ホーム > mixiユーザー(id:206487) > mixiユーザーの日記一覧 > 「ロケットマン」8月23日より公開

mixiユーザー(id:206487)

2019年08月05日18:05

7 view

「ロケットマン」8月23日より公開

「ロケットマン」8月23日より公開
グラミー賞を5度も受賞した、イギリス生まれの世界的ミュージシャン、
エルトン・ジョンの半生を描く自伝的ミュージカル映画。
主演は「キングスマン」シリーズのタロン・エガ−トン
「ボヘミアン・ラプソディ」のデクスター・フレッチャーが
監督を務める。
イギリス郊外の町で生まれた少年レジナルド・ドワイト(レジー)は
両親の愛を得られずに不遇な環境に育った。
父親は神経質で激情型、レジーがコレクションの
レコードを触っただけできつく怒られた。
ある日、ラジオでたまたま聞いた音楽を耳コピー
ピアノで再現してみせたレジー。
彼には絶対音感があったのだ。理解者のおばのおかげで
一流音楽大学に行くが、飽き足らず、やがてロックに傾倒し、
ミュージシャンを目指す。場末のバーで歌う日々。周りは注目しない。
才能には恵まれていたのにチャンスは無かった。
ある日売れない作詞家バーニー・トーピンと出会い、
作った曲をレコード会社に売り込みに行く。
苦労を重ね念願の初シングル、名前がダサいというので、
その場で「エルトン・ジョン」と改名し、別神格として
音楽活動を始める。素晴らしい音楽性と奇抜なキャラの
エルトン・ジョンは観客の心を掴み、信じられないスピードで
トップ・アーティストの階段を駆け上る。
だが……、
「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」や「ロケット・マン」など
大ヒット曲とともにミュージカル仕立てでドラマを描いていく。
歌って踊る、エンタテインメントだが、エルトン自身の
影の苦しみの部分もフィーチャーしていて鋭く描けている。
死の淵に立ちながらもがき苦しむ私生活と
何万人の前に立つドハデで愛され続ける音楽家。
まさに光と影。
エルトン役のタロン・エガートンは訓練し、
吹き替えなしで歌唱シーンもこなした。
少年時代の子役もまた素晴らしい。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年08月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031