mixiユーザー(id:20756025)

2021年02月26日08:23

8 view

選択の結果!?

「そんなこと、よく覚えてますね」と上司から言われたことがある。
私に対する言葉遣いが敬語なのは、私より年下だからだ(別にどんな言葉遣いだろうと構わないのだが・・・)。

「そんなこと」というのは、昨日2月25日のことだ。
私が受験生だった当時、大学入試センター試験の二次試験の試験日が2月25日だったのだ。

今の大学入学共通テストがどんなシステムになっているのか分からないが、大学の近くにあるホテルなどの予約は取りにくかったことだろう。
実際、昨日出張した私の上司がこの日にカーシェアのクルマを予約しようとしたものの、出払っていて取れなかったというのだ。

カーシェアといったら全体的には増車傾向にあり、取れないなどと言うことは私自身経験がない。
なんでそんなことになるのだろう?と思ってあれこれ私なりに想像をめぐらした結果が、「2月25日と言えば大学入試の二次試験があるから、いろいろな方面で予約が埋まっているのではないか?」という予測だったのである。

その時は、自分が受験生だったころの記憶をたどって答えただけだったが、その後ニュースなどを見て、やはり今でもこの日に二次試験が行われていることを知った。
今でもそう言うのかどうか分からないが、30年ほど前には「前期日程」などと言われていた試験日程である。

受験生たちは、試験を終えてどんな心境だろうか?
想像するだけでも、あの頃のことがよみがえってくるというものだ。

私はどうだったのか?というと、結局現役当時に二次試験を受けたのみで、浪人時代は結局その前に合格した私大に進学することを決めたので、受けずに終わった。
あのと気予定していた京都府立大学を受けていたら、その後の人生はどうなっていただろうか?

思えば、自分の将来を決める分かれ道だったのだろう。
今となっては、選択してきた道もそんなに悪くなかったと思うが。

カーシェアで車を手配できなかった上司は、私の「カーシェアがダメならレンタカーを当たればいいじゃない!」的なアドバイスを受け入れて探し直した。
その結果、無事その日乗るクルマを確保できたようだ。

人生は、選択の連続で出来ている。
振り返って「これで良かった」と言えるようにしたいと考えている、今日の私であったほっとした顔
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する