mixiユーザー(id:2083345)

2020年07月30日18:56

250 view

7/29 エルメス&THE GINZA&ポーラ、銀座のギャラリー


しゃべらない、食べない、触らない、なら感染は防げるのか。もしそれで防げないなら防ぎようがないよね。家に引きこもる?でも夫は毎日通勤、しかも今度の土日も出勤だ。短くなった1学期の間にすることは沢山らしい。

国会招集して法改正、エピセンターを徹底的に検査してコロナ 叩いてよ。アベノマスク第2弾配る?って吐き気がするほど馬鹿でずれまくっている政府、別の次元にいる人たちだと思わなければ、理解不能でこっちがおかしくなる。

迷ったが、出かけた。
しゃべらない、食べない、触らない。アートは必要。



サンドラ・シンド展 コズミック・ガーデン@銀座メゾンエルメスフォーラム

https://www.hermes.com/jp/ja/story/maison-ginza/forum/200211/

エルメス財団では、ブラジル・サンパウロを拠点に制作を続けるアーティスト、サンドラ・シントによる「コズミック・ガーデン」展を開催いたします。1968年、ブラジルに生まれたシントは、星や結晶、波などをモチーフとして用いたドローイングを主に、空間と関わり合いを持つインスタレーションを数多く手がけてきました。日本では、豊田市美術館(2008年)や、青森公立大学国際芸術センター青森での滞在制作(2015年)に参加したほか、アメリカ、ブラジル、スペインを中心とする各国で個展、シアトル美術館が運営するオリンピック彫刻公園の壁画作品などパブリックアートも制作しています。また、パートナーであるアルバーノ・アフォンソと共に「アトリエ・フィダルガ」を主宰し、ブラジル国内外にて展覧会やレジデンシーなどの芸術交流も積極的に行っています。
シントにとってドローイングとは、人々の体験や記憶、夢を共有するひとつの内省的な言語でありながら、時間と向かい合うひとつの重要な方法でもあり、瞑想や休息をも意味します。白や銀の細い線から描き出されるのは、荒れ狂う海、暴風雨や天空といった、人間の力の及ばない崇高さと結びつく光景ですが、ここでシントが問いかけるのは、自然の力による破壊や暴力そのものではなく、カタストロフや混沌といった状況に直面した時、私たち人間が感情と向き合う時間です。
本展では、宇宙を象徴的に表す青のグラデーションを用いながら、生命の流動や宇宙の時空を抽象的に重ね合わせたインスタレーション制作を行います。これらは、シントと親交のある何人かのアーティストたちとの共同作業によって行われますが、数日間にわたる作画は、ドローイングの反復的なリズムや波動が互いの瞑想の中で繋がりあい、空間へと共鳴してゆく特徴を生み出します。


検温、消毒して店内に入ることなく直通のエレベーターで8階へ。そこはもう別世界だった。

フォト
入場すると左手は水色の昼の世界、右手は紺碧の夜の世界。エルメスビルの壁は分厚いガラススタイルでできていて、そこから入る外光が、蒼い巨大なパネルに柔らかに当たって、壮大な癒しの空間を作っていた。
フォト フォト
白いペンで赴くままに描かれただろう線を目で追っていくと、自身もふわっと浮き上がり、空を飛び、ブランコに揺られ、水面にたゆたい、水中深く潜っていく錯覚に囚われる。

フォト フォト

フォト フォト
夜の世界は絨毯敷きで、星の上をふわふわと歩く。
フォト フォト
コロナがなければ、ソファに身を沈めたり、床にねころんだりできたのだろう。少し残念だが、見上げ、眺め見渡すだけでも、宇宙と地球(森や海)と母の胎内を自由に行き来する感覚を味わえた。
フォト フォト
かすかに聞こえる鳥のさえずりの音楽も素敵。

しばらくの時間、この空間を独り占め。やがてカップルが入ってきたので譲ることとする。ソーシャルディスタンスは十分保てるが、ふたりの世界邪魔するほど無粋ではないのよ。

7月31日まで。
フォト フォト
きっと時間帯によって見え方が違うはず。おすすめです。



エルメスビルの隙間から見た東急プラザ。ああ、華やかし銀座。
フォト フォト

一旦外に出て、

次目指すは、THE GINZA。資生堂のビル。
 

山本基×土屋仁応 幻想の銀河@THE GINZA SPACE


https://www.company.theginza.co.jp/space/exhibition/
山本は塩を用いて迷路のような、あるいは波の引いた後のような文様を床一面に展開するインスタレーション作家です。山本の制作のベースとなるのは強い追憶の気持ち。時とともに薄れていく思い出を留めるために、文様を描いています。
一方の土屋は麒麟やユニコーンのような想像上の動物、あるいは鹿などの実在する動物をモチーフとする木彫作家です。詩的で幻想的な作品が世界中のファンを魅了しています。
制作スタイルは全く異なるものの、詩情溢れる作風が通じ合う二人が、このたび初のコラボレーションを試みました。山本が描く星雲のように渦を巻く塩の文様の中に、土屋の彫る鹿がひっそりと佇みます。展覧会タイトル「幻想の銀河」は、砂漠の中を駱駝のキャラバン隊が旅するように、架空の星雲の中を鹿の群れが歩んでいく様子をイメージして名付けました。土屋としては初めてとなる天体の作品も登場します。
夜空に春の大三角が輝くこの時期に、銀座の地下に現われる「幻想の銀河」をご堪能ください。



フォト フォト
地下2階まで螺旋階段を降りていくが、そこもまた素敵な空間。こんな写真を撮ってみた。


フォト フォト
検温と消毒。

土屋仁応氏は、以前木彫現代作家が奏でる「木々との対話」展@都美で深く印象になった作家さん。



https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955839393&owner_id=2083345



山本基氏は初見だが、HPを見るなり魅了された。お二人のコラボなんてすごい!会場に入るなり目に飛び込んできた世界は、まるで宇宙、それとも湖(うみ)、幻想の平原?!
フォト
コズミック・ガーデンの余韻にいまだ浸っていたので、続きのような錯覚すら覚える。静謐で、神聖で、しかも力強い幻想的な世界。


フォト フォト
決して広くないスペースだが、設置の階段をのぼると俯瞰して眺めることができ、また違った奥行きが生まれている。
フォト
塩を敷いた床は実は鏡になっていて、上を見上げれば天井にも強大な鏡、そう、部屋全体が合わせ鏡になっていて無限な世界が広がっているのだ。
フォト フォト


少し離れたところにいる牡鹿はこの世界のリーダーなのだろうか、まさに「神鹿」、土屋氏の動物は清らかな目をしている。

フォト
観覧者は私以外には一人の女性のみ。エルメスに引き続き、癒しと瞑想の時間に浸れた。


1階ショップにも展示があるというので伺ったら、土屋氏の作品はなんとうぶな子猫!かわいい〜〜

フォト
山本氏の2作品もメイクコーナーを生かした美しい展示。

フォト フォト
おまけに超高級化粧品サンプルをいただけますよ。
フォト
こちらもお勧め。8月23日まで。

延長になりました。

みんなでマスクフォト

最後はポーラ。こちらの展示はネットで事前予約制。時間まで間があったので、銀座松屋に行ってみる。
4月に開催予定だったミッフィー展をやっているのよね。
ビルがミッフィー
フォト
チケットは持っているのだが、こちらも事前予約制でローソンで発券しなければならない。見る予定はなかったので、屋上ガーデンで一休み。後日予約を取って見にいくか、迷い中。
フォト
デパート自体は密ではなかった。



TAKAHIRO MATSUO INTENSITY@ポーラミュ〜ジアムアネックス


https://www.po-holdings.co.jp/m-annex/exhibition/index.html
フォト
松尾高弘は映像、照明、オブジェクト、テクノロジー、インタラクションによる光のインスタレーションを制作しています。その作品は映像やライティングを主として、プログラミングやシステムをも自ら手がけるなど、アナログからデジタルを横断する独自のクリエイションが特徴であり、身体や感覚に訴えかけるエモーショナルな空間インスタレーションを得意としています。2009年ミラノサローネでのCANON『NEOREAL』では国際的に話題となり、2018年にもミラノサローネにてKAWAI(河合楽器製作所)「Crystal Rain」を手がけるなど、近年は数多くのラグジュアリーブランドとのタイアップによる光のアートワークを手掛け続けています。ポーラ ミュージアム アネックスでは2011年の「LIGHT EMOTION」以来、9年ぶりの展覧会となります。
本展では、光や現象による「INTENSITY(=強度)」をコンセプトに、光のエネルギーやコントラストを力強く知覚体験できる作品3点を展示します。新作の「SPECTRA」は世界初の技術を使った光と水のインスタレーションで、太陽光の放射角を持つ特殊な光が水を透過して反射することにより、閃光のような眩い光を放ちます。暗い空間に現れる光の群は、キラキラと輝きながらも、儚く静かで、しかし確実にその輝きのエネルギーは鑑賞者の心に響き、内に秘めた自らの強さを目覚めさせてくれるような作品です。

観覧者は1回に5〜10名くらいか、時間にきたのは私含めて3人。名前を確認し、検温、消毒。
中は暗くて3つの部屋に分かれていた。

気流や炎の流れのような[Phenomenon]と星のようなオブジェ[FLARE]と驟雨のような[SPECTRA]の3つの展示とインスタレーション。
[Phenomenon]フォト

[FLARE]フォト

とくに新作[SPECTRA]は、最初噴水でもこのようなのはあるかもね、と思いながら見ていたが、よくよく見るとその光はものすごく繊細で眩く、美しくて、ずっと眺めてしまった。
フォト フォト
9月6日まで。




期せずして、3展覧会とも、全く違うアプローチながら、癒し、心の浄化を与えてくれる素敵な展覧会で、けばけばした心を砥の粉でそっと研いですべすべになった感じでした。

アルバムはこちら
https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000107110464&owner_id=2083345
21 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 20:02
    エルメスのギャラリーは、行ったことありませんでした。有料ですか?31日までかぁ🤔明日は蕎麦食べ放題晦日蕎麦に行く予定ではあったのですが、良さそうですねーここ。蕎麦パスしちゃおうかなあ。うーん。困ったもうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

    ポーラはシャガールが最後でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 20:09
    > しぃさん
    全てタダ!ポーラ以外は予約も不要です。
    エルメスはおすすめです。すごく心地よかった〜
    もちろんTHE GINZAもですが。お高い化粧品のサンプルもらえますし。
    え?明日はそば食べ放題なのですか????私、蕎麦食いですっ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 21:01
    素敵な時間をおすごしですね。
    雰囲気を、おすそわけいただいたような気分です。これだけまわるのは、私の脚では無理です、気は若いつもりだけど、去年の骨折以来、私の足は長歩きを拒否してます。
    土屋氏の鹿、かわいいですね。
    好きなように展覧会巡りができるって、しあわせですね。
    会場を想像する時間をいただけて、わたしもほんわか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 22:16
    そえにゃんさんが意図されたものやらどうやら
    なにかどの展示も
    清涼なひんやりした空気感が漂ってますね。
    なんとも不思議な空間だわ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 23:04
    土屋さんの行きたかったんですよ〜…顔(嬉し涙)銀座まで出ていく勇気が〜…あせあせ(飛び散る汗)←臆病風に吹かれまくり台風
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月31日 00:28
    夏らしい涼やかな異空間、存分に楽しまれましたね。
    エルメスっていうと、ちょっと腰が引けますが、
    あのガラスの壁から入る外光で見る展示は一度味わってみたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月31日 05:12
    > mixiユーザー 小学生の時からプラネタリウム一人で通い、中学生時代にはSFに開眼、レンズマン、火星シリーズ等々から入り高校三年受験の正月、元日位はとアシモフ銀河帝国の興亡三部作を読みふける私には垂涎もの。チェーン店ですが、毎月晦日の蕎麦食べ放題のサガミ美味しいですが、困ったもうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 13:53
    > mixiユーザー 
    この時期に繁華街に出かけるのはどうかと思いましたが、通勤時間以外なら電車は空いていますし、なんと言っても銀座の街は空いています。お買い物やお食事は密が心配ですが、ギャラリーは本当に誰もいない。もったいないくらいです。
    銀座縦断は私も膝が悪いので応えますが、欲を出してあるいてきました。写真を楽しんでいただけたら幸いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 13:59
    > mixiユーザー 
    エルメスの外壁のガラス、THE GINZAの鏡と塩、ポーラのLED、硬質で静かに輝いていてとても涼やかでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 14:00
    > mixiユーザー 
    朗報!会期が8月23日まで延長となりました。コロナの様子見ながらまだ出かけるチャンスあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 14:03
    > mixiユーザー 
    エルメスのガラス外壁、すごいよね。最上階8階のギャラリーを内側から味わえて心地よかったですよ。
    シャネルと違って(今はシャネルもそうかな?)、店内通らずにギャラリーに行かれるので大丈夫です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 14:05
    > mixiユーザー 
    ふっふっふ、流石のしぃさん!結局両方とも制覇でしたね。素晴らしい〜うんうん、眼福、口福、貪欲に求めていきましょう!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 21:20
    こんにちは。
    しいさんの所から参りました。
    エルメスのギャラリーは私もたまに冷やかします。
    コロナ禍以降、銀座も遠くなってしまって
    今日までと聞いて残念しきりです。
    こちらでお写真をじっくり拝見しました。
    でも資生堂とポーラはまだ大丈夫そうですね。
    機会があったらと楽しみです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 21:46
    > mixiユーザー 
    コメントありがとうございます。
    しぃさんのところでいつもお見受けしておりました。
    エレメスのギャラリーとあの空間を生かした展示、いいですよね。
    ちなみに丸の内線降りて地上に上がるのに毎回あそこのエスカレーターを利用しています。お店の中には入ったことがないです(笑)
    コロナ禍の現在、ショップやレストランは分かりませんが、往来は人は多くないです。日本人しかいないからかな。
    もしお時間ありましたら、ぜひ。資生堂は小さな空間ですが、このお二人のコラボはとても素敵でした。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031