mixiユーザー(id:2083345)

2020年10月26日15:38

161 view

10/25 LNGパディントンべアと桃山 天下人の100年〈その1〉@東博


子供の頃、アトムよりミッキーマウスよりムーミンより好きだったキャラクターがくまのパディントンだった。

ロンドンナショナルギャラリー展のミュージアムショップでゴッホのひまわりを持ったパディントンが売られていたが、私が行った時はあいにく品切れ。どうも人気らしく、入荷しては品切れになる。欲しかったのに、と日記に書いたら、毎週のように上野に行くマイミクさんが買っておいてくれた。ありがたや。
すぐに受け取れればよかったんだけれど、ぐずぐずしているうちに入院手術となってしまった。買っておいてくれたのは夏だったのにね。すみません。



それで昨日、ちょうど「桃山 天下人の100年」展を東博に観るのをダシにようやく会うことにして、めでたく受け取ることができました。ああ、やっぱりかわいい、パディントンLOVE


フォト

さて、桃山展。
評判頗るよく、とても短時間では見切れないほどの充実ぶりだとか。前期には《洛中洛外図屏風(上杉本)》と岩佐又兵衛の《豊国祭礼図屏風》があり、その細かさたるや、思い切り時間と集中力を取られそう。まだ体力回復していないので最後まで観覧できるか不安。
夫も行きたがっていた展覧会なので、再訪するとして、今回は前期展示作品を中心に見ることとした。知識不足の甲冑と刀剣はパス(夫が好きそうだ)、茶湯もさらっと。



で、幸いにも、同行のマイミクさんが、洛中洛外図などの風俗画に殊の外詳しい。いろいろ解説してもらった。ありがとうございました!おかげさまで楽しかったです。


そもそも京都中の名所が六曲一双の屏風にぎっしりと描いてあり、当時の京都人口の4人に1人が描かれているわけだから、単眼鏡でぼーっと追うだけでいつもいっぱいっぱい。絵師の遊び心が所々に発揮されていて、くすっと笑える場面やこれから起こる物語を感じさせる場面をポイントで紹介してもらうと楽しさも倍増。

フォト フォト
1時半前に入り、途中休憩を挟んで気づけば4時半、本館は平成館へ抜けるための「近代」をチラとみただけで慌てて帰宅。歩数計は9000歩、まだ退院1ヶ月経っていないのにちょっと飛ばしすぎて痛タタタ。
やはりこの展覧会、ポイントを絞って何回かに分けて行くが良し。ただし、普通に入れば2400円とお高い、そう何度も足を運べないね。それゆえか、日曜日というのに混んではいなかった。日時指定予約も数日前で選び放題でした。
フォト
https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=2043

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/momoyama2020/

政治史における安土桃山時代は、1573年の室町幕府の滅亡から1603年の江戸幕府開府までの30年間をさします。この30年間に花開いた、日本美術史上もっとも豪壮で華麗な「桃山美術」を中心に、室町時代末期から江戸時代初期にかけて移り変わる日本人の美意識を数々の名品によってご紹介します。
戦国の幕開けを象徴する鉄砲伝来が1543年、島原の乱鎮圧の翌年、ポルトガル船の入国を禁止し、鎖国が行われたのが1639年。豊臣秀吉が北条氏を滅ぼし天下統一を果たした1590年が、その100年間のほぼ中間地点といえます。安土桃山時代を中心として、日本は中世から近世へ、戦国武将が争う下剋上の時代から、江戸幕府による平和な治世へと移り変わります。本展は、室町時代末期から江戸時代初期にかけての激動の時代に生まれた美術を概観し、美術史上「桃山時代」として語られるその美術の特質を、約230件の優品によってご覧いただこうというものです。
激動の時代に、「日本人」がどう生き、どのように文化が形作られていったのか、約100年間の美術作品を一堂に集め概観することで、日本美術史のなかでも特筆される変革の時代の「心と形」を考える展覧会です。

A桃山の精髄〜天下人の造形
B変革期の100年〜室町から江戸へ
C桃山前夜〜戦国の美
D茶湯の大成〜利久から織部へ
E桃山の成熟〜 豪壮から瀟洒へ
F武将の装い〜刀剣と甲冑
G泰平の世へ〜再編される権力の美





会場入ってすぐにお出迎えが《銀伊予札白糸威胴丸具足》フォト
掴み上々!秀吉が伊達政宗に与えた鎧兜だそう。


鎧兜は今回飛ばしてしまったが、もう一つ目に止まったのがこちら
《黒韋肩赤威鎧》フォト
大内義隆が厳島神社に奉納した鎧で、画像はそれを模写したものだが、胴の龍がお茶目で素敵。

さてここから《洛中洛外図屏風》が並ぶ。
一つは《歴博甲本》フォト
最古の洛中洛外図だ

もう一つは、《上杉家本》フォト
米沢の上杉博物館所蔵。先日見たニューヨークポップアートの後藤克芳氏の作品も全てここ所蔵だったので、そのギャップが大きい(笑)織田信長が上杉謙信に送ったと伝来のものということだから、当然か。1985年に米沢に旅行している。当時上杉記念館にはいっているが博物館には行っていない。どうやらまだできていなかったようだ。
こちらは織田信長お気に入りの絵師狩野永徳筆。いやはや細かい!
マイミクさんの解説で、清水寺、三十三間堂から始まってバーチャル京都旅行をする。学生時代と1990年代前半にはよく京都に行ったが、もう20年以上行っていない。また行きたいなぁ。

祇園祭りの山鉾を確認したり、上杉謙信の行列や将軍の姿を探したり、庶民の生き生きした姿に笑ったり。これはいくら時間があっても足りない。



さらに解説いただいたのが、岩佐又兵衛《豊国祭礼図屏風》
フォトフォト
岩佐又兵衛といえば「名作誕生」展で見た《洛中洛外図(船木本)》が記憶に新しいが、これまたクラクラする描き込み様。秀吉七回忌の追善供養の祭礼に皆が沸きかえっている様子だが、これも私の様にボーッとしていると気付かぬところ多々。
舞踊を、大明神となって眺めている故秀吉がいたり、御簾の内側でなぜか泣き伏している人々がいたり、武士に助けを乞うている童がいたり、又兵衛本人と思われる人物がいたり…秀吉亡き後訪れる太平の世の裏で、これは何?どいういう意味?の一捻りありそうな場面集。



それから今回の見所はなんといっても、ライバル等伯と永徳の競演。壁一面の連なったケースに永徳、等伯、等伯が並ぶ。


狩野永徳《檜図屏風》四曲一双フォト

長谷川等伯《松林図屏風》六曲一双フォト

長谷川等伯《楓図壁貼付》四面 フォト

《檜図屏風》は屏風に仕立てられているが、立てずに壁かけにして、等伯の《楓図」と呼応させている。彩色ー墨色ー彩色、動ー静ー動、、、、檜図は画面いっぱいにうねる幹が荒々しく、一方の松林図は靄の中に浮かび、楓図はまた幹をうねらせて華麗だ。この展示方法に鳥肌が立った。もし人の頭が遮らないまま下がって見渡せたらどんなにいいだろう。平日にトライしたい。

《洛中洛外図》と《檜図》、どちらも狩野永徳、同じ人とは思えない。そしてこれも。とても華麗、金雲盛り上げが見事。
伝狩野永徳《四季花鳥図屏風》フォト

所蔵は白鶴美術館。神戸灘にある白鶴酒造の美術館だそうだが、行ってみたいなぁ。
この作品も。美しかった。
土佐光吉《源氏物語手鑑》フォト

充実していたのが狩野山楽
《狩猟図》フォト
画像はないが《韃靼人狩猟図屏風》の、人と犬が獣を追い詰める際の緊迫感が見事で、見入ってしまった。


《紅梅図襖》大覚寺フォト

《牡丹図襖》大覚寺フォト

《藤に草花図襖》天球院フォト

《竹林虎図襖》天球院フォト

デザイン的にもカッコ良くて、まるで琳派

。
琳派といえば
書・本阿弥光悦 絵・俵屋宗達《鶴下絵三十六歌仙和歌巻》
フォト

フォト

連続写真の様に優雅に右から左へ飛んでゆく鶴、字は読むものでなく観るものという様な縦に流れる文字、金と銀と墨の美しさ。裏にはかわいい蝶々。「この展覧会のなかで一つだけあげる」といわれたら、今回はこれが欲しい。

海北友松《飲中八仙図屏風》フォト
見たかった海北友松。後期もまた1点でる。

虎好きとしてはこちらも気になる。
曾我直庵《龍虎図屏風》


フォトフォト

そして、この屏風も忘れてはならない
国宝 狩野長信《花下遊楽図屏風》
フォトフォト
一部は関東大震災の時に失われている。ラウンジに復元模写が飾ってあった。次回撮ってこよう。



最後に2点。一つ、付け足しの様になってしまったが、桃山時代といえば南蛮との交易。
教科書で見たザビエル像の本物がここに。

《聖フランシスコ・ザビエル像》フォト

《花鳥蒔絵螺鈿聖龕》フォト

西洋のマリア像を日本の螺鈿と蒔絵で飾る東西融合の傑作。美しくていくら見ていても飽きない。

もうひとつ、茶湯関係は時間の関係でほとんど見なかったが、足が止まってしまったのはこちらの2点
《織部松皮菱形手鉢》フォト 
織部は結構好きだけれど、これまたかわいい。

《赤楽茶碗 銘僧正》フォト
色がいい。そして小さな色紙型の模様もおしゃれ。


他にもたくさんあったはず、蒔絵工芸も今度はじっくり見てこよう。〈その2〉を乞うご期待。次回は常設も見られるかなぁ…鍛えなくちゃ
フォト


11月29日まで

26 19

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 16:12
    冒頭のひまわり持ったうちの連れ合いがキュートハート(黄)

    京都まで行かなくても行った気分になれる屏風絵の数々ですね。
    アートさんの山霧の絵を思い出してしまった、長谷川等伯《松林図屏風》六曲一双・・・。

    飾るところはもちろんないけど、金箔一杯の屏風って
    家にもほしいなあ〜〜〜。トラがいいなあ〜〜〜。

    そえにゃんさん夢いっぱいなレポートありがとうございます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 17:10
    長谷川等伯《松林図屏風》 出てたんですね。(私が行ったときは、出ていなかった)
    山下先生から『ぶら美』で「紙の継ぎ目が、ずれている」と聞いてから、実物を見てないんです。
      ほほぉグッド(上向き矢印) 次、行ったとき、見れそうウインク
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 17:25
    東博の桃山展、ヒザの痛みをおして、良いものを観てこられましたね。好みから言うと永徳より等伯の方が好きです手(チョキ)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 18:19
    > mixiユーザー 
    ビッグさんのご主人、クマでしたか。
    等伯の松林図屏風、いいですよねぇ。そうそう、あーとさんのあの山霧素敵でした。湿度感じますね。
    金ピカの屏風が家にあったら…しのさんが登りたがりそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 18:21
    > mixiユーザー 
    紙の継ぎ目のズレ、しっかりみてきたよ!なんで今まで気づかなかったのかって思いました。次行くときは、檜図の代わりに唐獅子が入るのね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 18:23
    > mixiユーザー 
    さすがに東博はボリュームがありすぎて、すっかり疲れてしまい、今日はダウンでした。
    私も等伯が好きです。でも今回永徳を見て、しみじみと画力のある人だなぁと感心しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 18:41
    退院後、まもないのに、よくぞのレポート、ありがとうございます。
    意気地なしの私にはとても回れない会場、持つべきものは素敵なマイミクさんでありました。
    その上、等伯と私の名前が同じ文に書かれるなんて、畏れ多すぎです。
    等伯の松林図、なんどみたことでしょう。
    こういう空気が描けたら、となんど思ったことでしょう。

    好きな絵があるって、しあわせです。
    手持ち時間が残り少ないわたしに、新しいマイミクさんに絵のはなしができる時間を
    呉れた神さまに感謝。この場所で私の絵をみていただけたことに感謝。

    私の絵は私が死んだらみんな燃やしてもらうつもりです。

    描いたと言うだけで、もう報われてるのだから、みんなかたずけてね、と子どもに言ってあります。

    松林図、はもう一度見たいけど、叶うでしょうか。わたし、松林図の切手をもってるの。
    かなり以前の発行のもので、マイミクさんがむかし、これはあなたが持ってるべき、と、下さったのでした。
    これは手放せない切手です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 20:10
    素晴らしいメモペンパディントンベアお好きなんですね、覚えておきます。ゴッホ展では出てませんでしたっけ?

    唐獅子が後期だから、とおもってましたが、上杉本洛中洛外がでてるとなると冷や汗あれ?、いつまで前期でしたっけ?ぶら美も撮りためちゃってあせあせ(飛び散る汗)ついつい本に走ると映像がげっそり

    「普通にはいられなかった」技は?チケットショップで家族が見た時もかなりお高く、また年パス買った方がいいかと、迷ってます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 20:20
    本館の狩野派特集もお見逃しなくexclamation
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 20:31
    日美のアートシーンが、東博の桃山、京博の皇室の名宝、奈良博の正倉院でしたね。
    永徳の唐獅子図屏風は、東博に出すか、京博に出すかで、綱引きがあったんだろうなぁexclamation(笑
    京博側は『ちょい前に東博で出たんだから、今回はウチでしょう』。
    東博側は『桃山イコール永徳なんだから、檜図屏風と唐獅子図屏風がないと画竜点睛ではなく、画獅子点睛を欠く』なんて、やり取りがあったんだろうなぁわーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 22:19
    > mixiユーザー 
    美術展の感想記は、最初自分が覚えておきたいために書いていました。知識半端だし、評論家ではないのだから、好き勝手な感想を、ただしちゃんと自分の言葉で書こうと決めていました。そういったたわいのないものを、そのように喜んで読んでいただけて、とても嬉しいです。

    絵を全部燃やしてしまうのですか。形見分けに欲しい方がたくさんおいでになりますでしょうに。でも気持ちはわかります。私も展覧会のためにプリントした写真、いつかは処分しなくてはと思っています。(ただ、被写体の猫たちに申し訳なくて、果たしてできるかどうか)

    松林図はもうアートさんの脳裏に焼きついていますね。だって、あの山霧の湿度、見え隠れする木々たち、絵になさったですもの。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 22:25
    > mixiユーザー 
    実は、私ゴッホはあまり好きではないのです。花の絵は好きですが。それで、多分ゴッホ展にはいっていません。今のように日時指定でゆったり見られるなら行ったと思いますが。

    上杉家本は11月1日までです。間に合うのでしたらぜひ。永徳と等伯の競演も左右に檜と楓の組み合わせは秀逸かも。世間では唐獅子の方が評判高いですが。

    技は、もう力技(笑)「この手帳が目に入らぬか」です。もうね、痛い思い散々してきたし、医療費も散々払ったし、代償大きかったので、このくらいのご褒美はいいと思って有効活用します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 22:26
    > mixiユーザー 
    桃山展を見ると、体力的にどうしても本館に行かれません。なので、回数で稼ぐしかないかなぁ。本館は本館で行こうかな、と考え中。そうなると、東洋間にもつい足を伸ばしてまた疲れちゃいそうです(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 22:30
    > mixiユーザー 
    そのやりとり、本当にありそうですね。面白い!
    日美アートシーン、午前中に見ていました。なんとタイムリーな、と。でも今のご時世、本編では再放送、アートシーンだけでの紹介なんですね、ちょっと寂しいです。
    「洛中洛外図」「豊国祭礼図」大変面白く鑑賞できて、感謝です。
    後期も楽しみですね。京都も奈良も、ああ、できたら飛んでいきたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 00:13
    トーハクといえば、、あの階段「半澤直樹」で使われていましたよね! え?ここってもしかしたら。。と思ったらビンゴでした。 ザビエルに螺鈿のマリア、見たいなぁ、、でも上野は遠い。。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 07:10
    > mixiユーザー 
    半澤直樹は見ていないのですが、広告で見ました。そういえば、いまの東博は空いていて、あの階段を見上げて誰もいない瞬間があります。今度その時にカメラを構えたいな。螺鈿のマリア様、それはそれは美しかったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 11:50
    > mixiユーザー 手(パー)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月31日 13:26
    そえにゃん様レポートで我慢出来ず、初め尚蔵館の唐獅子あれば後半チョイスでしょ?と思ってたのに、上杉家本だって?!と飛び上がり、豊国寺もう終わってんじゃん涙と薔薇に受かれてた自分を反省。

    洛中洛外の前で「おれこれだけでもいいや」と言ってる御仁に激しく同感「米沢行ってもめちゃくちゃ混むGWの一週間だけなんだよね」「京都でやった時混んでで全くみれなかった」とか口々

    「90分で」なんて無理でしょ?!と今第一終了休憩中。本当にメモペン感謝です揺れるハート
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月31日 22:26
    > mixiユーザー 
    上杉家本、間に合いましたか。よかったです!しかも今日は黒炒飯のお夕食は羨ましい。確かに「おれ、これだけでいいや」になりますよね。人だかりがあると言っても、最前列かぶりつきで見られるなんて、これもコロナのおかげ、怪我の功名と言ってもいいかな。1会場90分、合計3時間は必要よね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年10月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031