ホーム > mixiユーザー(id:2083345) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2083345)

日記一覧

昨年初め1枚ペラの詳細なし画像だけのチラシができた時から楽しみに待っていた展覧会。名称表記が変わっていました。ハンマースホイがハマスホイに、スケーエン派はスケーイン派に、ミカエル・アンカーはミケール・アンガに、ペーダー・セウ

続きを読む

根津美術館に来たのはいつ以来だろう。リニューアルオープンの時以来かしら。ずっとチェックを怠っていたら、さくら☆さんが「これ、面白そうよ」と教えてくれた。チラシを見てみると、確かに面白そう。いいことを教えてもらった。日本の絵画には左右対のもの

続きを読む

考古学などはあまり興味がないので全く行く予定はなかったのだが、年末の恒例「my best 10 」で、マイミクさんが「美術展ではないけれど」と断った上でベスト1に挙げていた。そんなに面白いの?と取っておいたチラシを読み返したら、なんだかとても面白そう

続きを読む

土曜日に山下裕二先生の講演を聞いたので、忘れないうちに翌日日曜に出かけました。本当は講演会終わった後に行きたかったのだけれど、閉館まで1時間という時間ではちょっと駆け足だからと出直したのです。観覧時間1時間半、既知の作品ばかりなので1時間で

続きを読む

山種美術館で現在開催中の展覧会「上村松園と美人画の世界」の関連イベントとして、山種美の顧問をなさっている山下裕二先生の講演会があり、聞いてきました。http://www.yamatane-museum.jp/event/2020uemurashoen.html山下先生の講演は、いつも時間通りに始

続きを読む

正月行った時東洋館を見る余力がなくて帰ってきてしまったが、マイミクさんから「朝鮮古画の猫がよろしい」と聞き、また別のマイミクさんからも「特別展人、神、自然は思った以上に面白かった」と聞きおよんだので、これは行かねばなるまいと出掛けた。そもそ

続きを読む

ブダペストをブタペストと書いてしまうほどの欧州音痴。何しろ虚弱&飛行機嫌い&猫飼いで海外旅行にはほとんど縁がない。が、未知の国の絵画を知ることこそ楽しい。2014年にはスイス国交樹立150年ということで、ホドラー、バルテュス、ヴァロットンを知った

続きを読む

金沢に移転することが決まり、この展覧会がここでの最後となる。近美にはよく行くのに、その先長い坂を登ってここまでくるのは稀。近美の常設展を見るだけでも相当な量だし、土日は近隣に食事するところがないのでつい午後から出かけてしまうため時間がないの

続きを読む

正月2日は東博「博物館に初もうで」、3日は東京都写真美術館無料日、そして4日は八王子の富士美術館。5日も近美工芸館無料日を予定しているので、毎年恒例の4日連続の美術館三昧のお正月です。さて、八王子はちと遠い。9時半に出て美術館着は11時時少し前。早

続きを読む

毎年1月2日と3日は一部展覧会を除いて写美がタダ。今年はあまり面白そうではないかな〜と思ったけれど、行ってきました。タダに弱い…山沢栄子 私の時代https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3445.html 鮮烈な色彩、構図のダイナミズム――写真

続きを読む

1/2 博物館に初もうで
2020年01月02日23:09

毎年ほぼ恒例の東博「博物館に初もうで」、今年は天皇即位の礼で使われた高御座と御帳台を特別公開とあって、より一層混みそうな予感。2日は、西洋美術館も近代美術館もやっていて先着順だけれど記念品ももらえるし、写真美術館なんかは無料だから、そっちに

続きを読む

今年も恒例の美術展総括日記です 。まずは過去日記こちら↓2007年http://mixi.jp/view_diary.pl?id=662386939&owner_id=20833452008年http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1023799453&owner_id=20833452009年http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1365709047&owner_i

続きを読む

浜口陽三のカラーメゾチントが大好きだ。静謐で哲学的、闇に浮かび上がる小さなさくらんぼや胡桃に大きな宇宙があり、すーっと惹き込まれる。人形町、水天宮の散策を兼ねて、かつて何回か訪れた。ここの美術館は中央に螺旋階段があり、浜口の黒っぽい作品が締

続きを読む

いつだったか山下裕二先生が講演会で、日本で真に画力ある画家は、河鍋暁斎と鏑木清方と山口晃だけだと言っていた。そして、私はといえば、子供の頃母にもらった婦人画報の付録の絵葉書を大切にしていた。上村松園、伊東深水、そして鏑木清方の美人図だ。日本

続きを読む

前々日横浜でオランジュリー美術館のジャン・ヴァルテル&ポール・ギヨーム コレクションを見た。https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1973681345&owner_id=2083345今度は、丸の内で山形美術館寄託の吉野石膏コレクションを見る。どちらもルノワールをメインビ

続きを読む

駅のエントランスには大きなクリスマスツリー美術館前の公園の木々は色づいて初冬の趣夫が朝会議だけ出勤だったので待ち合わせて行って来ました。この展覧会、副題に「オランジュリー美術館コレクション」となかったら、さらに言えば、これが画商ポール・ギヨ

続きを読む

気持ちが落ち込んでいる時に最も効くのが美術館。たとえ体調不良を押しても出かけた方がいい場合が多い。美しい絵や考えさせられる作品、面白いアート、夢中に見入る時間は憂いを払拭する。ただ、混雑だけは苦手だ。世界に入り込めないから。先週のエドワード

続きを読む

この秋の展覧会では、正倉院もハプスブルグ家も気になるが、それは「有名どころ」だからであって、自分に正直に、見逃したくない優先順位をつけるなら、上野より練馬や目黒なのだ。それでこの日は、練馬区立美術館「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」展へ行

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。