mixiユーザー(id:206487)

2018年12月05日10:53

75 view

「あまねき旋律(しらべ)」京都出町座にて公開中。

「あまねき旋律(しらべ)」京都出町座にて公開中

生きることと働くことに直結して歌うことがある村がある。
ここはインド東北部のナガランド州に広がる美しい棚田。
緑豊かだが、急な斜面に作られた棚田では苗木植え、穀物の収穫と
村人たちが真面目に働いている。そして必ず聞こえてくる歌歌。
作業の間はいつも歌を歌う。男も女も。
1人が歌い始めると、1人また1人と歌い始める。
山のあっちとこっちで女性と男性が歌っている。
愛も、喜びも悲しみも生活のすべてを歌で表現しているのだ。
農作業の最中一緒になって掛け合いながら歌われる
『リ』と呼ばれる歌は、大自然の山々に響いてゆく。
人間の営みを描いた素朴なドキュメンタリー作品。
監督は、インド南部の映像作家アヌシュカ・ミーナークシとイーシュワル・シュリクマール。
山形国際ドキュメンタリー映画祭2017で奨励賞と日本映画監督協会賞をダブル受賞した。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年12月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031