mixiユーザー(id:2083345)

2021年04月17日21:04

213 view

4/16 国宝鳥獣戯画のすべて@東京国立博物館平成館

2015年東博で公開された時は行かなかった。外での入場待ちの長い行列と会場内の芋洗い状態に恐れをなしたためだ。
その前2007年サントリー美術館「鳥獣戯画がやってきた!」には前後期ともに行った。混んではいたが、待ちはなかった。
リストを調べてみると、断簡や模本で、その時に展示がなく、今回展示あるものは「断簡(高松家旧蔵本)」と「狩野洞益筆、松浦静山賛 模本(松浦家本)」だけのようだ。

でも、今後本物を見る機会はもうないだろうなぁ、冥土の土産に見に行くとしようか。そうそう、この展覧会も昨年7月開幕が延期したんだっけ。
フォト


11時に予約。コロナのおかげ(?)で入場人数の上限が決まっているのはありがたい。当日券も若干用意されているようだが完売。事前予約は面倒だが現場で長蛇の列に唖然!がないのは助かるので、コロナ収束後もこの方式をとって欲しい。

前日に行ったマイミクさんから「攻略法」を伝授、ありがたや。
予約時間になってから一人一人入場させるので、最初の30分は11時前から並ぶ人で長蛇の列。休憩室で早めのお弁当を食べ、ビデオ3本(計13分)を見て、トイレに行き、ロッカーに荷物を預けた頃、40分頃列が途切れたのですんなり入場。エスカレーターで第一会場へ。

入り口のキャプション、パネル展示は全て飛ばして、スロープへ並ぶ。
今回、鳥獣戯画甲乙丙丁4巻全てを一挙公開なのだが、人気の甲巻のみ「動く歩道」に乗っての鑑賞となる。そのことを昨年ニュースで知ったときは「ベルトコンベアに乗せられて美術鑑賞かよ!」と思ったが、もともと絵巻物は「繰って」みるもの、流れるように場面が自動で展開していく様の評判は上々のようだ。スロープに並んでの待ち時間は数分程度、途中途中に透過光の美しいパネルがあるので飽きない。

さて、動く歩道。マイミクさんによると、全長15m2分30秒、秒速にして10cmとのこと。そんなに速くはないけれど、じっくりみるにはやはり速い!でも、背後に人もおらず、かぶりつきの贅沢さ。
筆の運び、勢いがよくわかる。


ここからは後戻りはできなくて、次の展示室は壁沿いコの字型に乙丙丁巻が展示。展示室中央には解説しかないから、人は多くてもガラーンとした感じ。若冲の動植綵絵のような混雑はなし。皆大人しく一列縦隊。こちらは自分の足で進んでいきます。

第2会場は「鳥獣戯画の断簡と模本」、前後期展示のものがあり、一部パネルでした。
サントリーの時、私にしては珍しく図録を買い、断簡や模本から、元の姿を再現するというのをあれこれ読んでいたので、今回は純粋に絵を楽しもうと決めていた。

断簡は、どういう経緯で切り取ったかはわからないけれど、時の権力者などが「気に入った」ところを無理くり貰っちゃったのかな、そう思えば、「いい場面」選んで切り取っている風にも思える。
模本は、細部もきっちり写したものもあれば、記録として形を写しただけというものもあった。狩野探幽さん、お仕事膨大で忙しかったものなぁ、さくっと二段描きにしてたし(笑)



ここで、12時5分前、11時の回の人があらかた第2会場に移り、12時の人がまだ入場していない時間帯を見計らって、動く歩道に再び乗る。甲巻満喫。

最後の展示室は、明恵上人と高山寺について。
秘仏《明恵上人坐像》の展示は、寺の本堂に安置するかのような設えで、蔀戸越に拝むことができるようになっていたし、明恵上人が生涯大切にした蘇婆石と鷹島石は、古い木彫の展示ケースに入れられ、背景の写真が天竺への航海を思わせるような西陽射す海だった。

出展点数が少ない分、こういった雰囲気作りもよかったと思う。



しかしながら、ごった返したのはミュージアムショップ。展示より密になるのって主客転倒のような気もするが、魅惑的なキャラがさまざまなブランドやキャラクーターとコラボしているのだから仕方がない。せめてここは入場制限してほしい。

2時からは東洋館地階で「ミュージアムシアター」鑑賞。ギリギリに行ったら、一個空けの席が満席に近かった。表にウサギ、裏にカエルが描かれた団扇を渡され、クイズに参加。全問正解で、鳥獣戯画のステッカーがもらえた。
フォト フォト

フォト
https://chojugiga2020.exhibit.jp/
国宝「鳥獣戯画」は、誰もが一度は目にしたことのある、日本絵画史上もっとも有名な作品の一つです。本展では、擬人化した動物たちや人びとの営みを墨一色で躍動的に描いた甲・乙・丙・丁全4巻の全場面を、会期を通じて一挙公開! また、かつて4巻から分かれた断簡、さらに原本ではすでに失われた場面を留める模本の数々も集結します。あわせて本展では、秘仏として普段は拝観のかなわない重要文化財「明恵上人(みょうえしょうにん)坐像」をはじめとした至宝によって明恵上人の魅力に迫るとともに、高山寺(こうさんじ)選りすぐりの名宝をご紹介します。
※国宝「鳥獣戯画 甲巻」は動く歩道に乗りご覧いただきます。

第1章 国宝鳥獣戯画のすべて
第2章 鳥獣戯画の断簡と模本
第3章 明恵上人と高山寺


さて、あまりにも有名な鳥獣戯画をここで紹介するのも気が引けるが、少しだけ。

まず甲巻。
https://scrolls.uchicago.edu/view-scroll/195
兎と猿と蛙をはじめ多くの動物が擬人化され、当時の人々が行った遊びや祭りを生き生きと再現。一つ一つの仕草や表情が、墨線1本でさっと描かれ、見惚れる。

水浴び、賭弓(のりゆみ)、宴会、相撲、草合わせ、法会…。

フォト

蛙が勝って勝利の雄叫びを上げているが、前のシーンでは兎の耳を噛むという反則技。


兎は耳がネックだね。《断簡 益田家旧蔵本》では、レース優勢の兎が猿に耳を引っ張られている。
フォト


こちらは、草合わせのトラブルで蛙を殺した真犯人猿を兎が追いかけるシーン。
フォト

周囲騒然となっています。

それをみている野次馬には、狐も猫も。
フォト

鼠は猫が怖くて兎の後ろに隠れている。


甲巻に登場する動物は、兎41、蛙25、猿16、狐11、鹿2、イタチ2、鼠2、猪1、雉子1、猫1、梟1だそうだ。鹿と猪は擬人化されていない。



他に猫を探してみた。丙巻に一匹。
フォト



それと、《模本(住吉家旧蔵本)》にも登場。
フォト

これが、本編甲巻にあったのかどうか…?
フォト

↑《断簡(MIHO MUSEUM本)》と猫登場手前まで一致するから、きっとあったのね。

断簡や模本から推察する甲巻の元の姿はいくとおりの説があり、いまだ謎なのだそうだ。紙の色・質と筆遣いで、甲巻自体も2巻に分ける説があるそうだが、紙の色は分かっても筆遣いの違いまでは言われるまで気づかなかった。

乙巻は、動物図鑑。馬、牛、鷹、犬、鶏、鷲、隼、玄武(サイ?)、麒麟、豹、山羊、虎、獅子、龍、象、最後は夢を食べる獏で終わる。
https://scrolls.uchicago.edu/view-scroll/196
馬や牛や犬は喧嘩をしたり、鶏や虎は子育てをしたり、馴染みの動物も当時日本にいなかった動物も空想上の動物も皆生き生き。
「玄武(サイ)と麒麟」

フォト

「虎」
フォト

「豹」
フォト


江戸時代、虎の雄はトラで、雌はヒョウの毛皮で描かれていたけれど、この時代は虎と豹は別々の動物として描かれているね。

丙巻は、前半が人物戯画、後半が動物戯画。
https://scrolls.uchicago.edu/view-scroll/197
元々裏表に描かれていたのを二枚に剥がしたとも言われている。線描が甲巻に比べて細くこまかい。上から濃い墨でなぞった跡も見られて、それが下手。後世のぞんざいな人がやっちゃったのかね。
好きなシーンはこちら。
フォト

荷車を祭りの山車に見立てて猿、蛙、兎がはしゃぐ。葉っぱの烏帽子も可愛い。

丁巻は人物主体の巻。甲・丙巻にあるモチーフも描かれている。
https://scrolls.uchicago.edu/view-scroll/198
フォト

即興的な筆致が印象的で、今回一番興味深く鑑賞。実力絵師の席画のような、ひょうとした禅画のような、、、下手そうで実はうまい与謝蕪村(府中市美術館)を思い出す。
フォト

甲巻で猿と蛙の法会も、丁巻ではこの通り
フォト

拝む御本尊の軸絵は元三大師かな〜と想像。
フォト

じっくり見ていると、これどうなっているの?何をしているの?という疑問符がいっぱい。だから見飽きないんですね。



《断簡(東博本)》
フォト

動物たちの工夫の仮装が面白い


こちらは《模本(松浦家本)》
フォト

《断簡(益田家旧蔵本)》にもあったシーン。
上の、鹿から落ちて猿が怪我しているシーンは、《断簡(高松家旧蔵本)↓》にも《住吉家旧蔵本(模本)》にもある。
フォト


明恵上人に関連の展示としては、《春日権現験記絵》や《華厳宗祖師絵伝》もなかなか興味深いものだったし、明恵上人とともに高山寺に安置されている子犬の像が最後お見送りとはなかなか気が利いてる。
フォト
この子犬、2017年「運慶展」にも登場していましたね。



5月30日まで

28 22

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月17日 21:28
    漫画の祖ですよね。鳥獣戯画。あの時代にこの自由闊達な漫画があったとは。

    タイムトリップして描いたのでは?と思えてしまいます。

    素人が一番乗りで書いてしまった!

    コロナの恩恵としてのスキスキ、でもギフトショップは密なんですね〜。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月17日 21:45
    50年前、水墨画を遊びで始めた頃、鳥獣戯画にであいました。
    最初は模写を楽しんでましたが、筆使いや紙に寄っての変化など、いろいろ発見がありました。
    その頃は全巻は知りませんでした。
    昔、どういう作者が描いたのでしょうね。何人かの筆ではあるけれど、後世に名前も残らない絵師の想像力の豊かさ
    に驚きます。
    お身体に気を付けて、たくさん楽しんで下さい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月17日 21:50
    美術館のショップは面白いですよね。
    以外にもコンサートのショップもその辺では見ないものばかりで面白いです。
    ついでながら水族館のも面白い。

    それにしても鳥獣戯画溜息出ますね。
    そえにゃんさん頑張って見に行って眼福ですねえ。

    毎度の詳細レポートありがとうございます。
    わたしも断簡したい。やっぱり蛙とウサギがいいな。
    仔犬の像も最高可愛い。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月17日 22:30
    あの人混みを華麗に攻略されている?!(°д°)映像展示を横目に、まー本物見たしいいやーと、帰ってしまいましたが、参加しておけば良かったなー(´・ω・`)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 00:03
    甲巻のカエルを殺した犯人の猿が、今度は坊さんになって、カエルを弔っているのなら、シャレがきいていますよねわーい(嬉しい顔)さらに言うなら、ウサギとカエルの相撲で勝ったカエルが、猿に殺された。その猿がカエルの供養とすると、ストーリーがつながるんですけどね。描かれた時代は、治承寿永の源平争乱。カエルは平家で、おごれるものも久しからず。そして、平家カエルの供養で、平家物語のように平家への鎮魂歌を意味していると勝手に解釈しています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 00:12
    丁巻は、動物を擬人化した甲巻をもう一度ひねって、動物を再び人間化にしたと考えると、得心がいきます。甲巻と丙巻·丁巻、共通する場面が多々あるんですよね♪丁巻は甲巻を茶化して遊び心で描いているので、おおざっぱになっているのでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 06:28
    わぁいいなあ♪昨年からのお楽しみです。以前は京都博物館で前期、東京博物館で後期のゼータク鑑賞ウインクそえにゃんさまレポートは写真がクリアで楽しさ倍増の予習日記。

    間違いなくオリンピック狙い日本のコミックの祖の1つ紹介目的企画だったのでしょうにね。両方狙いですが、前期間に合うかしらん冷や汗

    動く歩道2巡表情(嬉しい)私も時々、一度は興奮しすぎたり、メモ取るのに気を取られたりして、出口で踵を返しもう一巡やりますウッシッシ一人じゃないとこれは出来ないあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 08:46
    かの有名な鳥獣戯画、テレビの映像ではみたことがありますが、実物は未体験です。いつも乍らの丁寧な解説に併せて会場の雰囲気まで伝わってきて、楽しく拝見しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 16:43
    ミュージアムショップ、混んでました。レジが大行列。鳥獣戯画グッズはカワイイけど・・・買い物はあきらめましたあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 17:37
    > mixiユーザー 
    なにせ平安時代ですからねぇ〜!江戸時代だと言われたら納得もできるのですが、本当に優れたものは、古臭いなんてことと無縁なんですね。思えば、江戸の人たちもこの平安時代のお宝をわくわくとした気持ちで見て、絵師たちの多くがリスペクトしているわけですから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 17:44
    > mixiユーザー 
    模写をすると、原本の筆遣いの見事さがわかるといいますよね。
    鳥獣戯画については謎が多いらしく、その分、時代によって定説が覆されているみたいですね。子供の頃は、鳥羽僧正筆と習いました。
    感染者がじわじわと増えているので、かなり気を使いながらの観覧です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 17:49
    > mixiユーザー 
    美術館、コンサートホール、博物館や水族館、それぞれのミュージアムショップは本当魅惑的です。昔図録はオールカラーじゃなくて、まさしく「図録」でしかなかったし、ポストカードぐらいしか売っていなかったような。
    今はご時世で、その美術展に合わせた図入りのマスクやマスクケースがやたらあります(笑)
    断簡しちゃだめよ〜(私も欲しいけど)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 17:52
    > mixiユーザー 
    うふふ、前日にマイミクさんからレクチャーを受けました。混雑には波があるのよね。予約時間通りか早めに行くと混みます。みんな気がせくからね。予約時間枠は1時間あるので、焦らないことが肝心みたいです。見る順序も臨機応変に。
    ミュージアムシアターは別料金…高いよね、考えちゃいますよねぇ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 17:54
    > mixiユーザー 
    そのストーリー、いいですね。世情不安定の時期に描かれたもの、屈託なく面白い絵を描いただけとはとても思えません、そもそも戯画は風刺あってこその戯画。だからこそ痛快で楽しいと言うのもありますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 18:00
    > mixiユーザー 
    丁巻では甲丙の場面をいくつか取り上げていますね。丁巻を描いた人は先人の描いた鳥獣戯画にインスパイアされて、即興で描いたのかも。まさか後世自分の描いたのが、4巻目として連ねるとは思っていなかったかもなぁ〜なんて想像しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 18:30
    > mixiユーザー 
    東博、京博でご覧になったなんて、さすが行動範囲が広い!私は前回は見逃したので、今回は完全予約制で好機到来でした。入場前の立ちっぱなし長い行列は無理なので。
    ただし、予約は土日はすぐ埋まり、平日も日美放映直後にすぐに完売でした。20日売り出しに頑張ってください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 18:32
    > mixiユーザー 
    そう言っていただけると嬉しいです。
    あまりにも有名な作品なので、日記にはむしろ会場の様子などを詳しく描いて見ました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 18:33
    > mixiユーザー 
    わたしも遠巻きにざっと見ただけです。欲しいポスカはゲットしましたが、レジが並んでいて焦りました。じっくり見たら、あれこれ欲しくなっていたかも…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 19:28
    > mixiユーザー 予約制はゆったり見られる反面、予約縛りが厳しく、コンサートどうも引き気味なのは高額なので、がま口財布厳しい身にはハードル高く、絵画等は好きに見られるのが私にはポイント高い娯楽なのに涙
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 19:32
    > mixiユーザー 
    わかります!ステーションギャラリーはローソンで発券、キャンセルも不可、パナソニックは15分ごとの予約、その日の体調で出かけるかどうか決める虚弱者にとって、あらかじめ日時を決められるのはかなりのプレッシャーです。ぶらっと気分で行っていた頃が懐かしい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月22日 14:06
    鳥獣戯画は、平成の終わりに大阪の中之島香雪美術館で全巻観ました。(前期後期、巻き返し有りで4回行きましたけど)その時はガラガラで、時間帯によっては独り占めやったんですよ。やっぱり東博やと人が多くなりますね。動く歩道に乗ってみたかったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月23日 22:44
    > mixiユーザー 
    東博の激混みぶりはちょっと異常ですね。私もサントリーで全巻見たのですが、やはり前後期に分けてでした。しかも結構混んでいた記憶が。
    しかし、この展覧会も緊急事態宣言中は休館となり、予約した人は払い戻しとなるようです。がーん。やっと開催できたというのになんという不運…3度目の正直はないでしょうね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年04月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930