mixiユーザー(id:20756025)

2018年08月17日08:26

281 view

四季島ディナーで大満足!

さて、夏休み期間中にお休みしていたトランスイート四季島の旅を再開させたいと思う。
山梨観光を終えて16時30分ごろに塩山駅へと戻り、ふたたび列車が出発した。
フォト フォト

再びスイートの部屋に戻り、2人でゆっくり寛ぎたいところだったのだが・・・そうもいかない事情があった。
夕食の時間が、17時からとなっていたのである。

ダイニングカーでは、前半と後半、2回に分けてツアー客が食事をとるのだ。
景色の見える、前半をリクエストしていたわけである。

すでに昼食を実質2回も食べていたのだが、果たして食べられるのか?
お腹の空き具合からして、やや不安になった。

ともあれ、6号車のダイニングカーへ。
フォト フォト
テーブルの上では、これから岩崎均シェフによるディナーの準備が万端に整っていた。
フォト フォト
フォト フォト

このようなダイニングカーの雰囲気を味わいながらの食事も、楽しみにしていたことのひとつだ♪
フォト

さっそく、前菜が運ばれてきた。
フォト フォト
メイプルサーモンの上に、ワサビ菜が植えられている。
この可愛らしさには、配偶者のぐでちゃんも大喜びだった(*'▽')
フォト

続いて運ばれてきたのがこちら!

「ていざなすと鮑のサラダ仕立て」である。
フォト フォト
フォト フォト
「ていざなす」という大きなナスを使っているそうで、わざわざそのナスもテーブルまで見せに来て頂いた。
フォト

このような高級料理の数々を、車窓を見ながら頂けるのだから素晴らしい(^^)/
フォト フォト
この高揚感が伝わるだろうか?

続いては、スープである。
フォト フォト
「南蛮海老のビスク カプチーノ風」といって、濃厚なスープの上に泡立てたミルクが乗っている。
濃厚なスープをちょうどいい感じで中和してくれるのだ♪
素晴らしい味を、車内で頂けるのだから感動である!
列車はちょうど、上諏訪駅に差し掛かったところだ。
フォト

そしていよいよメインディッシュなのだが、ここで記念に2人の写真を取って頂いた。
フォト
その上で運ばれてきたのが「信州アルプス牛のロースト 醤油豆のクルート」である。
フォト フォト
信州で信州牛を頂けるなんて、それだけでも幸せなことだ。
フォト フォト

ソースとともに、柔らかく口の中でほどけていく肉のうまみを存分に味わい、2人ともしっかり平らげたのだった。
フォト

ここで、岩崎シェフが自らテーブルに訪れて下さった。
単にプロデュースするだけでなく、実際に添乗して調理していたのだ!

というわけで、記念にパチリ。
フォト
感激したことは言うまでもない。

そして、フランス料理のフルコースはデザートに入る。
フォト フォト
これまた見た目にも舌でも楽しませてくれる♪車内調理にこだわっているそうで、揺れる狭いダイニングカーの厨房でこれだけのものを生み出すのだから、それだけでも尊敬である!

最後は、コーヒーを頂いて締める。
フォト フォト
ちょうど松本駅に停車した時だ。

ちょうどすぐ隣の線に特急列車が停車して、発車を待っていた。
その乗客にしてみれば、目の前に四季島と、食事中の私たちが現れたことで、たいそう驚いていた(;^ω^)
フォト

さて、そんなこんなで大満足のディナーが終わった。
廊下を進んで6号車から、私たちの部屋がある3号車へ移動し、302号室の扉をガラガラと開ける。

するとそこには、思いもかけないものが待ち構えていたのである!
一体、何が待ち受けていたというのか?

詳しくは、明日の日記でレポートしたいと考えている私であったほっとした顔
6 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年08月17日 19:02
    いいディナーでしたね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年08月17日 22:16
    > カノン(^з^)-☆V10SSさん
    さすが四季島!といった感じでした♪(^^)d

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する