ホーム > mixiユーザー(id:20653861) > mixiユーザーの日記一覧 > 放射能汚染土を公園の造成に使用を検討。(環境省)

mixiユーザー(id:20653861)

2017年03月26日11:36

2793 view

放射能汚染土を公園の造成に使用を検討。(環境省)

福島第一原発事故により飛び散った放射性物質を含む汚染土をその処理に困り防潮堤に使っているが今度は公園の造成に使おうと環境庁が検討している。
ニュースはこちら。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000003-mai-soci

とんでもない環境破壊だ。放射性物質はベンゼンなどの有害物質とは次元が違う。次々と核分裂をし、数千年と有害な放射線を出し続ける。決して弱まることは無い。
ただですら被爆者を大量に出しているにも関わらずさらに汚染を拡散しようとする行為は地球に対する環境破壊で決して許されるものではない。放射能は絶対に弱まることは無い。数万年かけて最後の気体のラドンになって消滅するまで放射線は出し続けるのだ。
しかも拡散された放射性物質が食物に入り、それによる体内被曝はいかに少量でもその被曝線量は高く、一度口にすれば必ず命に係わる遺伝子異常が起こりいずれ死亡する。数十年もかかるからとこの「必ずなる」ことを無視するわけにはいかない。
原発事故は一度起きたらおしまいだ。絶対に手が付けられない。あと処理ができないのである。それもそのはず、人の生命を支えるために存在してる放射線を、人工に加工して細胞がおかしくならないわけはない。しかも放射線は命を支えているのでそれは絶対になくせないようになっている。なくせばその場で命が無くなるからである。これを絶対に忘れてはならない。

そのあってはならない人工放射線を拡散させるなど大犯罪である。結果的に殺人行為になるのだ。とても許されるものではない。
それが企業の都合で行おうとしてる。
このような愚かな国の行動に天罰下る日も近いであろう。

被曝だけはしないように。死んだ方がましの痛みに襲われる。今の自殺者の最大原因になっている。被曝の苦しみから逃れるためには死んだ方がましと考えてしまったのだろう。

今なぜそのようなことを推進するのか。早く放り出して安全な場所に逃げるべきです。その安全な場所すら汚染しようという行為は許されない。いずれ避難せざるを得ない時は必ず来ます。
41 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月26日 12:30
    知り合いの娘さんが、脳梗塞で倒れ、緊急手術のあと自発呼吸できなくなり、意識不明のまま1か月が過ぎたと電話がありました。9歳になったばかりだそうです。ニニギ石を頭と心臓の近くに置くように言いました。(2月22日に倒れたというのでニニギ石しかない!と思いました。関係ないかな?)
    こんな世の中じゃどこに住んでいてもこのようなことが普通におきてしまいますね・・どうしたらいいのでしょうか。ショックを受けています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月26日 14:35
    早く今の政権の息の根を止めなければ!パンチ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月26日 16:21
    > mixiユーザー 

    ニニギ石で行きましょう。できるだけ脳に近づけてください。

    脳死状態でも回復した例があります。最後まであきらめずに生命維持装置は外さないでください。
    実際に生命維持装置を外そうとしたら暴れだして助かった人もおりますので。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月26日 16:22
    > mixiユーザー 

    来週中に結論は出ますよ。
    本来ならば24日に衆院解散予定だったようですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月27日 01:05
    > mixiユーザー 
    ありがとうございます。
    伝えます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月27日 10:08
    ヨガクラスの先生が友達の娘(20代)が脳梗塞で倒れて半身不随になっていると先週言われていました。ニニギさんに母のことで何度か直接ご相談させてもらいましたが、昨年末に亡くなりました。その節はお世話になりました。母はニニギさんのセミナーにも参加させてもらい、姫川薬石、北投石ネックレス、ブレスレット、ラジウム50000、ラジウムパウダーなど使いましたが間に合いませんでした。ただ首にボコボコと出て来ていたガンはラジウム石のパウダーをクレイパックにして貼っていたら2日くらいで消えたので希望をもってお腹などにもパックしまくりましたが、だめでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月27日 14:24
    最近若い人の脳梗塞が急増してますね。
    以前はありえないことで、明らかにストロンチウムによる被曝症状です。
    日ごろ口にする牛乳や魚がその原因と考えられます。ストロンチウムはカルシウムと全く同じなのでカルシウムを含む食品に紛れ込んでいるのです。注意してください。ストロンチウムはカルシウムと同じで脳や骨に蓄積されます。
    一度入るとその排出には苦労します。食べないことが重要です。特に乳製品は絶対に食べてはいけません。ヨーグルトなどは最悪です。乳製品はほとんどが汚染牛乳が使われており、ヨーグルトなどはその有害な放射線を積極的に体に伝えるのです。本来なら体に良い自然放射線を伝える役割なのですが、人工放射線に汚染された世界では逆に被曝を促進させてしまうのです。
    ストロンチウムの排出には安全なカルシウムかストロンチウム錠剤を飲んでください。
    体に放射性物質を入れたままにしていると、いくらラジウム石で対策をしても無駄になってしまいます。体に入った放射性物資値は本来なら体に重要なミネラルと同じなのでなかなか手放しません。摂取しないことです。
    最近発酵菌が放射能を取り除くという風評が流行っており、放射線量が下がったとインチキ実験をしてる場合があります。放射線と言うものは自然核分裂で生じるもので制御することは不可能です。それは放射線の存在で生命活動が行われているのでそれが制限できたら生命が危険だからです。放射線を取り除くということは生命を無くすということになります。
    測定値でもって放射線が下がったというのは愚の骨頂。放射線は電磁波と同じで波動です。違う波動を合わせると必ず干渉が起こります。二つの波を重ねると弱くなったり強くなったりします。当然半分になったらそのあとに1,5倍に必ずなるのです。時間経過を見れば一目瞭然。これで放射線が下がったということ自体がバカげたことだということです。当然二つの放射線は存在しており被曝に対しては全く変化しません。波の干渉ということが全く理解できない幼稚な考えと言えましょう。以前汚染地にゼオライト(放射性物質)をまけば線量が減ると言って畑にまいてた人がおりました。セシウム、ゼオライトともに植物にとっては成長促進をします。しかしできた野菜は人工放射線で汚染されたものになります。セシウムだけを積極的に取り入れて汚染野菜ができるのです。だから風評なのです。相手にしないように。こんなことを理解しないで大腸がんで亡くなった方が身近におりますので。
    放射能は絶対になくせない。という基本原理を理解しましょう。
    人の生命は放射線によって支えられております。それを無くすということは殺人行為なのです。もしなくせたとしたら。
    実験で確認をしたいのであれば人工放射線で汚染されたものにラジウム石を近づけて測定をしてください。位相のずれからマイナスに働くとほとんど線量はゼロに。時間の経過とともにプラスになれば線量が急増します。通常の変化の変化量が増えるだけです。各々から出る放射線は全く変わっていないことがわかるでしょう。平均値をとればいいのです。長い目で。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する