mixiユーザー(id:2083345)

2020年10月20日09:00

174 view

10/18 後藤克芳ニューヨークだより@松濤美術館


入院が迫ってきて見に行かれなかった真珠展。次回は何かなとHPを覗いたのがこのカエル。
フォト
ポップアートだ。
最初はあまり興味なかったが、アートテラーとに〜さんのブログを見て、全て「木」で作られていると知った。ええ?そうは見えないよ。この目で見てみたい!という気持ちになる。

術後1ヶ月と1週間。再手術だったからか回復はまだまだ。早く美術館へ行きたいが体力がついていかない。何せ家から駅までの道のりではぁはぁする。今行きたい展覧会の中で、松濤が最も近く、最も狭い。これに行かれたら自信がつくかも?予報に反して晴れたのも背中を押した。午後思い切って出かける。



フォト
美術館入り口に何やら注意書き。任意だが、来館時刻と連絡先を紙に書いて出せば、万が一同じ時に感染者が出たら知らせてくれるという仕組み。そういうアプリがあるとは聞いていたがアナログは初めて。


そして、多くの美術館がそうだが、ソファ使用不可。途中休憩したい私はこれはほんと辛かったが仕方がない。冬に向けてロッカー使用不可の方がきついよね。



心配をよそに、来館者は私たち以外にたった二組だった。さすがにこれは少ない。いい展覧会だっただけにコロナが口惜しい。

フォト


https://shoto-museum.jp/exhibitions/189goto/
1:後藤克芳とは誰か?
後藤克芳(1936~2000)は、ニューヨークを舞台に、現代美術の新しい流れとなったポップアートに取り組み、活躍した作家です。主に木を用い、スーパーリアリズムの手法で、驚くべき完成度の高さをみる半立体作品を制作しました。
2:1960年代、米沢における現代美術の伝道師
自然豊かな山形県米沢市に生まれ、少年期から絵の道を目指し、やがて武蔵野美術学校西洋画科に入学し、その頃知り合った荒川修作や篠原有司男などと交流を深め、故郷で彼らを招いてネオ・ダダを紹介するなど、活発に活動しました。
3:ニューヨークで挑みつづけた36年、その理想と現実
1964年に渡米しニューヨークに居を定め、1972年には永住権を獲得、2000年に同地で病没するまで、商業デザインなどで生計をたてながら、一流のギャラリーで勝負をしようと制作活動を続け、さらにはニューヨークの文化や暮らしを「ニューヨークだより」として晩年まで日本へ紹介し続けました。ニューヨークの様々な芸術家たちと交流をもち、その剌激を大いに受けた後藤の作品群は、没後、遺族により故郷の米沢市上杉博物館へと帰ってきました。後藤が発信する文章や、ポップでキッチュな作風とは裏腹に、非常に几帳面な仕上がりを見せる作品は、見る人を惹きつけてやみません。「日常がアートになる」と、身近な題材を“アート”に昇華させた後藤の作品を紹介します。

チラシは4色4種類

フォト

展示は年代順で、いつも第二会場となる2階が先。コンクリート打ちっぱなしの壁に半立体のポップアートが似合う。


《青の静物》フォト

武蔵美時代は「普通の」絵画を描いていたが、憧れのニューヨークに渡ってポップアートに転身。まさに70年代と言った感じの、赤の水玉背景にビニール傘、アメリカンコミックが描かれた雑誌が突っ込まれた夫人のサンダル靴など。ただし、ポップアアートであると同時になかなかの超写実。


そして、こちらがニューヨークで認められるきっかけとなった作品
《COLORADO》フォト
切手をモチーフにした作品は他にも数点ありました。環境破壊をそれとなく風刺。

《MAIL BOX》フォト
描かれている風景はロッキー山脈、川の鱒も名物


《Duco CEMENT》フォト
デュコセメントというアメリカでは最もポピュラーな接着剤。カエルの手足もこの接着剤で付けられいている風にしてあるし、糸状に伸びた接着剤が箱に張り付いている風もリアル。でもこの作品1m以上あります。後藤の作品は概ね大きい。

《MEMORY (T)》
フォト
ポップアートは身近なものを題材にするというのが鉄則。金色なのにトマトの質感と錆びたスコップの質感がすごい。どっちも木なんだよ!
「錆び」と「焼け焦げ」表現は特に真骨頂。これも、誰もがみたことあるスイス製の十徳ナイフ。どうみても錆びている風なのに木!
《KNIFE》フォト

《LOVE LOCK》フォト
こちらは焼け焦げ。「愛」を壊そうと錠前を焼いたり、殴ったり(凹んだ痕がある)したが壊れなかったというユーモア。アメリカ人が好きそうだ。ハートの柄は夫人のドレスの柄なんだって。

《MEMORY》
フォト
ユーモアといえばこちらも。60年代に販売されたダイバーのフィン。ラバーの劣化の穴が魚のシルエットになっている。そしてそれよりも驚きが、どうみてもラバーに見えるところ。

この質感の凄さ、同じベニヤ板で作って同じ色に塗ったレンガの上のドーナツでも、レンガはレンガ、ドーナツはドーナツの質感があるから舌を巻く。後藤の作品はほとんど半立体の壁掛け。だから裏を見て製作工程を知って驚くのだ。半立体のスーパーリアリズム。
 

《MY SUNDAY》フォト
2階展示室の奥に「後藤の種」というコーナーがあった。多くの作品は故郷山形米沢市上杉博物館に遺族から寄贈されたが、同時に所蔵品も多く寄贈された。日常の身近なものをとっておいてそれをモチーフとしたのだ。
この作品も、元は本当の靴底。展示があった。新聞紙が張り付いた風もそのまま再現。作品は両手で抱えられないほどの大きさだが、めちゃめちゃリアル。



ちなみにこのコーナーには、交友関係のあった篠原有司男、河原温が彼に宛てた作品も展示してあった。河原温は、後藤の結婚祝いにその日から毎日絵葉書を送り続けているのだが、そこにはタイプで打ったような文字で「I GOT UP 9:50AM」というように起床した時間だけ書かれていた。あはは、思い出した。河原温といえば、あのタイル浴室シリーズと日付シリーズの人だよね。うむ、結婚祝いにこれは不可解なり(笑)

そして、

やはり時代だなぁと思うのは、キース・ヘリングのエイズ死に際して、同じアーティストとして衝撃を受け、悼み、作品をつくり、アクションしていること。関連の作品も多く残している。エイズに罹患しゲイであることをカミングアウトした著名人はこのころとても多かった。衝撃だった。
《Summer 1993》フォト



さて、お待ちかねは晩年2年間の作品。昔篠原有司男の飼い猫サルから生まれた子猫をもらい受けた後藤は、16年一緒だったミミを失った時悲しくてもう猫は飼うまいと心に誓ったそうだが、晩年にはGIGi、MIMI、KIKIという三匹の猫を飼っている。しかも亡くなる直前2年間は猫の作品ばかりを作っていたそうだ。
フォト

フォト フォト

好んだ銀色の背景や、お得意のアメリカンコミック風の縁に、リアルな猫の像。前後期入れ替えで6点しか見られなかったのが残念だが、レプリカが欲しくなる。
フォト

白黒の空飛ぶ猫KIKIのベニヤ板くりぬきは、1日で作りあげ一日中KIKIと一緒に見上げていたという、ほのぼのエピソード付き。



ポップアート、それが何か?と言って仕舞えばおしまいだが、半立体のスーパーリアリズムには驚きだったし、日本人なのによくぞここまでアメリカ〜ン♪なのがとても楽しい展覧会だった。

11月23日まで


フォト
27 19

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 09:15
    楽しい作品の解説と会場の様子を丁寧に描写。現場へ行った感が強く残ります手(チョキ)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 09:32
    楽しいですね〜。こんな人がいたのですね!知りませんでした。

    そえにゃんさんのリハビリは美術館ですよ。好きをリハビリに!ハート
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 09:33
    どれも一瞬笑っちゃってそれから
    「ん??」ってなって
    「なるほど〜〜〜」と思って
    最後の猫さんたちにハート射貫かれてしまった。

    よくぞ、イタイノに出かけて行って写真を載せてくださいました。
    おみ足いたわってあげてください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 10:00
    やはりそえにゃんさんは、こうでなくちゃ!
    でも無理しないで足は労ってあげてね、ぼちぼちだよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 10:10
    文化村で映画を観た後に、松濤の辺りを散歩したりします。
    あの池のある鍋島公園など好きです。
    以前は能楽堂もあったのですよね。
    松涛美術館でこんな楽しい展覧会をしているとは知りませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 11:04
    > mixiユーザー 
    実際に行かれたように感じていただけるのが、何よりなので、うれしいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 11:05
    > mixiユーザー 
    日本よりアメリカで有名だったのですね。日本人とは思えないアメリカンポップ、でも日本人らしい超絶技巧。
    やはり美術館へ行くと気分が上がります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 11:07
    > mixiユーザー 
    どの作品も結構大きいのですよ。そしてすごく精緻にできています。
    ポップアートは楽しいですね。
    猫の作品はもっと見たかった〜
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 11:07
    > mixiユーザー 
    やっと美術館へ行かれて、気分上向きです。
    でも後が大変。。。ぼちぼちですね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 11:09
    > mixiユーザー 
    そうそう、鍋島公園、能楽堂、戸栗美術館。高級住宅街で静かな街ですよね。
    以前は猫がいる猫グッズショップもあったのですが閉店しちゃいました。残念
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 12:16
    無理しても、おでかけできるようになって、よかったですね。
    私の知らないアートをご紹介下さって、うれしいです。この方の作品好きです、今まで知らなかったのが残念。
    で、文面の中に衝撃がありました。河原温氏と親交があった、と。河原氏の活躍はむかし、ひところ聞いたことがあったけど、すっかり忘れてました。
    大昔、河原氏と私は、長沢セツ氏のアトリエでご一緒でした。まだ、セツモードセミナーが出来る前で、先生の自宅のアトリエでクロッキーや、クリスマスパーテイしたのを幻のように思い出しました。

    長沢先生の好みのモデルは凄く痩せていて、普段ふくよかなモデルしか知らなかった私はおどろきました。
    19歳の私には、22,3歳の河原氏は洗練されたオトナにみえたものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 12:21
    > mixiユーザー 
    交遊関係凄すぎです。
    恐れ入りました・・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 12:37
    > mixiユーザー 
    100年も前のことのようです。思い出すことがあって、よかった。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 12:37
    > mixiユーザー 
    ええっ!私こそ衝撃です。アートさんは、あの長沢節さんのアトリエで学ばれていたのですか。モード界であの有名な!そしてそこで、河原温氏とも出会っていたと。私にとってはお二人とも「歴史上の人物」です。70年代、私はまだ子供でその存在すら知りませんでした。河原温氏の作品は、竹橋の近代美術館で見たのが多分最初。知ったのは大人になってからです。

    久しぶりの展覧会は、体はキツかったけれど、テンション上がりました。やはり私に必要なのは、絵を見ること、写真を撮ることのようです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 13:49
    > mixiユーザー 
    目的さだまらず、いろいろ、うろうろしました。セツ氏の絵が好きで、私もイラストレーターになれたら、と思ったけど、セツ氏は世界にひとりなのね。高円寺の都電のそばのご自宅にあったアトリエ、どうしてそこへ行ったのか覚えてないのです。綺羅星のような才能ある人が居て、と言っても10人位しか入れない場所でしたが。
    もう時効だわね。河原さんと、映画みたのおもいだしました、確か、ロートレックのはなしだったかな。

    セツ先生はすらりとした男の子が好きで、ほれぼれするようなクロッキーを描かれました。

    ボクの好物は小松菜のお浸しと、オトコの子なのよ、と言われた意味がその当時のわたしには判りませんでした。
    お出かけには、いつも若い男の子がお供でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月20日 14:25
    > mixiユーザー 手(チョキ)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月21日 09:40
    > mixiユーザー 
    ますます衝撃的なお話!
    短大生の頃河原さんとデートなさったのですね。すごーい!
    長沢節さんのアトリエに入れると言うことは、やはりもともと才がおありだった証拠。長沢さんのご嗜好も初めて知りました。
    アートさんの記憶の底、突いたらどんどん素敵な思い出が出てきそうです。いろんなこと、思い出されたらぜひ書いてくださいね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月21日 14:33
    > mixiユーザー 
    私の記憶は、やはり古いのね。以前、芥川也寸志氏の事をかいたら、驚かれた方が居ました。
    若い人はもう知らない作曲家ね、龍之介の御子息。私は自分たちの舞台の時、オーケストラボックスで指揮されていたのをみとれただけでしたけど。10代の時、帝国ホテルの結婚式に呼ばれたら、仲人が武者小路実篤氏だったのは、当時のわたしでも、歴史的人物が現れたとびっくりでした。車椅子でしたが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月31日 22:22
    > mixiユーザー 
    お返事したつもりになっていました。遅くなってごめんなさい。
    アートさんのお話からは次々と著名人が出てくるので、びっくりです。アートさんご自身のお顔が広いのと、やはり学校から有名人が排出されている証拠でもありますね、誇らしく思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年10月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031