mixiユーザー(id:20756025)

2018年08月22日08:22

236 view

四季島での思い出づくり!?

会津若松での蒔絵体験を終えた私たちは、ふたたびトランスイート四季島の車中の人となった。
フォト フォト

時刻は11時20分過ぎ。
ここから先は、終点の上野駅に到着するまで下車することはない。

いよいよ、2日間にわたる旅の終わりが近づきつつあるのだ。
とはいえ、まだ到着まで5時間以上ある。

寝ている間を除けば、これほどまとまった車内での滞在時間はない。
今のうちに、思い残すことがないよう、すべて味わいつくそうと思ったのだった。

というわけで、撮り忘れていたスイートのシャワールームも、内外から撮影したりする。
フォト フォト
こういう画像も、あとで私にとって貴重なものとなることだろう。

それから、車内に持ち込んだ国鉄時代の柄の浴衣も改めて着て、配偶者のぐでちゃんに写真を撮ってもらった。
フォト フォト

そして、車内で2人してゆったりくつろぐ。
フォト
何とも幸せなひとときである♪

部屋で落ち着いたところで、お次はもう一度展望車に行ってみる。
フォト フォト
するとラッキーなことに、またしても貸切状態だった(^^)v
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト

そのため、記念写真をしっかり撮らせてもらうことが出来た。
フォト フォト
フォト

景色は、磐越西線の会津若松−郡山間。
これで昼も夜も展望車を楽しんだことになるので、もうここには思い残すことはない。

そう考えた私たちは、ふたたび5号車の「ラウンジこもれび」へ。
フォト フォト
フォト フォト
驚いたことに、ここもまた誰も乗客がいなかった。
みんな、どうやら部屋の中で過ごしているらしい。
というわけで、細部も含めてカメラに収める。
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト

ちょうど同行カメラマンがいたので、改めて記念写真を撮ってもらった。
フォト フォト
なお、これらのカメラマンが撮った画像は、後日アルバムにして届けてくれるらしい。
それもまた、大いに楽しみである♪

ここでまた飲み物を注文し、しばらくカメラマンの方と3人で談笑してくつろぐ。
やがて四季島は、郡山駅で停車した。
フォト フォト

すると、四季島友の会のYさんが姿を現した。
前日山梨の塩山にいたのに、わざわざここにも追いかけて来て下さったのである!

というわけで、こちらも窓越しに写真を取って頂いた。
フォト
とにかく、メモリーを残そうと必死だったことがうかがえるだろう。

このラウンジには、まだ1冊目という四季島の旅ノートがあった。
革張りの、なかなか立派な装丁である。

中を見ると、過去の乗客が綴った、四季島の旅への思いがぎっしりと書き込まれていた。
フォト
そこで私もまた、1ページにしっかり書き込ませてもらった。
内容はあえて伏せさせてもらうが、最後に即興で一首書かせてもらった。
「一生に 一度の思い出 旅ごとに 創り続けて 走れ四季島」

さて、そんな風に思い出を作り続けた私たちに、お昼の時間がやって来た。
宇都宮のオトワレストランというお店がプロデュースしたランチである。

もちろんこれは、6号車の「ダイニングしきしま」で頂くのである。
フォト フォト
というわけで、これから食べ進めていくわけだが、この辺で本日は紙幅が尽きた。
この続きは、また明日レポートしたいと考えている今日の私であったほっとした顔
3 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年08月22日 21:06
    四季島でいい思い出になりましたね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年08月23日 07:19
    > mixiユーザー 
    今しかできないことだ!と思いいろいろやりました(^^)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する