ホーム > mixiユーザー(id:20653861) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:20653861)

日記一覧

アメリカは3月15日までの債務上限枠の引き上げ期限を通過していよいよ破綻の道を進むことになった。今までさんざん粘ってきたのになぜトランプ大統領は破綻させることにしたのか。その謎はオバマ氏がごまかしていたペンタゴンの巨額の使途不明金にあった。

続きを読む

安倍政権、「私人」なのに外交官旅券を発給「私人」昭恵氏に外交旅券。 首相外遊に同行、国の用務で(朝日新聞)http://www.asahi.com/articles/ASK3X5QRNK3XUTFK017.html?iref=comtop_8_05 さあ。逃げ場がない状態となった。昭恵夫人は公人なのか。それとも

続きを読む

NASAが太陽が15日間も活動を停止していると発表。なんと今の寒さはそのためでこのまま行くと氷河期に入ると思われます。この大変な事態に人類は直面している。大至急暖房の準備をしましょう。マキストーブとかまどは絶対に必要。売り切れる前にホームセ

続きを読む

福島第一原発事故により飛び散った放射性物質を含む汚染土をその処理に困り防潮堤に使っているが今度は公園の造成に使おうと環境庁が検討している。ニュースはこちら。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000003-mai-sociとんでもない環境破壊だ

続きを読む

森友学園、加計学園に続き第三の昭恵夫人の疑惑が浮上してきた。岡山県の山村で棚田保存を行っている団体の名誉顧問を昭恵夫人が引きうけた。その結果人口2万人ほどの農村にEV社が50台も送られた。全国には困っている農村も多いのになぜこの地域に。その

続きを読む

昨日23日、森友学園問題の天王山籠池理事長の国会証人喚問が行われました。嘘をつくと偽証罪に問われると言った厳しい状況の中、籠池氏は懸命に真実のすべてを語りました。国会史上まれにみる本来の証人喚問で、隠し事なくすべてを語ったのです。「記憶にな

続きを読む

とっくに財政破綻をしてるアメリカ。何とかごまかしてここまでやってきましたが、いよいよ国債が返せない財政破綻が近づいてきました。既に3月15日をもって今後新たな借金ができなくなりました。もうこれ以上借金をすると税収だけでは絶対に返せない金額だ

続きを読む

4月に入ると台湾はもう初夏の陽気。世界一のラジウム温泉の台湾北投温泉の露天風呂もベストシーズンとなりました。さっそくニニギも連休明けに2泊3日で行ってみようと手配してみました。すると航空運賃がシーズンオフとあってお得です。往復で14000円

続きを読む

本日の国会で稲田防衛相が昨日の発言を覆して謝罪した。昨日は森友学園と全く関係が無いと言っていたことが嘘であったのです。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000055-asahi-polもはや全身が火だるま。安倍首相の下半身が燃え出したも同然。風

続きを読む

明日3月15日をもってアメリカが財政破綻する。かと言ってすぐに大混乱になるわけではない。3月15日になるとアメリカはもうこれ以上赤字の国債は発行できずに借金は全くできなくなる。予算は税収だけで組むしかない。しかし税収のほとんどは国債などの借

続きを読む

<驚愕情報!!!!!!>「安倍の次は2018年の春まで麻生で」の米情報部のシナリオ(カレイドスコープ)http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4853.html 急に生き生きとし出した官僚たち。まるで、タブーが解かれたかのように内閣批判を繰り返す安倍シンパの

続きを読む

今ANAで航空券と宿で超お得なタイムセールを行っています。ただし申し込みは明日10日まで。とりあえず予約だけをとっておこう。詳細はこちらから。https://www.ana.co.jp/domtour/dp/promo_timesale/kanto/?s_tnt=59194:0:0&cid=EMM160258atm例えば沖縄

続きを読む

3.11以降、日本人全員が内部被ばくしている! 検査を受けてわかった衝撃的事実http://tocana.jp/2017/01/post_12058_entry.html ・・・略・・・「我孫子内部被ばく検査センター」は、今年1月5日に千葉県我孫子市にオープンしたばかりの施設だ。女流画家として

続きを読む

いよいよアメリカの財政破綻が3月15日と迫ってきた。来週アメリカの財政は破綻し、金庫はカラとなる。アメリカは財政難から国債での借金の上限枠を天文学的金額にも関わらずごまかして引き上げて借金を積み上げてきた。そのため国債の金利と償却の費用が国

続きを読む