ホーム > mixiユーザー(id:20653861) > mixiユーザーの日記一覧 > 「放射能は安全」という御用学者が次々と被ばくによる影響で亡くなり、放射能の危険性を証明してくれた。

mixiユーザー(id:20653861)

2019年01月09日15:02

5291 view

「放射能は安全」という御用学者が次々と被ばくによる影響で亡くなり、放射能の危険性を証明してくれた。

放射能の危険性を訴える人たちに対してそれを「風評」と言って否定し、「食べて安全」と被ばくを推奨するようなことを言っていたとんでもない御用学者が次々と被ばくによるものとおもわれる病気で亡くなっていく。彼ら自らが、被ばくの恐ろしさを教えてくれているではないか。

ついにあの中川恵一准教授も膀胱がんに 原因は内部被ばくだろう
「私ががんに<1>膀胱の内視鏡画像を見たときのショック」
(中川恵一・日刊ゲンダイ・ヘルスケア 2019/1/5)

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/244822

以下は、抜粋
食べても大丈夫、と言っていた先生ががんになったのではシャレになりません。安全だと繰り返していた長瀧重信教授も被ばくが原因と疑われる胸部動脈瘤破裂で死去。御用学者の言うことを信じるとどうなるか、自らの体で証明してくれているわけです。

47 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月09日 15:14
    もう東京には住めない。
    でもたくさんの人が今日も東京に住んでいる。
    いくら注意しても「私はいたって健康。なんでもないよ」と言いながらニニギの友人は何人死んでいったのか。たくさんの人が被ばくによって死んでいっても、自分の中のフィルターを(先入観)かければ、それが全く見えなくなるのが人間というもの。恐ろしいことだ。
    「みんなで住めば怖くない」と思っているのだろう。みんなで被ばくすればみんなで死んでいくだけだ。

    かつては「玄米の発酵液を吸えば放射能は大丈夫」などと根拠のないことを言ってる人がいたが、やはりセシウム被ばくによると思われる心臓発作で亡くなっていた。当たり前だ。放射能から逃れることなどできるわけはない。自分の命は放射線によってできているのであるから。放射線を取り除いたら死んでしまう。

    遺伝子を決めるのも放射線。遺伝子を壊すのも放射線だ。放射線しか遺伝子はいじれない。この放射線こそ神と呼ばれているものだ。使い方によっていくらでも悪魔になれる。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月09日 15:18
    今年中に日本政府は無くなり、日本は崩壊する。
    そして遅ればせながら放射能汚染対策が始まり、関東に避難勧告が出される。
    これはもう避けようのない事実だ。

    何故避難しないのだろう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月09日 15:23
    andyさんにお願いしてある、今後の世界の改革スケジュールから目を離さないでくださいね。
    きょう、明日中にアメリカで戒厳令がだされて、そのまま世界はNESARAとなる。
    銀行封鎖も秒読みに入っている。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月09日 18:20
    充分、理解していると思うけど〜〜。 参考になれば〜〜。 http://mixi.jp/home.pl#!/diary/15834251/1969912387
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月09日 19:12
    ☆市民の被曝線量、3分の1に過小評価 東大名誉教授論文
    https://www.asahi.com/articles/ASM176JM5M17ULBJ00Y.html?iref=comtop_8_04

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月10日 06:19
    2013年以来の、安倍の無茶苦茶ぶりも、日本は放射能で終了するということを事前にわかっていて、どうせ終わるなら、最後くらいは派手にやろう、という事でしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月10日 11:21
    > mixiユーザー 

    情報ありがとうございます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月10日 23:38
    パニック障害というのは、
    放射能が原因として多い病気の1つでしょうかね?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月11日 12:38
    > mixiユーザー 

    パニック障害にはいろいろあります。原因が分からないで突然起こるものを総称してます。
    原因が分からないということは今の医学が無知な放射線生理学です。
    以前心臓のパニック障害の人がいましたが、彼は工場で放射線照射による紙の検査を担当。何の防護も無く、具合が悪くなると退職。今まで担当していた人たちは全員が亡くなっていたと聞いてがっくり。頑張ったが労災も認められず。大手企業でやたら賃金がいいのは注意するべし。2年契約などが怪しい。

    放射線によって心筋が遺伝子異常を起こす。
    今回はニニギ石で対応して完治した。
    ほとんどの人が放射線の作用を知らず、原因不明で死んでいく。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月11日 14:24
    二二ギさん、ご回答ありがとうございます。

    一般的に言われる典型的なパターンのパニック障害というものもありますよね?
    そんなのはやはり放射能と強い関連があるということでしょうか?

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月11日 15:28
    あると思いますよ。

    過去にはなかったのですから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月12日 11:11
    実は具定例を挙げると、
    とある同じ芸能事務所の若手タレント2人が11月12月と立て続けにパニック障害で
    活動休止に入ったのですが、
    これはもうやはり放射能被害である可能性が濃厚でしょうかね?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月13日 08:37
    > mixiユーザー 

    初めまして。
    横やり入れて失礼しますが、僕も若い芸能人の体調不良ニュースを読んでいて、パニック障害も高い確率で有害な放射能障害が影響している可能性が濃厚だと見なければならないと想像したり思ったりします。以前、ニニギさんがコメントでも伝えて下さった様に、パニック障害の方々の身体へ直接インスペクター[+]を当て測定し放射化したかを観れば、放射能障害かどうか、およその見当がつくのではないかと思います。ニニギさんの様に放射能障害から救おうとする知識・才能のある方々との御縁が必要か、もしくはパニック障害の芸能人自身が、有害な放射能汚染による身体障害や精神障害が放射能汚染から強い影響を受けてきた事を運良く情報を得て自覚しているなら自分自身でインスペクター[+]を購入して身体測定する流れで救われるきっかけが掴めるかもしれません。…現状は有害な放射能汚染で身体が放射化したかどうかを判別するのはインスペクター[+]しかないようですが、如何でしょうか?…有害な放射能汚染で身体が放射化しない様にする避難行動や予防行動が、より大事だとは思いますが。 因みに関連性ある話として日本が、バブル経済の頃に発生してしまったチェルノブイリ原発事故後しばらくしてウクライナ等からの汚染小麦粉をそれと気付かず日本が国内輸入した事によるチェルノブイリパスタを食べていた闇の話には、今でも気付いてない日本人または日本在住外国籍人が多いと思いますが、この汚染小麦粉パスタを日常たびたび食べてても運良く生き延び結婚して子供を産み育て、その子供が成長しても、遺伝子異常は潜在的にも十分に存在していて厚労省指定の様々な難病奇病に罹患している若い日本人が不特定多数いらっしゃると僕は想像しています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月13日 14:45
    パニック障害とは病名が分からず、原因もわからない病気の総称のようですね。

    今までになかったことですので放射線を疑うのが当然でしょう。
    人の体にインスペクターを当てるのはどうかと思いますよ。
    0,23μsv/h以上を測定すると(ほとんどの人がそう)人体に有害な「放射性廃棄物」ということになりますので、失礼かと思います。

    ちなみに茨木県の日立市に住んでる方で、お腹が0,3μsv/hを測定した方はその後一か月で亡くなりました。飲んでた水道水が0,3μsv/hもありましたので。

    関東の人は血液が被ばくして光っているというほどひどい情況です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!