mixiユーザー(id:20653861)

2020年06月02日10:15

1961 view

意外と知られてない「持続化給付金」。昨年の同じ月の売り上げが50パーセント以下の月があれば個人事業主(確定申告をしている)であればだれでももらえるものです。

ニニギは毎日休業なので、給付金と年金で生活をしている。
中でも先日振り込まれた「持続化給付金」は法人なので200万円も振り込まれた。
それに加え「休業給付金」が市から30万円。それに1人10万円(二人で20万円)も加えて合計250万円も給付金をもらった。
営業してるよりは休んだ方が固定費がかからず、給付金の方が収入は多い。

こんなに個人でも100万円ももらえる給付金を意外と知らない人がいる。
教えると「それは貸付金では無いか」と言う。違うのだ。給付金なのでもらえるのだ。
売り上げが少なくなった事業主は必ずもらえる。しかもインターネットで申し込み、どこに行く必要もない。申し込みを済ませてから2週間で200万円(個人は100万円)が確実に振り込まれたた。(ネットのできない人は窓口でも申し込みできる)

居酒屋、飲食店、サービス業、ネット販売など何でもいい。勤め人で無く自分で商売をしている人ならば誰でももらえる。ただし確定申告をしている人だけだ。

その条件は、2020年の一か月間で昨年の同じ月の売り上げが今年50%以下の月を選んで申請すればいい。昨年より景気が良い場合はもらえない。
該当する月が無い人はこれから休業などして調整すればいい。

支給額の計算方法は、昨年の売り上げからその対象月の売り上げを12倍して引いた金額。個人の場合は上限が100万円なので、大体100万円くらいにはなるでしょう。

必要な書類は昨年の確定申告書。
今年の対象月の売り上げが分かる帳簿。
振り込み用の銀行の通帳の表紙と1−2ページ目のコピー。
これだけでオーケー。
後はインターネットで申し込むだけだ。

やり方についてはこちらをご覧ください。

https://www.jizokuka-kyufu.jp/

家に居ながらにして100万円をゲットしてください。
この持続化給付金は、個人事業主がこの不景気に頑張って事業を継続してもらうための政府の給付金です。今最も価値ある給付制度だと思います。
がむしゃらに頑張ってもうけすぎた人も、ここらでちょっと一休み。昨年の同じ月の半分の売り上げをつくってください。
ただし嘘の申請はいけませんよ。いずればれますので。ありのままの不景気を正直に書けばいいのですよ。政府が休めと言うときに、休んだ人のご褒美では無いでしょうか。

なお法人の人は200万円までもらえますよ。

こんないい制度。まだ知らなかった人は今すぐ申請して100万円を手にしてください。
29 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月02日 14:08
    給付金では無く貸付金も無利息無担保の融資があります。
    一か月の売り上げが前年比20パーセント以上減少であれば借りられます。
    無利息なのでまずは借りておくのがいいです。しかも2年据え置き、15年分割です。利息が無いのでできる限り先送りに。使わなければ貯金しておいた方が利息が付く。
    こんな便利な融資があり、初めての人でも大体600万円くらいは借りられます。
    「日本政策金融公庫」が扱ってますのでホームページから申し込みができます。
    「新型コロナウィルス特別貸付」です。
    後から電話がかかってきてそれだけで済む場合が多いですが、場合によっては面談が。今は申し込み殺到で時間がかかりますが、何の手数料も取られない政府系の金融機関なので安心です。銀行も取り扱ってますが、こちらの方が便利で簡単です。

    申し込み方法はネットで日本政策金融公庫のホームページから申し込んで、同時に郵送で2期分の確定申告書のコピーとその他必要な書類。(初めての場合は簡単な書類が必要になることがあります。ケースバイケース)を送ればオーケー。
    個人事業主や小企業専門で、最大5000万円まで貸してくれます。
    緊急融資で政府が援助してるので簡単に借りられます。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月02日 14:19
    皆さんも生き延びるために資金はしっかり確保してくださいね。

    決して億劫がらずに。真面目に仕事をしている人にはかなならずもらえるお金ですから。
    10万円の給付金では満足できませんよね。
    100万円だけは絶対にもらってください。それとも皆さんはもらえないくらいに景気がいいのでしょうか。それならもらえませんが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月02日 14:56
    持続化給付金は 事業売り上げのみなので

    金額が低い方でも 修正申告をすれば 上限まで給付されます

    休眠会社をお持ちの方も 修正申告すれば給付されます

    その際 修正した金額と同等の経費も計上しておかないと

    課税されます
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月02日 15:13
    > mixiユーザー 

    細かい説明ありがとうございます。
    給与所得は含みませんので。
    省ばい専業なら収入全てが対象だと思います。
    一般の飲食店や居酒屋さんなどは100万円はもらえるでしょう
    事業している人は誰でももらえるので、申請してください。。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月04日 21:31
    ニニギさん、「持続化給付金」については、申請初日にサーバーがダウンしたり、同じID与え、他人の資産が覗けたりとトラブル続いてます。
    マイナンバーと口座をひも付けさせようと、竹中平蔵さんは読売テレビで発言しましたが、裏にはこんな利権があったようてす。以下抜粋

    〈「持続化給付金」の事務事業を国から受託した法人というのは、「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」。この法人は2016年に電通とパソナ、トランスコスモスによって設立されており、経産省は同法人に「持続化給付金」の事務委託を769億円で契約している。

    「持続化給付金」は150万件の申請に対応できる見通しといわれているが、事務委託費が769億円ということは、1件あたりの手数料は4〜5万円にもなる計算だ。その金額の妥当性も問われるところだが、さらに問題なのは、769億円という巨額の事業を請け負いながら、この「サービスデザイン推進協議会」の業務実態が見えてこない、ということだ。
    というのも、5月22日に同法人の問題を決算行政監視委員会で取り上げた立憲民主党衆院議員によると、所在地に行ってみたところ、そこは小さなビルの1室で、ドアにはリモートワーク中だという張り紙が貼ってあるだけで誰もいなかったという。
    さらに、今回の「持続化給付金」の事務事業が再委託されているはずだとして、それがどこなのかを質問。すると、中小企業庁の那須野太・事業環境部長はこう答弁したのだ。
    「株式会社電通に業務を再委託して本事業を実施しております。サービスデザイン推進協議会が全体の統括業務、給付金の振り込み業務をおこない、電通がコールセンターや申請受付業務等の管理、広報等を実施している」

    つまり、実際には「持続化給付金」の事務事業は電通が請け負っている、というのだ。しかも「持続化給付金」の予算案が組み込まれた第一次補正予算案が閣議決定されたのは4月7日、経産省が事務事業の入札の公募をはじめたのが翌8日であるにもかかわらず、サービスデザイン推進協議会が「jizokuka-kyufu.jp」というドメインを取得していたのは、閣議決定の前日、4月6日だったというのである。
    怪しい話はまだある。同法人が設立された際の定款のPDFファイルに着目。なんと、定款のPDFファイルのプロパティを確認すると、その作成者は経産省の情報システム厚生課だったという。実際、この「サービスデザイン推進協議会」は設立されてすぐに経産省から事務委託を受け、その数は「持続化給付金」を含め14件にものぼるというのだが(東京新聞28日付)、同法人がその受託した事業のほぼすべてを電通かパソナ、トランスコスモスのいずれかに再委託していたのではないかと指摘している。〉
    スピーディーに困ってる人に届くのなら、国民も納得するでしょうが、信用できない2人が結託してるから、駄目なんですよねー。
    子供たちは、今の政府がやった理不尽な事(思い付きの一斉休校や、アベノマスクなど……)はちゃんと覚えていますよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月05日 10:16
    持続化給付金については汚職が絡んでるようですが、そんなものはもらう方には関係ない。
    いい加減なだけに個人事業主なら誰でも簡単に給付が受けられます。100万円は大きいですよ。しかもスピーディ。申請から20日間で振り込まれた。振り込みが先で、振り込みの案内は後にきた。振り込み代と葉書代、システム代を考えたら60億円は妥当だと思う。
    民間委託だけあってシステムはよくできている。
    申請と同時にすぐにパスワードが来てマイページができる。役所仕事とは大違いであった。使ってみればこんなによくできているシステムはない。

    給与所得者は対象外だが、日ごろ無視されている零細業者にとってはありがたいものです。
    自分で仕事をしてる人は必ずもらってくださいね。
    景気が良くても一か月間だけは仕事を休んで売り上げを昨年同月比月50パーセント以下にすればよい。しかし嘘はいけませんよ。
    知り合いの芸能人にも教えたら大喜びだった。
    ただし個人で確定申告もしてない人はだめ。
    内職でも仕事をして収入を得ていれば給付対象だ。
    奥さんの内職でも確定申告を奥さんがしていれば給付される。
    今からでも間に合うので修正申告をしてみる手もある。でもパートなどの給与所得は対象外ですよ。あくまでもネット販売などの内職。
    もらえるのは売り上げが昨年の半分以下の月を決めて。その減った売り上げを12倍する。それを昨年の収入から引いた差額がもらえる。ただし上限は100万円。
    例えばネットで自作のアクセサリーを売って毎月10万円の収入を得ていた。ところが4月には2万円しか売れなかった。
    4月は50パーセント以下なので対象になる。
    10×12−2×12=96
    この場合96万円がもらえる。計算が合っていれば減額されることはない。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する