾三次之内」の大ヒットで、江戸名所を取り上げた風景画を次々と刊行。
フォト

フォト

雪に足を取られた女性の描写

叙情性豊か
フォト


広重の活躍が始まると、北斎は版画の製作をやめ、肉筆画に専念。需要がそうさせただけなのか、本人たちが意識したのか。北斎が90歳で亡くなった約10年後広重は62歳で急逝。コレラが死因ではないかと噂がたった。

亡くなる1年前の代表作。近像型構図という大胆な構図で、鯉が尻尾を食いっと曲げている先に富士山が見える。北斎を意識したのかな。
フォト

どの富士も見事です。
フォト

フォト

フォト


同じ深川万年橋
北斎は「冨嶽三十六景」のなかで橋の下から富士山を望む
フォト

広重は橋の上から亀が見下ろす構図



フォト


江戸の二大風景画絵師、葛飾北斎と歌川広重。堪能しました。

6月20日まで
22 16

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月11日 09:07
    すーばらし〜ハート北斎もそえにゃんさんも!!ありがとうございます。北斎宇宙人説ってありませんか?もしくは未来から来た人説。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月11日 10:36
    いつもながら、ご丁寧な解説ありがとうございます。
    写真を一つ一つ丁寧に観て解説を読んで、すっかり行った気になってしまいました。

    >江戸博は、博物館・美術館というよりインバウンドを狙ったテーマパーク

    本当にそうですね。
    以前、外国人を連れて何度も行き、とても喜ばれました。
    映画HOKUSAIには、歌麿と写楽は結構大きな立ち位置で出てきましたが
    広重は出てこなかったのですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月11日 13:42
    摺物に潮干狩りの大人と子供が描かれた寛政九年(だったと思う)の暦があったのを覚えています?大人が大の月、子供が小の月を表し、全部で13人だったので、閏年だったのがわかります♪後半が大人ばかりなので、大の月がこんなに続くのかなぁ?と不思議だったので、寛政九年を調べると、十・十一・十二月と3ヶ月続けて、大の月でした。過去の暦がこんな簡単に調べられるのは、本当にすごいですよね(しかも、博物館内で実物を見ながら)♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月11日 16:09
    浮世絵だし、有名すぎる2人だし、いつかどこかで見れるだろうから、いっか( ・∇・)と思っていました。詳しい解説を読みながら、ちゃんと2人の世界を味わうべきなのかも、、、と後悔してももう遅い(´・ω・`)行けばよかったなー、、、というか!よく考えたら、緊急事態宣言がなきゃ余裕で見てたな( ノ・ω・)ノバンバン
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月11日 20:39
    これは嬉しい!有り難い、今日のお土産は江戸東京博物館博物館チケットチケットでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月11日 23:17
    日本絵画史の二大巨人の作品の詳細な紹介、楽しく拝見しました。改めて二人の絵師の偉大さを再認識した次第です。ありがとうございました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月12日 00:27
    沢山の浮世絵 ありがとうございます。
    こんなに丁寧に写真で紹介されるとまるで会場に行った気になります。パソコンでゆっくり見ます。ウインク

    ここの博物館はかなり前、円山応挙の展示会が、印象に残っています。
    海外からの旅行者にもほんとは見せたいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月12日 09:31
    > mixiユーザー 
    北斎って、エピソードおおいですよね。同時代の写楽ももっと謎だし。ほんと、凡人には想像もつかないほと変人揃い。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月12日 09:36
    > mixiユーザー 
    写真も見てくださってありがとうございます。
    江戸博、ショップもあきらかにインバウンド用、ただ、そこまでやるならカフェ、レストランがどうにかならないものか、と思いますね。老舗甘味処のあんみつなんか出してくれたら完璧なのに。

    広重は、活躍の時期(浮世絵版画の)が北斎とちょうど入れ替わりだったので、絡みがないのでしょう。コレラで急死というのはびっくりしました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月12日 09:49
    > mixiユーザー 
    3枚展示の寛政9年の摺物のうちの1枚ですよね。当時は、大の月小の月が毎年違ったので、こういった遊び心のある暦が売れたそうですけれど、もっと捻ったものもあって、かえってわかりづらいなぁ、なんて思っていました。
    そうか、スマホでこのこの年どうだったかちゃっちゃと調べられるんですから、鑑賞の楽しみも増えますよね。
    それにしても、この展覧会はノーマークだったので、教えていただき見に行かれてラッキーでした。江戸博も昨年の「奇才」もすごくよかったし、変わりましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月12日 09:54
    > mixiユーザー 
    わかります、わかります!私もこれまで、北斎、広重、写楽などの有名な版画の方はいつでも見られると見逃していました。そうこうするうちに、残りの人生そう長くないことに気づき少々焦っています。昨年から度々発出される緊急事態宣言のせいで、どこも会期の半分くらいが休館となってガックリしましたね。出光の再開はまだないし〜〜今はそれが気がかりです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月12日 09:56
    > mixiユーザー 
    おおっ、今日あたり江戸博でしょうか。ネタバレになっちゃいましたが、楽しんできてくださいね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月12日 10:04
    > mixiユーザー 
    この展覧会、解説がとてもわかりやすく丁寧で、とても勉強になりました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月12日 10:06
    > mixiユーザー 
    空いていたので頑張って写真を撮ってきました。行った気分になれたら嬉しいです。
    円山応挙の展覧会があったのですか。それは知らなかったですが、きっとよかったでしょうね。外国人や旅行者がいないので閑散としていました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月12日 10:30
    > mixiユーザー 手(チョキ)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年06月12日 14:17
    こんなに一杯写真見せていただき、ただただ感謝。
    江戸東京博物館は実家からとても近いのに
    2回くらいしか行ったことないし印象薄いなあ。
    かなり工夫を凝らした展示とお見受けします。

    舟がだんだん遠ざかっていくのは
    歌舞伎の技法でこういうのがあって
    なんの演目だったかな?たしか義経だったかな?
    舟に乗って段々遠ざかっていく場面が
    ちょうどこの一番有名な波の絵と同じようでした。
    ・・・で、一番遠景はちっちゃい子役が演じるの。
    お客さんにオオウケ。なかなかの見せ場でしたよ。
    面白い工夫だなあと思ったものでした。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年06月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930