mixiユーザー(id:2083345)

2020年08月12日16:37

277 view

8/11 令和時代の超工芸 和巧絶佳展@パナソニック汐留美術館

お盆休み美術館巡り第2弾はこちら。
フォト
ずっと前から楽しみにしていた展覧会である。

現代美術には苦手なのもあって、80年代生まれの作家さんの、やけに漫画チックだったり、やけに耽美的だったりの日本画は少し辟易。
でも工芸は期待しちゃう。なぜなら、工芸のどのジャンルもがっちがちの伝統技術あってこその現代で、まずはその技に感激するから。そして、実はいつの時代の工芸も、当時ではものすごくすっ飛んでいたデザインなはず、なので、今の時代なりにすっ飛んでいても違和感を感じないからだ。
がちがちの伝統がありながら、いつの時代も先駆。だから工芸は面白い。



申し込んでいたトークショーは、コロナ感染拡大を受けてyoutube配信になってしまった。お断りの電話が直接きた。残念だが、展覧会は予定通りでありがたい。
検温、消毒はあるが、事前予約なし。いつものパナソニック並みの人出で、入り口や最後のルオーギャラリーなど狭いところがかなり密になって焦る。
深堀隆介氏人気なのか、20代女性友人同士といった感じが多かった。旅行も帰省もできないお盆休みだものねぇ。



やっとスタンプが4つ溜まって、フリクションボールペンをいただく。コンプリートは2回目だっけ?最初はチケットホルダー、その次は付箋(これは友人よりいただく)。
フォト

https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/200718/
フォト

「和巧絶佳」とは、現代における工芸美の探求の三つの傾向―日本の伝統文化の価値を問い直す美しい「和」、手わざの極致に挑む美しい「巧」、工芸素材の美の可能性を探る「絶佳」−を組み合わせた言葉です。本展覧会では、舘鼻則孝、桑田卓郎といったそのような傾向の作品を制作し、いま最も注目されている1970年以降に生まれた作家たちを紹介します。彼らの作品はそれぞれに日本美の行方を予感させます。

第1章 和
舘鼻則孝(友禅染め、花魁の高下駄から発想を得たレディー・ガガの靴など)
桑田卓郎(梅花皮ーかいらぎーの技法、デフォルメしたポップなカラーの陶磁器)
深堀隆介(透明樹脂とアクリル絵具で立体的写実的な金魚)

第2章 巧
池田晃将(デジタル数字の螺鈿、遺跡のような?パワーストーンのようなイメージの漆工芸)
見附正康(超細密!フリーハンドで描いた九谷焼加賀赤絵の大皿)
山本茜(截金をガラスに閉じ込めたガラス截金)
高橋賢悟(アルミ現物鋳造、髑髏と小花)

第3章
新里明士(光を通す蛍手の広口大型陶磁器)
坂井直樹(鍛造、さびわびの鉄作品)
安達大悟(現代的模様の絞り染め)
橋本千毅(螺鈿と平文ーひょうもんーの漆工芸)
佐合道子(鋳込み成形の陶磁器)




注( )内は自分のための覚書で、正式な肩書きではありません。

舘鼻則孝フォト フォト


レディー・ガガの靴は恥ずかしながら知らなかった。伝統文化を現代に置き換えて再構築するって面白い。思えば、花魁や歌舞伎のデザインって当時でも突拍子ないものだったはず。

桑田卓郎フォト フォト


焼成すると釉薬にヒビが入ったり、変形したり。そんな出来損ないみたいなものを尊んだ茶湯文化。だったら桑田卓郎のこれもありか。釉薬が剥がれ落ちるすんでのところの力強さに見入ってしまった。

本展で知っていたのは、「金魚掬い(救い」の深堀隆介氏と髑髏の高橋賢悟氏。

深堀氏はちょうど2年前の今頃平塚市美術館まで見に行った。大ブレイク中。
その時の日記
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1967931959&owner_id=2083345
フォト

フォト フォト
新作は1点のみだったが、やはりいくら見ていても飽きぬ。金魚は江戸庶民の夏の楽しみ、江戸時代の人が見たらきっとびっくり仰天、想像しただけで楽しい。

池田晃将の螺鈿はいかにも現代人という感じ。デジタル数字で思い出すのは宮島達男だが、同じように「変化し続ける、永遠に続く」といった生死、再生、輪廻を感じさせた。それが三角錐や立方体を覆っているのでまるでパワーストーンのよう。一つ欲しい…
フォト フォト

本展で一番気に入ったのが山下茜の截金ガラス。とにかく美しい!もともと江里佐代子さんが大好きだったので、師事したとあり納得。仏像を装飾する截金をガラスとガラスの間に入れることにより、ガラスの反射や屈折によって様々な表情を見せる。彫り出した白木の仏像に施す截金も素敵だが、ガラスに封じ込めるのもうっとり。

この作品もぐるっと360度回ってみるとどんどん表情が変わる。
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト



同じく、単眼鏡で食い入るように見てしまったのは、見附正康の赤絵絵付け。気の遠くなるような細い線は全てフリーハンド。イスラム風の繰り返し文様が美しく、見ているとさらに吸い込まれるよう。
フォト フォト

フォト フォト


フォト フォト
高橋賢悟の作品も印象的だったのでよく覚えている。2017年三井記念美術館の展覧会で初見。
こちらの日記
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1962743184&owner_id=2083345


そういえば、この展覧会も超絶技巧だった。現代でも多くの作家さんがしのぎを削っているんだな。世に出るには、誰も真似できない独自の技法と類例を見ない独創性か。

フォト フォト
新里明士の磁器は自然光の入る大きな窓辺がある展示室に置いたらどうだろう。さぞ綺麗だろうなぁ。蛍手の湯飲み茶碗は確か家にもあった。それには釉薬がまったりかかっていたからちょっと違う印象だが、分厚い所と薄くなったところの光の透過が違って綺麗だった。
それにしても無数に穴が空いて、薄くて、大きくて、口の広い磁器、どうやったら割れずに焼けるのだろう。


フォト フォト

フォト フォト


山本茜の作品と同じくらい気に入ったのが坂井直樹。鉄の「たたずまい」が素晴らしくて、その線を何度も視線でなぞった。静かで強くて美しく清い直線と曲線。智美術館で個展をやったならさぞズバらしいだろうと夢想。

安達大悟の作品はまるで間仕切りのように使われていて面白かった。
フォト
それにしても金沢で修行したり制作する作家さんの多いこと。京都も工芸の都だが、金沢の方がより自由な空気なのかな。板締め絞りという伝統技法だそうだが、まるで電波?デジタルの何かを想像させられる模様が面白い。

フォト フォト

現代的な池田晃将と対照的に伝統的な漆工芸の橋本千毅、サントリー美術館で国宝を拝観してきた後だけに、橋本氏へ軍配が上がる。
フォト フォト
小さな作品ばかりだが、美しさの全てがここに凝縮しているような濃さ。目を皿にしても見切れていないようなもどかしさを感じるほど。いつか国宝を作るかな。



最後は佐合道子の作品。これまでの工芸とはちょっと違うジャンルに感じたのは、その技法よりも込めた想いのパワーのせいかもしれない。
フォト フォト
なんだかよくわからない生のパワーのようなものが、うねうねと湧き出てきて圧倒される感じ。
振り返れば、12名の作家、それぞれの個性が炸裂して一括りにはできない展覧会。「和巧絶佳」という聴き慣れない造語?でケムに巻いたか。見応えありました。今後のために作家名を覚えておかなくちゃ。


9月22日まで。

アルバムはこちらhttps://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000107145072&owner_id=2083345
21 16

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月12日 17:30
    お、早くも!

    ルオーの時チラシは貰い迷っている展示のひとつです。深堀氏の金魚位しか存じませんが、これは見たいなぁ、と前から思っていて。続けて行くとご褒美貰えるのに、心動きますが、あまり真面目ではなく。交通費観念すればある意味アクセスは良いのですか、うーん。超絶技巧は好きなのですが、千葉市立が先なかぁ、でもここは涼しいルートのみで行けるしなぁ🤔金沢は百工比照の土地柄、近代美術館工芸館今年から取られちゃいましたよね。

    しかしそえにゃん様記憶力良い!確かに三井で出てました!

    さぁ行きたい所多くて困ったもうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)サントリーももう後期も始まってますしね。

    毎回レポート感謝です♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月12日 17:46
    > mixiユーザー 
    ここはほぼ駅直結という地の利がありますよね〜ただし梯子には不向き?
    帰り大江戸線でそのまま清澄白河へ出て現美というのは、こんなに暑くなくて体力ある人だったら可能だったかも。私は体力も集中力もなくて1日1箇所しか行かれません。

    私も9月入院までに行くところ行って行かないと、なのですが、どこを優先したら良いやら…現美はしぃさんの日記で俄然行きたくなってしまいましたが、暑さが収まってくれないときついです。困った。
    サントリーの後期展示は優先順位下位になりそう。観覧料も交通費も考えるとね(笑)

    近美工芸館、コロナで最後強制終了だったですね。早めに行ってよかったですが、お気の毒でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月12日 19:46
    截金・・・って、思わずWikiで調べちゃった。
    技法としてはものすごく古くからあるのねえ。
    お勉強になっちゃいました。

    ところで・・金魚凄い!!
    本物より本物らしいというのは
    一体どういうことだろう??
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月12日 19:55
    私も体力なくって、寄る年波では一層ですあせあせ(飛び散る汗)

    可愛い猫は、諦めているので、その分は動きたく、美術館、博物館、国内旅行に飽き足らす、海外旅行まで旅行貧乏で足伸ばしますが、しばしば帰りの便では発熱🤒。

    酷い時は海外でそのまま入院もしてしまいました。限度越しふらふらの時はイミグレーション抜けたら、成田の日大クリニックも関空クリニックも診察券持ちです。まぁ傍迷惑では、ありますが、死にはしないだろうから、死んでも自分は困らんし、無責任です。

    コロナ時代の今は発熱してたらごまかしきれませんね。

    気持ちが、先行して後は野となれ山となれです。

    看護介護がタイトな時期や自分が入院の時は全く身動き取れませんからあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月12日 20:29
    > mixiユーザー 
    截金、素晴らしいでしょう。
    江里佐代子さんは、仏師のご主人と結婚してから始められて、人間国宝へ。
    生前父が仕事で繋がりがあったのでお目にかかったことがありましたが
    もうそれが素敵な方でした。

    金魚ね、透明樹脂を敷いたところに絵を描いて、というのを何層も繰り返すんですって。
    だから真横から見ると何も見えない、上から見ると立体的、すごく不思議なんです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月12日 20:31
    > mixiユーザー 
    海外旅行先、あるいは帰路関税から即刻入院はツワモノです、
    まず私にはそんな度胸がない、そこがやはり問題だなぁ、人生を面白くする分かれ道かも。
    尊敬いたします。
    残された時間をどう面白く生きるか、何より大事なことなんじゃないかと最近痛感していますので。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月12日 21:34
    深堀氏の「金魚すくい」凄いですねえ!
    何層も繰り返すって、厚みはどれくらいあるのですか?
    そこに貼られている日記、リンクできないようですが…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月12日 21:36
    > mixiユーザー 
    横から失礼いたします。
    海外で入院、空港から病院・・・は、
    凄い覚悟ですね。
    枕変わると寝つきが悪い私から見ると
    超人並みの胆力です。
    うらやましいわあ・・・・。

    友人にも自分のお母様と同い年の高齢なご主人ともども
    1年の半分は海外暮らしというつわものがいて
    和食しか食べたくない自分との彼我の差を感じます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月12日 22:54
    > mixiユーザー 
    作品によって違うと思いますが、20層くらい重ねていくらしいです。透き通る部分、重なって見える部分を想像しながら、レイヤー重ねていくわけですからすごい技ですよね。小さな水草や浮いているゴミまでリアルなんです。
    リンク、失礼しました。貼り直しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月12日 22:56
    > mixiユーザー 
    そうそう、本当にすごいと思います。
    好奇心、探究心、知識欲が勝るようで、見習わないとと思うのですが、すぐめげてしまう私です。
    枕変わると不眠、食事変わると下痢、言葉通じないと不安の私には無理だわぁ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月13日 07:03
    > mixiユーザー 勿論、体調頑張ってコントロールはしますが、元々心身弱いのであせあせ(飛び散る汗)頑張ってもダメな分は仕方ない、と。

    枕変わらずとも夜スパっと眠られない時は、翌日に差し支える時処方睡眠薬を使ってます。痛みには鎮痛剤を利用すれば、それでも耐え難くなければ何とかなります。

    人様に迷惑かけないように、と親は口煩く躾をしましたが、努力しても漏れてしまう部分は仕方ない、その分自分が出来る時出来る範囲で、人様に快く対応で良いのじゃないかと。

    逆に高校来の友達のひとりは「1日ひとつ以上のイレギュラーなことはしない」と宣言、堅実な良妻賢母ぶりに頭が下がります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月14日 07:44
    深堀氏は横浜そごうでも展覧会を開催中。
    https://www.sogo-seibu.jp/yokohama/topics/page/event-fukahori-riusuke.html
    そごう美術館では、芸大のクローン展をやっているので、深堀氏は展示即売会というわけでもなさそう!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月16日 08:47
    > mixiユーザー 
    丁寧なコメントいただいたのに返信が遅くなりました。
    お盆参りが結構多くてガタガタしておりました。

    堅実な良妻賢母のご友人も
    それはそれでカッコイイですね。

    要するに自分の道を自分で決めて
    ぶれなければ、まあ、それで良いかなあ(いい加減)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月17日 20:41
    > mixiユーザー 
    そうそう、横浜そごうでもやっているんでしたね。我が家から横浜方面へ行くには電車が混むのでいつも躊躇しています。しかし新作「出目金」に惹かれますねぇ〜「しんちゅうや」の拵えの、きっと楽しい展示でしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月26日 09:00
    工芸のことは(それ以外も勿論)全く素養ないのですが、なんだかすごいトップアートなアスリートだというのがわかる写真ばかりでした。

    それも素晴らしいけど、その作品を堪能できる観覧の素養あるそえにゃんさんもすごいなぁと。

    おそらく作った人が、そこよ、そこ!と喜んでくれるツボを押さえられるのだろうと。

    芸術って、鑑賞してくれる人がいて初めて成立するんですもんね。

    治って退院してまたせっせと展覧会巡りできますように!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月26日 17:45
    > mixiユーザー 
    私も工芸はじめ芸術全般知識ないんです。どうやって作ったか、その基本でさえ、これまで何度も説明読んできたのですが、それらの工程、実はよく分からなくて。実際にやらないと分からないものですよねぇ。〇〇技法といわれてもピンとこない。
    でも、気の遠くなるような、根気のいる、神経使う作業なんだろうなぁ、ということだけは想像できました。そしてとても美しかったです。自然のものでもないのに、こんなに美しいものができるなんてすごいことですよね。(と、私はこの程度です・汗)
    ただただ好きなので、早く美術館いかれるように、リハビリ頑張ります!

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年08月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031