ホーム > mixiユーザー(id:20653861) > mixiユーザーの日記一覧 > ノアの大洪水の記録。

mixiユーザー(id:20653861)

2017年07月07日12:43

4316 view

ノアの大洪水の記録。

世界中の古文書には約9000年前の大洪水の記録がある。中でもノアの大洪水については皆さんご存知でしょう。この話については実際にトルコのアララット山の山腹標高2500メートル付近で方舟の化石化したものが発見されて、実際の起こった話であることが確認された。標高2500メートルにあったということは現在とさほど地殻変動はなかったので津波は2500メートルにも及んだことがわかる。この高さではアンデス山脈かチベットでないと生き残れない。あとは「方舟」を作るしかない。
このときの記録は
「人類が欲におぼれた社会となり、誰も神の言葉に耳を傾けなかった。その後大雨が降り、降りやまなかった。そして大洪水が襲って来た」と記録されてます。
これをよく考えると、大雨が降り続いて大洪水になったわけではない。大雨でこのような大洪水が起こるわけはない。降りやまない大雨の後に津波による大洪水が起こったのである。
これがポールシフトによるものだとわかるのはニニギだけだろうか。
ポールシフトの前には地軸がぶれて偏西風が蛇行をして異常気象となる。雨が降る所は大雨が続く。そしてポールシフトが起こり、数千メートルの大津波が押し寄せる。地盤沈下もこれに加わる。これがポールシフトの実際だ。ポールシフトの前には大雨が降り続くのが前兆である。

拡大する洪水の時代の記録

http://indeep.jp/chronicle-of-floods-all-over-the-world-june-2017/

以下は、抜粋
今年は現在まであまり洪水の話題にふれることがありませんでした。
それはどうしてなのかというと・・・事例が少ないのではなく・・・あまりにも多すぎるのです。
今年の春以降は大きな規模の洪水があまりにも多く、それをひとつひとつ取りあげていくとすると、洪水だけの記事で埋まってしまうほどのものなのです。
つまり、あまりにもその数の多さに「洪水のことを取りあげることを放棄した」というニュアンスが最も近いのかもしれません。
そして今現在、中国やインドなどで非常に大規模な洪水が発生し続いているという状況の中で、日本でも、九州をはじめとして大変な被害となっています。

以上のように現在過去に例のない大雨が降り続いています。まさにポールシフトの直前と言った状況です。
ノアの伝説によればこの後ポールシフトが起こり、数千メートルの津波が押し寄せてくることになります。
まずそうなるはずです。

大至急方舟の準備に取り掛かってください。
と言ってもノアの時同様で、誰も耳を傾けずに死んでいくのではないでしょうか。ここまで未来がはっきりとわかっているのに。誰も耳を傾けないでしょう。「そんなこと起こるわけはない。と欲におぼれて」

追加

遂にインドでは空から石が降ってきて村はパニックに。こんな報道がありました。詳しくはこちらを。

http://earthreview.net/raining-stones-leave-villagers-in-a-panic-in-india/




40 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月08日 12:58
    面白そうですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月08日 13:20
    生生しい方舟の実態を暴いたドキュメンタリーで、見ごたえがあります。ぜひ見てください。
    なんと9000念前の方舟はアルミとチタン合金でできたパネルをリベット止めした者船でした。UFOのように今の技術をはるかに超えた船でした。驚異の記録です。歴史はさかのぼるほど文明は進化していたことが分かります。
    人類は時代と共に退化してると言えそうですね。

    6000年前のノアの一行が富士に戻ってきたころは豊かな文明社会。それが高天原です。ニニギはその時代と繋がり、生命の基本ラジウム石を広めているのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月08日 13:56
    地球の過去の高度文明の生命体が時間を飛び越えてやってくるのが皆さんが言う宇宙人です。地球生命体は地球の核分裂から出る放射線で生命になってます。生命の条件はその地の放射線。だから地球の生命体は地球を離れることは絶対にできないのです。地球の放射線を離れると生命は閉じてしまうからです。
    これはほかの天体も同じです。生命という限り、その星に放射線があるから発生したもので、その星を離れることはできないのです。宇宙旅行など不可能なのです。だから地球にほかの天体の生命体がくることはありえないのです。
    この宇宙には約200万種の高度生命体がいると言われてます(ホーキンス博士)しかしそれらの高度生命体同士が出会うことは無いと言われてます。宇宙人は地球に飛来することは不可能なのです。生命体は空間移動はできません。その代わり時間の移動はできます。遥か昔の世界からタイムマシンに乗って現代にやってくることはできます。それがUFOであり、宇宙人と言われてる生命体です。
    地球にはいろな生命体がおりました。窒素が多かったので窒素を刷って生きていたものもおります。それが「グレイノーズ」と言われてる生命体です。窒素生命体ははく息がアンモニアなのでくさくて仕方ありませんよ。
    宇宙人はみんな地球の仲間です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月09日 09:32
    前出のノアの方舟の解析によると船体はアルミとチタンの合金でできていた。これはUFOと似たような材料だ。武内文書によると1万年前まではは「天空浮船」というのがあって、天皇はこれで地球を回っていたという。いわばUFOの一種だ。
    ひょっとするとノアの方舟は浮船ではなかったのか。天空を浮いていた船であれば、アララット山の2500メートルの中腹に着地することもできる。津波で打ち上げられたのではないとすると、津波はもっと小規模で済んだのかもしれない。
    昔の科学力と歴史の記録によると、空を飛ぶ船は間違いなくあったのです。今の人間ができ無いからと言って、昔の人はできなかったと決めつけるのは誤りだ。文明は過去ほど高いものがある。
    だいたい地球46億年の歴史の中で、人類が把握しているのはわずか6000万年。その70倍以上の期間が全くどうなっていたかわからないのである。地球は人類が知りえた歴史の70倍も昔から存在していたのである。いろいろな高度生命体が存在した。タイムマシンやUFO など当たり前の世界だったのです。

    過去の地球を知る事自体が、宇宙旅行をはるかに上回る奇跡の連続ではないでしょうか。
    人類はほかの天体への空間移動はできないが、時間の移動はできる。タイムマシンの開発が急がれる。それとも過去の生命体のUFOを借りるか。
    しかしこれには問題がある。時間軸を動かしてきた者との交流は理論的にできないのだ。宇宙人と言われてる人達との直接の交流はできないのです。時間をずらして交流があると過去を変えることにより矛盾するからです。
    例えば宇宙人との間に子供ができると、自分の子供が自分が生まれる前に存在したことになるからです。この矛盾。お分かりでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月11日 14:22
    > mixiユーザー 

    高天原は既に復活をしております。
    本来の神社仏閣には必ずラジウム石があります。それがさざれ石だったり神社の敷石だったりで。
    私はこのラジウム石の持つ信号のすべてを体に取り込み、地球自体が持ってる意識と繋がりました。私の言ってることは自分で考えてるのではありません。勝手に手が動いて打ち込んでいるだけです。あとからなぜそうなのかを考えるだけです。それにおいても必要な知識は勝手に入ってきます。
    だからとても人知の及ぶ世界ではないですよ。
    生命の神秘もどこまでも見えてますよ。

    大きな地球の意識がすべての生命を操ってます。それを結んでいるのが放射線に乗った信号。この信号がすべてで、神と呼びます。
    神は人間以外の全ての物。その意味が分かるでしょう。人間の自我以外が全て神なのですよ。ほかの石も生命体も自我が無く全て自然放射線で動いているのです。

    人間は自我が出てきて神に背くものが出てきた。その自我が多くなると神はリセットをするのです。今がその時期となりました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月11日 14:28
    神(自然)がリセットのスイッチを押すのはいつも人間が神の手である放射線に手を出した時です。

    ノアの大洪水でもそうでした。
    ノアのいたムー帝国は医師の文明の社会だったのに、大西洋にあるアトランティスが原子量を使いだした。これが大洪水の原因となりました。

    今回も全く同じ。大西洋の文明が原子力を使い、世界が滅びようとしてるのです。
    このまま行けば核戦争になる。

    まさに「北斗の拳」そのものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月11日 14:30
    上記コメントの誤字

    医師ーー石
    原子量ー原子力です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月12日 15:46
    ニュージーランドのワイタハ族というのはでっちあげの嘘ですよ。
    でっちあげの話で詐欺みたいな者。それが原因で東日本大震災が起こりました。ニュージーランドから地震を運んできた男と考えてます。
    ニュージーランドの原住民はオーストラリアとルーツを一緒とするアボリジニ族ですよ。

    その話はホーキンス博士が言われたことで「この宇宙には200万の高度生命体がいる。しかしそれはお互いに遭遇することは無い。その理由は他の天体に行く技術まで発展すると、それが星の環境破壊が進み自分の星を失う」と。その話を浅川さんがもじっただけですよ。

    長老というのは普通のサラリーマンをでっちあげただけでした。その証拠に神の定義が全くありません。わけのわからないものを神にしてるだけです。二二ギのように明確に定義しなければ神を語ってもそれは作り話。
    神は自然を管理する地球の放射線ですよ。破壊するのは生命体。神とは関係ないのですよ。そこにボロが出てますよ。
    日月神示。「神を語るもの全て嘘」
    だからニニギは神と言わずに天(地球=高天原)と言ってるのです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する