mixiユーザー(id:20653861)

2021年05月05日14:08

1789 view

ニニギ石の新型コロナウィルスに対する治療効果はすでに現場で使われて実証されている。知らぬは医師だけ。

ラジウム石による免疫治療を以前から行っている東京の代替医療の先生からメールをいただきました。
先生は以前から被ばく治療を行っており、甲状腺の被ばく治療などで実績が有られる。
この度は新型コロナウィルス感染者の治療にあたっており沢山の治癒例(陰性に転じる)を持たれてます。
花崗岩による治療は現代医療は製薬会社の儲け主義で成り立っており、医師としての治療はいくら有効であってもできないのが現状。
しかし代替医療であれば、患者自身が治療を行うので、今の医療では認められない(海外では認められているのだが)免疫治療が行えるのである。
大事なことは治すことです。現代医療で治療法がない限り、代替え医療で自分で治すのが一番の方法といえましょう。要は安全に治すことです。
ここで完治と言わずに陰性になると言ってることは、ウィルスは臓器からいなくなって陰性になるのですが、感染による障害はすぐにはもとに戻らないからです。感染は排除して重症化は防いでも、その症状はすぐにはもとに戻らないのが今回のウィルスの特徴です。その回復には時間がかかります。これは治したからこそ言えることで、亡くなってしまっては分からないのです。

実際の臨床例としては、まず新型コロナウィルスに感染した臓器を割り出し、そこにニニギ石を当てます。どこの部位が感染しているかを判断しなければなりません。
その結果ニニギ石を数分当てるだけで、症状は一気によくなり、短時間で臓器内のウィルスが殺菌できることが分かったのです。
感染者がすぐに重症化せずに陰性になる。このことだけは事実です。
花崗岩から出る自然放射線は安全なんことが環境庁からも発表されております。この安全な自然放射線が新型コロナウィルスを殺菌することもロシアのウクライナ大学の実験で実証されました。
花崗岩から出る自然放射線が新型コロナウィルスの治療に使えることはすでに実証されたことで今更説明の必要もありません。花崗岩から出る自然放射線は古来からその殺菌効果は使われてました。
新型コロナウィルスがどう変化してもウィルスである限り殺菌効果はは変わりません。ワクチンではそうはいきません。ワクチンが接種するころにはウィルスが変異してワクチンが効かない形になってしまうのです。

今人類に求められていることは、個人の行動を規制して感染拡大を防ぐか、それともウィルスをなくすか。この二者選択です。しかし前者は感染拡大対策を永遠に続けなければなりません。コロナウィルスをなくせば元の生活に戻れます。

さあ。どちらを選択しますか。
ニニギ石による治療はすでに実施されて、沢山の陽性から陰性になった人が出てます。
あなたならどちらを選択しますか。
代替え医療現場では感染者が殺到し大変な混雑をしております。もうこれ以上ご紹介もできないので、私の日記を読んで自分で対応してください。
この場合は感染しても陰性になってしまうので、果たして感染していたのかどうかは分かりませんが。どちらにしても感染が無くなるのですからいいではないですか。

日本中みんなが花崗岩を使えば、日本から新型コロナウィルスの存在は無くなるのです。ウィルスの特徴は人に感染して増殖します。みんなが排除すればその存在は無くなります。

人類最大の危機。新型コロナウィルス感染を止めるにはそれ以外の方法があるのでしょうか。ないのではないでしょうか。
かといって花崗岩による治療はお金もかからず誰にでも出来る事です。何故何もせずに病院を頼って自宅で亡くなっていくのでしょうか。欲にとらわれずに、自分の命を見直してください。

ただ注意することがあります。花崗岩を使って治療しても、しばらくするとまたウィルスがやってきます。抗体で治すのではなく殺菌で治しているので、しばらくは石を身から離せません。コロナが撲滅してから石を放してください。
32 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月06日 02:52
    海外にも花岡岩というのは有るんだろうなと思って、ふと気になり=[フランスの花岡岩]と検索し[ピンク色の花岡岩]とか[バラ色の花岡岩]とか,現地の言葉での名称がある事が解りました。アメリカでは、調べみるとユタ州に天然ウランを含有する燐灰石=アンダーソン石(アンダーソナイト)というのが有り僕も実はオークション購入してまして改めてエステー化学で製造販売してる、0.05μsv/hが最小数値で最大9.99μsv/hまでの範囲をガンマ線だけ測定できる家庭用エアカウンターで測定してみると、最大0.4μsv/hを若干は超える数値の出る天然の放射性鉱石だという確認ができました。…昨今お聞きした天然アパタイトの様に、他にも放射性鉱石は色々とあると思うので海外に住んでおられる方々や、海外在住の友人知人がおられる関係者は、追究してみてウイルス対策に教えてあげるのが良いと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月06日 09:13
    > mixiユーザー 

    花崗岩は世界中にあります。特にフィンランドでは国の石に指定されてます。
    海外在住の方から花崗岩の入手について質問が結構ありますが、大体現地で調達できるようです。
    ドイツに在住の方から「ドイツには花崗岩はないのか」と問い合わせがあり、探してみたらあったのですが、よく話を聞いたらご主人が花崗岩の彫刻家でした。家中花崗岩だらけだったのです。材料はフィンランドやフランスのローズ花崗岩だそうです。花崗岩は地球の内部のマントルからできてますので世界中にあります。エジプトのピラミッドの玄室やインカの遺跡は全て花崗岩でできてます。遺体を納める棺には必ず花崗岩が使用されてます。古代から花崗岩の性質がわかっていたのでした。それが石機文明です。
    花崗岩の色はそれに含まれている鉱物によります。ウランやトリウムを含んでいると赤くなるのが特徴です。ウラン鉱石には血のような真っ赤なレッドジャスパーが含まれていることを発見しましたよ。山梨できれいなレッドジャスパーの鉱脈を発見しました。騒ぎになるので秘密です。まだ誰も気づいてはいません。明日の茶話会で発表予定。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月06日 12:00
    > mixiユーザー 
    ん~なるほど=やはり!世界中で花岡岩が入手できるのを知ってればウイルス対策は簡単ですね!…レッドジャスパーもウラン含有と。それも一昨年には購入して持ってますので、更に貴重なお話です、有り難うございます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月06日 13:13
    > mixiユーザー 

    レッドジャスパーはウラン鉱石の中に脈状に入っていることを発見しました。
    宝石博物館に展示してあった日本でも珍しいレッドジャスパーが山梨県昇仙峡奥で発見されたと展示してありました。
    その時ちょうどウラン鉱石拾いに行って真っ赤な石を2個拾っていて、比べたら間違いなく同じ石。
    説明には「荒川ダム上流で発見」と書いてあった。その石は荒川ダム上流の「板敷渓谷(極秘)」で拾ったのでした。その後板敷渓谷でウラン鉱石に脈状にレッドジャスパーが入っている原石の露頭を発見。大鉱脈があります。しかしそれをとるには命がけ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月06日 19:28
    ニニギ石による新型コロナウィルス感染者への治療はすでに代替医療現場で行われており、素晴らしい成果を出してます。
    もう疑う余地はありません。実証例が沢山あるのです。感染者は重症化しないですぐに陰性になりウィルスは退治されます。医療機関ではやってないので専門の先生を訪ねるか、自分で行えばいいのです。
    実績があります。感染したら迷わずニニギ石を使ってください。

    早くこのことを普及させて、新型コロナウィルスをなくして元の生活に戻したいですね。何故それが日本国民はできないのでしょうか。事実それで治療をしてる先生がおられるのに。何故重症化して亡くなられるのでしょうか。一度試せばわかることです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年05月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031