ホーム > mixiユーザー(id:206487) > mixiユーザーの日記一覧 >  「サブカル」m118b『ゴースト・イン・ザ・シェル』解説付き予告編

mixiユーザー(id:206487)

2017年04月02日11:55

82 view

「サブカル」m118b『ゴースト・イン・ザ・シェル』解説付き予告編

●緊急配信! あと5分で開始本日 12:00 - 12:04 放送予定
「サブカル」m118b『ゴースト・イン・ザ・シェル』解説付き予告編
https://freshlive.tv/subcult/101537
解説 浅尾典彦(夢人塔)
配給 東和ピクチャーズ
4月7日より全国公開
(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
番組制作・著作
(C)2017夢人塔
0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年04月05日 20:25
    先日、ダウンタウンの松本氏が言っていた事がすごく“もっともだ!!”と思え、気になっています。
    曰く、『漫画で面白いものを無理に動画にする必要がどこにある?』です。

    同じく『アニメで面白いものを実写にする必要が、、以下同文』

    そう、この作品は両方をやってしまっているのです。

    さらに私の考えですが、昭和に作られた『エイトマン』の優れた理由は、サイボーグ化された主人公の“悲哀”を描かず、アクションに徹することで、視聴者がそれを想像することで完結するスタイルにしたことで成功した。 と言う批評を読んで感心したことを思い出します。

    甲殻でも、原作は割とアッケラカンとしてテンポの良いサイボーグストーリーとして描いています。
    そしてラストでは脳+機会体ならではのアッと言う結末を描いています。

    ところが、押井アニメでは、これでもか?と悲哀を前面に出しています。
    そして原作のラストはありません。
    総体として原作をはるかに下回っていると思います。

    さて、さらに実写化、、、どうなることでしょうか?  ∞

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年04月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30