mixiユーザー(id:206487)

2018年07月03日18:11

40 view

『ガザの美容室』6/30よりテアトル梅田ほか公開中


パレスチナ自治区のガザで"戦争という日常"を
生きる女性たちの姿を綴ったドラマ。
クリスティンはガザの真ん中で美容院を経営している。
そこへは婚約の義のまえにおめかしする母娘、
ヒジャブを被った信仰にすがる女、離婚経験調停中の主婦、
シャブ中の夫を持つ妻、自己中のおばさん、出産間近の妊婦……、
スタッフ合わせて13人もの女性がたむろしていた。
化粧の事、ダンナの悪口、身の上話、四方山話、くだらない政見放送、
時々の停電、外では男たちが言い争ったり不穏な空気など
それもいつもの午後の風景。
通りの向こうで銃が発砲され、またいつものあれと思っていると
本格的な銃撃戦が始まり、美容室の面々はは戦火の中に取り残される……。
緊迫する状況、電気は止まったまま、部屋は暑く、
つわりの女性は今にも生まれそう。
髪の毛を掴んだ喧嘩も始まる。極限状態。
この緊迫感はいつ終わるのだろう。
たわいもない女性の会話を積み重ね、
やがてものすごい緊迫したドラマになってゆく。
キャラクターがそれぞれうまく仕上がって居る。
監督は本当にパレスチナ自治区ガザで生まれ育った
双子のタルザン&アラブ・ナサール。
ヘンリー・フォンダ の「十二人の怒れる男(1957)」を思い出した。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年07月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031