mixiユーザー(id:20649087)

日記一覧

柳生一族の居城跡を見終えて急坂の山を下りようとしたら、「一刀石」との道案内が目に留まった。道を進むと、武蔵が通ったと想像できそうな檜の森だ。 食事を摂った十兵衛食堂に置いてあったパンフレットに書いてあったのを思い出す。柳生の剣聖達が修行した

続きを読む

円成寺を出た私たちは柳生の里を目ざした。まもなく少し勾配のある県道を曲がりくねりしながら下って行くと、川の見える低地を、いくつかの集落を過ぎて、柳生の里に到着した。今では奈良市柳生町だが、石舟斎、宗矩、十兵衛の時代は将軍家兵法指南として柳生

続きを読む

過日日記冒頭に二十四節気「芒種」について書いたのは6月の初旬。以来、「夏至」「小暑」「大暑」と時は何も告げずにただ過ぎゆく。いま又月を越せばすぐ「立秋」がやって来る。今年はコロナ禍、オリンピック延期、7月豪雨、長い梅雨の年として記憶に残るのだ

続きを読む

写真:城山近くの道端で見かけた野草の花ドイツの川と言えばライン川が先ず思い浮かぶだろう。私にしても、最初に踏んだ土地はデュッセルドルフであるし、その日のうちに入った宿も、当時の会社の事務所もライン川沿いにあったのだ。その後仕事で何度も通った

続きを読む

夢想のつづき、メコン川からジャンプしてやって来たドナウ河畔。源流から始め、最も美しいと自称のブダペストの次は、最も愛して已まないPassau/パッサウのドナウについて思い浮かべることにする。パッサウはドイツとオーストリアの国境の町、Googleマップで

続きを読む

湯郷温泉と言ってもピンと来る人は少ないかもしれない。サッカーファンならなでしこリーグのチームのある町でもある。私は若いころ帰省は中国道で、高速からも簡単に行ける岡山県北の三名湯の一つと認識していた。今回の宿は、一階に浴場、食事処があり、共に

続きを読む

コロナ騒ぎも半年になる今週、久しぶりに温泉旅に出かけた。世界では欧米がやや静かになる中、ブラジルのトランプさんが感染したりインドやメルボルン、足元では鹿児島でもクラスター発生。東京、大阪も第二波のような気配も感じられる。5月の連休明けから温

続きを読む

2012年のことを夢想し、ブダペストのドナウについて書いている。あの年は初めての教職を1年経験し、結局青島の学校の給与不払いで帰国を余儀なくされたが、どちらかというと充実感の方が強く、しばしの休息の後、次の職探しにドイツへでかけたわけである。残

続きを読む

写真:王宮の内側から見える国会議事堂「美しき青きドナウ」はワルツ王・ヨハン シュトラウスの曲と共に今でも多くの人々の脳裏に浮かぶ。シュトラウスは敗戦に打ちひしがれた国民に慰めと勇気を与える歌を作るに際し、ウイーン子の魂の故郷ドナウを思い出さ

続きを読む