ホーム > mixiユーザー(id:20653861) > mixiユーザーの日記一覧 > 病院の倒産

mixiユーザー(id:20653861)

2019年11月15日11:30

2385 view

病院の倒産

世の中には不思議なことがある。
ガンになって、その治療のために明らかに有害であることが分かっている抗がん治療を受けに病院に行く人が後を絶たない。
抗がん治療でガンを完全に克服した人はほとんどいないことはわかっているのになぜそれを受けるのか。抗がん剤は副作用だらけで、時がたてば結局死に至ることはわかっているのになぜそれを受けるのか。
一種の病院のマジックである。ガンと言う恐怖から、病院に助けを求める。その結果苦しんだ挙句最終的に死を迎える。一時は回復したように思えても結局は容態は急変して死に至る。人はなぜガンで病院に行くのか。一種の集団自殺のようなものだろうか。

散々抗がん剤が有害であることが言われているのに、なぜかその有害性についての研究をする科学者はいない。
それが遂に解明させた人がいる。
抗がん剤は腸内細菌の環境を破壊し、脳に炎症が起こると。人工放射線による被ばくと同じ現象だ。

詳しくはこちら。

https://indeep.jp/chemo-affects-gut-inflammation-and-cognitive-problems/

このような恐ろしいものが何故厚生省は認可しているのか。あきらかな毒で、傷害行為になる。更には殺人罪にもなるのではないか。通常なら医薬品になどなるわけはない。
いずれ裁判が多起こるであろう。厚生省の製薬会社との癒着の結果であることは確かだ。

抗がん剤が違法となると、当然損害賠償が起こってくる。国と病院に対しての損害賠償が起こる。病院で抗がん剤を使って亡くなられた方は全員が対象になる。頭の怪我抜け落ちた人も対象になる。傷害行為であるから。

jこれによりガン治療を行ったすべての病院は倒産するだろう。

間もなく病院がない時代が来るかもしれない。(ただし外科治療は必要なので残るだろう)
そうなると病気になったら自分で治すしかない。しかしこれが本来の医療であることにいずれ気が付くことでしょう。
病気を治すには自己治癒力を使うしかないのである。他人が行うものでは無く、自分自身が 行うことであることなのでっす。ガンは他人には絶対に治せない。自分自身が治すものである。

それゆえ、「家庭でできるガンの治し方」を書いたのである。

これからのガン治療は病院ではなく、いろいろな免疫療法を指導する医療センターがガン患者の行き場となるであろう。


41 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月15日 14:00
    今の抗がん剤って防護服着て防護眼鏡かけて何重もの手袋をして調合するって。
    放射線がでてるから。
    これは知人のおじさんから聞きましたが抗がん剤を打った後の尿は院内ででるまで帰れなかったそうです。私の予想ですがきっと汚染物質が尿に出るからだと思いました。院内処理しないといけないのでしょう。抗がん剤専用看護士さんは毎回手袋は厳重です。
    これだけでもすごいものだと理解できます。もうやだ〜(悲しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月16日 10:19
    抗がん剤を使った患者の尿は放射性廃棄物です。

    患者の体も放射性物質扱いですよ。

    こんなバカげた毒物が治療剤なんて、厚生省はなぜ認可したのか。癒着そのものですよ。その被害を被るのは患者。

    自然放射線を使えば効果は同じで安全そのもの。何故使わないか。
    製薬会社の商売にならないから。
    それと放射性廃棄物の処理のために抗がん剤をつくったのです。
    ガン患者は放射性廃棄物処理場ですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月16日 12:58
    イタリア人医師が発見したガンの新しい治療法
    https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784774518282
    出版社内容情報
    シモンチーニ博士をご存じでしょうか?
    イタリア人の外科医で、腫瘍学博士です。

    彼が発見したガンの治療法は治癒率96%といわれ、
    セルビアやアルゼンチンなどイタリア国外にも広まっています。

    博士は、ガンの発生は真菌と深く関係していることを発見し、
    重曹を用いた治療を行います。

    その治療法を、自分でガンを治すことができる方法として紹介するのが、
    著者の世古口裕司氏です。
    世古口氏は自然治癒療法の専門家として、これまで延べ20万人を診てきました。

    本書は、画期的なガン治療法「重曹殺菌」に加え、
    ガン細胞を消すための生活習慣や心のあり方などをまとめています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月16日 14:14
    放射線がガン細胞を破壊することは既成の事実ではっきりしてます。
    要はそれに危険な人工放射線を使うか、安全な自然放射線を使うかの問題です。

    ガンの仕組みが分かれば簡単に治し方が分かります。
    ガン細胞は正常細胞と違って細胞を構成するタンパク質の炭素構造に違いがあります。正常細胞は炭素が鎖構造です。ところがガン細胞は自然には余り存在しない環状構造〈ベンゼン環)になってます。異常細胞のプリオンです。
    この炭素構造を変化させるのは放射線だけです。
    一般的に環状構造を鎖状構造に変えるのは自然放射線。
    鎖状構造を環状構造に変えるのは人工放射線。しかし人工放射線でも環状構造を破壊することもできるので、ガン治療に使われますが、他の正常細胞が今度はガン細胞になってしまうのです。これが副作用と言われてます。早い話これでは傷害行為になりますね。
    ガンになった原因は、何らかの形で人工放射線を浴びたからです。
    自然界の細胞の炭素構造は鎖状構造。恐竜時代からの恐竜細胞からできたのが石油で環状構造の炭素からできてます。
    この原油にゼオライトなどから出る自然放射線を当てて精製したのがガソリンや灯油です。
    この環状炭素構造を持った石油製品が体内に入ると、細胞に取り込まれてガンになります。この原因となる物質が発がん物質なの位です。
    ここまで分かればガンになるも、治すも理解できるでしょう。

    こんな基本的なガンに関する原理すら医師hが理解してません。そこが問題なのです。頭で考えず、知識だけに頼るからです。知識だけで命の治療をしてはいけません。必ず頭で考えて、理解してから取り組むものです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!