ホーム > mixiユーザー(id:2083345) > mixiユーザーの日記一覧 > 10/14 没後90年記念岸田劉生展@東京ステーションギャラリー

mixiユーザー(id:2083345)

2019年10月17日10:20

143 view

10/14 没後90年記念岸田劉生展@東京ステーションギャラリー

年始に買った2冊の「東京駅周辺美術館共通券」、東京ステーションギャラリーは、私一人がメスキータ展を見てしまった。残るは1枚、残るは岸田劉生展。
岸田劉生といえば「麗子像」フォト
そして、この麗子像を「すきっ!」と言える人は、正直なところ少ないんじゃないかと思う。ぎゅっと上から押しつぶしたようなおかしな縦横比、いくら日本人だからと言ってもここまで強調されていいのかの切れ長の目、執拗に描き込まれたヌメッとした肌合い、 体に対して異常に小さいおばあさんのような手、どう見たって可愛いとはいえない。初めて見たときは怖くて大嫌いだった。が、長じて、明治黎明期のヘンテコ日本西洋画も知るようになって、岸田劉生ってすごく上手いんじゃないかと思うようになった。そして、今回、たった38年の生涯の中で日本画まで描いていたことを知り、ちゃんと知っておこうと思った。

好きではないけれど、有名だし、知っておきたい、そう思う人が多いのだろう、会期末とあって結構混んでいた。展示はほぼ時系列でわかりやすい。しかも、多くの言葉やエピソードを残している。なので、彼が、対象物をどんな風に捉えていくべきか、どんな風にカンバスに写し取っていくべきか、を探求した足跡が見て取れる。麗子像や切通しの風景画しか知らなかったが、祈りのような、或いは哲学的な、静物画はとても良かったし、飄々とした楽しい日本画も気に入った。やはり、展覧会は足を運ぶべきだ。

http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201908_kishida.html
画家・岸田劉生(1891−1929)は、日本の近代美術の歴史において最も独創的な絵画の道を歩んだ孤高の存在です。明治の先覚者・岸田吟香を父として東京・銀座に生まれ、父の死後はキリスト教会の牧師を志しますが、独学で水彩画を制作するなかで、画家になることを勧められ、黒田清輝の主宰する白馬会葵橋洋画研究所で本格的に油彩画を学びます。そして、雑誌『白樺』が紹介する「後期印象派」の画家たち(ゴッホ、ゴーギャン、マティスら)を知り、大きな衝撃を受けます。1912年には、斎藤与里、高村光太郎、萬鐡五郎らとともにヒユウザン会を結成、強烈な色彩と筆致による油彩画を発表します。しかし、画家としての自己の道を探究するために、徹底した細密描写による写実表現を突きつめ、その先にミケランジェロやデューラーら西洋古典絵画を発見、独創的な画風を確立します。1915年には、木村荘八、椿貞雄らとともに草土社を結成、若い画家たちに圧倒的な影響を与えました。また、最愛の娘・麗子の誕生を契機に、自己のなかの究極の写実による油彩画を志します。その後は、素描や水彩画、日本画にも真剣に取り組み、再び油彩画に「新しい道」を探究しはじめた1929年、満洲旅行から帰国直後に体調を崩して、山口県の徳山において客死しました。享年38歳でした。
本展では、岸田劉生の絵画の道において、道標となる作品を選び、会期中150点以上の作品を基本的に制作年代順に展示することで、その変転を繰り返した人生の歩みとともに、岸田劉生の芸術を顕彰しようとするものです。このたび没後90年を迎えて、一堂に名品が揃います。この機会をどうぞご堪能ください。

第1章「第二の誕生」まで:1907〜1913
第2章「近代的傾向…離れ」から「クラシックの感化」まで:1913〜1915
第3章「実在の神秘」を超えて:1915〜1918
第4章「東洋の美」への目覚め:1919〜1921
第5章「卑近美」と「写実の欠除」を巡って:1922〜1926
第6章「新しい余の道」へ:1926〜1929


《銀座と数寄屋橋畔》1910〜1911フォト
ゴッホ、ゴーギャンに傾倒していた時代

《築地居留地風景》1912年12月23日フォト
その中でもこの絵が好きだ。空の黄色、地面のピンクが画像よりずっと綺麗だった。この後デューラーに傾倒し、作風が一変する。

《B.L.の肖像》1913年5月12日フォト
親交があったバーナード・リーチ氏。セザンヌ風。この後「劉生の首狩り」と言われたほど、知合いの肖像画を片っ端から描く。それだけでは足りなく、自画像も多数。同じ展示室に8点もの自画像は変な感じ。しかもほぼ同じ角度。鏡を見つめ、何枚も一心不乱に描くのが劉生の粘着質。
《自画像》1913年12月25日フォト

《道路と土手と塀(切通之写生)》1915年11月5日フォト
近美でおなじみのこの絵。
《代々木付近(代々木付近の赤土風景)》1915年10月15日フォト
角度を変えて描いた絵がそばにかけられていて、興味深い。

《壺》1916年4月25日フォト
バーナード・リーチ作の壺。肌の質感が見事。不思議なのは画面いっぱいに描いて、上下が詰まっていること。バランスが悪いが、壺の存在感は増す。

《壺の上に林檎が載って在る》1916年11月3日フォト
わずか半年で、把手が欠けてしまった。そして、林檎が載って「在る」なんとも哲学的だ。

《林檎三個》1917年2月フォト
この展覧会の中で一番好きな絵。麗子が「一家三人、お互い労わり合い、慎ましやかに愛の歌を奏でている」と回想しているが、まさに。劉生の静物画はいいなぁ。

《静物(湯呑と茶碗と林檎三つ)》1917年8月31日フォト
湯呑もお茶碗も欠けている。生活は苦しかったらしい。

《静物(手を描き入れし静物)》1918年5月8日フォト
元の絵には、鉢の上方に林檎をつかもうとする手が描かれていたという、薄っすら見えた。悪趣味と評判は悪かったが、劉生が牧師を目指していたクリスチャンであったことを思い起こすと納得。抽象画なのだ。肖像画にあるアーチの装飾も手に花を持つスタイルも宗教画っぽい。

《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日フォト
切通風景とともに近美で何度お目にかかったことか。ちなみに、今回は、横に圧縮されたようなケープ姿の麗子像は来ていなかった。

《麗子坐像》1919年8月23日フォト
着物の絞りの凹凸がすごい。泣きそうな顔なのは、劉生が一心不乱に描いているので、痛みに耐えてじっとモデルを務めていたからだそうだ。この展示室に麗子の像がずらり11点!ちょっと不気味(笑

《七童図》1922年9月13日フォト
《春日小閑》1928年頃フォト
関東大震災で被災して京都に移り住んだら、突然茶屋通いにハマる。執拗な性格、凝り性なんだな。そして日本画。飄々としてこれもまたいい。

《白狗図》 1923年2月13日か15日フォト
毛描きも頑張る。

《冬瓜図》1926年3月フォト
《冬瓜茄子図》1926年夏フォト

油彩(上)でも日本画(下)でも気に入った冬瓜を描く。とにかく器用で、上手い人だったんだと思う。そして見たままをどう写し取ろうかとなんどもチャレンジする執拗、粘着質な性格が絵に出る。もし38歳という若さでなくならず、長生きしていたらどんな画境に至ったんだろうかと思いを馳せた。

10月20日まで


14 12

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月17日 16:26
    私も、きのう行く予定にしていたのですが、風邪ひいて、行けなくなってしまいました。
    会期終了間際でなく、もっと前に予定しておけば、良かった。
    まぁ、東京駅周辺美術館共通券を持ってなかったら、行く予定にもしていなかったかも。。
    そえにゃんさんのレポを見たら、やはり早めに行くべきだった。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月17日 16:32
    麗子像は私でも知っている有名な画ですね。
    私も可愛くないし、むしろ怖いってのが感想ですが…
    本物を見たことが無いのですが、やはり絞りの凸凹やかぎ針編みのケープの編み地模様は凄いと思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月17日 23:04
    「たのしいようちえん」あたりの子供雑誌の「おうちの方のページ」だったかでこの「麗子像」が載っていて、衝撃的に怖かったです。。なんで幼稚園の雑誌に載っていたんでしょうね?同じ年頃だから?もうトラウマです。。
    だいぶ前になりますが「麗子」をキャラクター化してギャグ漫画にしている作品を少女漫画誌で見た時は、なんという目の付け所!しかし、いいのか?!と思いました。。^^;
    20代前半にデッサンを習っていた頃、岸田劉生の大きな展覧会を先生に勧められて見に行ったので、今回はスルーしました。八王子夢美術館でも岸田劉生の素描展やっていますが、https://www.yumebi.com この寒山拾得風麗子像はヒドイですね。。自分の娘をこんな風に描くなんて。。
    確かだんだん精神を病んでいったのでしたっけ? 麗子の絵も最初はそれなりに可愛らしさがあるのに、だんだん横長になって妖怪じみていきますよね。。
    38歳で亡くなったのですね。ほんと、あと30年も生きていたら。。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月17日 23:10
    > mixiユーザー 
    風邪、大丈夫ですか。急に寒くなったりしましたものね。
    混んでいたと言っても、上野の混雑ほどではなかったし、会期終了間際でも平日なら大丈夫じゃないでしょうか。
    共通券は、あと出光を残しています。焼き物入門に行く予定。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月17日 23:12
    > mixiユーザー 
    あの絵は一度見たら忘れられませんよね。
    確かに怖いです。
    絞りの凹凸はすごくリアルでしたが、でも顔色が悪すぎ…かわいそうな感じですよね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月17日 23:30
    > mixiユーザー 
    園児の時に見ちゃったのですね、あの絵を!そりゃ、衝撃ですよねぇ。古臭い絵というだけならいいのですが、怖いですもの。
    夢美術館の寒山拾得風の麗子、今拝見しました。これはひどい〜〜私が麗子ならぐれてしまいそう。
    美術館では、しりあがり寿が麗子像をキャラクター化してグッズを販売していましたよ。しりあがり寿なので、こちらもまた可愛くはないです。
    岸田劉生、精神を病んだ風はなかったのですが、元々の性格でしょうね、こうと決めると極めるのに周りが見えなくなるタイプ。麗子像も写実を追求するあまりあのようになっていたのでないかしら。生活は困窮してたにもかかわらず、京都に移り住んでからは、東洋の美に目覚め、毎晩茶屋遊び、骨董集めでさらに困窮、満州に行けば満鉄の偉いさんの肖像画を描いて儲けることができると聞いて海を渡ったんですが、そこで体を壊して早世してしまったわけです。
    絵描きにならずに牧師に道もあったわけですから、運命ってわからないですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月18日 02:42
    > mixiユーザー 
    残念ながら、会期終了間際の平日って、今日一日だけなんですよ。
    寝込んでいた分の家事が、文字どおり山積みで、明日は、申し込んだトークイベントがあり、今日一日で、体力回復を目指さないとならないし。
    私の共通券は、未使用1部。出光は、今の展覧会で、使う予定です。最近、屏風の山水画が、面白く感じてきたので。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月18日 07:05
    > mixiユーザー 
    ああ、そうか、土曜日がダメなら今日しかないですものね。でもやっぱり今日は出かけるわけにいかないし。残念…
    私も東京ステーションギャラリーは、ルート・ブリュック展に行けばよかったと思いました。いきたいと思った時はもう会期終了間際で行かれなかったの。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月19日 18:19
    お年玉チケット迷って一冊に私はしてしまいました。それに縛られ行きたい所優先出来ないと嫌かなぁと思いましたが、二冊はマストアイテムだったかも冷や汗レポ読み明日行く決心がつきました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月19日 19:56
    > mixiユーザー 
    私も2冊買えばよかったかなぁ〜と思いました。ただ、今年の出光は行っても1回、それに手術の予定もあったし、使い切れなかったら勿体無いと思って買えなかったです。小心者です。
    明日、楽しんできてください!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月21日 12:42
    お邪魔します。

    >ぎゅっと上から押しつぶしたようなおかしな縦横比…
     
     画面構成(=デザイン)上の按配もあるでしょうが、絵を真正面からではなく、
    角度をつけて観ることで、形が歪んだり大小の関係が変化し、奥行きの感覚が
    更新されたりする効果があります。岸田劉生の静物画をみていると、局所⇔大域
    を行き来することで、《視》の相対性のようなものを試行していたように見えてきます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月28日 20:41
    > mixiユーザー 
    コメント、ありがとうございます。お返事が遅くなりました。
    ええ、ええ、岸田劉生の静物画は、岸田劉生を読み解くうえでとても興味深かったです。
    若い時に一時セザンヌにも傾倒していたようですが、セザンヌ好きの私にしてみれば、複数の視点や、全体の構図から割り出した必要不可欠のデフォルメなんかも影響受けているのかなぁ、などと思いました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年10月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031