mixiユーザー(id:206487)

2019年12月07日18:30

13 view

「幸福路のチー」11月30日より京都シネマ、順次1月テアトル梅田ほか

「幸福路のチー」
11月30日より京都シネマ、順次1月テアトル梅田ほか
今はアメリカで生活しているチーは、長らく帰っていなかった
故郷の幸福路へ戻ってきた。幸福路は台北郊外の小さな町。
チーは大好きだった祖母の死の知らせを聞き弔いのため帰省したのだ。
故郷は若い頃の記憶とはずいぶん変わっていた。
汚かった運河は整備され、自然豊かな景色には高層ビルが立ち並んでいる。
幼かったころからの友人に再会し、あの懐かしい思い出が
鮮やかに頭の中に蘇える。空想が好きで、毎日が驚きに満ち溢れていた日々。
金髪の子チャン・ベティと親友になった日。近所の悪ガキ。ガッチャマンごっこ。
両親の期待に潰されそうになりながら受験。学生運動。民主化への時代の流れ。
就職。別離。アメリカへの渡航、トニーとの出会い、結婚。
その人生の一つ一つの出来事を支え見守ってくれる家族。
いつも味方になってくれ祖母。
そして今、幸福路に立つチーは新たな人生のための決断を下す。
それは、
ある女性の生き様を通して、1970年から現代までの台湾の近代史をみずみずしく
語る感動のアニメーション作品。
そして、そこに生きる人間の家庭のやさしさや苦しさを素直に見せてくれる。
私は、台湾に行ったことはないが、親や祖母、友人、近所の人たちとの関わり、
学校で居こごちの悪さ、孤独感、冒険に満ちた遊びや空想の楽しさなどなど、
自分の幼少期の思い出と重なり最初から最後まで涙が途絶えなかった。
懐かしい、やさしい気持ちになれる作品だ。
監督はソン・シンイン、声の出演は「言えない秘密」の グイ・ルンメイ。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031