ホーム > mixiユーザー(id:206487) > mixiユーザーの日記一覧 > 「マジック・イン・ムーンライト」

mixiユーザー(id:206487)

2015年04月08日16:28

65 view

「マジック・イン・ムーンライト」

一年に一本の制作ペースを守り続けている巨匠映画監督
ウッディ・アレンの最新作。
 1920年代の南フランスのリゾート地を舞台に、
本物の降霊会を続ける美人占い師と、
詐欺とみてタネを見破ろうとする天才魔術師が織りなす、
ロマンテック・コメディ。
 主演は「英国王のスピーチ」のコリン・ファース、
「アメイジング・スパイダーマン」のエマ・ストーン、
「ミスティック・リバー」のマーシャ・ゲイ・ハーデン、
「ザ・フューチャー」のハミッシュ・リンクレイターほか。

 英国人マジシャンのスタンリーは、悲観主義者で毒舌家だったが
マジックの腕前は天才的で大人気を博していた。
その日も、中国人に扮装し、胴切りや動物の消失などの
華麗なイリュージョンで 観客から喝采を浴びていた。
 控室に戻ると古い友人ハワードがやってきて、
コート・ダジュールのとある大富豪が
アメリカ人女占い師ソフィに入れあげているという。
「真偽のほどを是非見抜いてほしい」と頼まれ、
魔法や超能力をすべてペテンと考えるスタンリーは、
詐欺を証明するために、イギリスの彼女との旅行をすっぽかして、
早速、南フランスへと飛んだ。
 豪邸で対面したソフィは美しく若い女性で、正体を隠したスタンリーに
「東洋のイメージが浮かぶ」など驚くべき透視能力を発揮した。
母親と身近なものしか知りえない思い出までも言い当てられて、
スタンリーはすっかりまいってしまう。
騙されまいとするマジシャンと、他人の心を見透かす占い師との
駆け引きは次第に加速していくが、同時にチャーミングなソフィに
魅了されてゆくスタンリーだったのだが…。

ニース、カンヌ、アンティーブ、マルセイユなど
プロヴィンス地方の暖かい風が吹く南フランスの高級リゾートが舞台の
しゃれたセンスの映画だ。
1920年代のアール・デコとウッデイ・アレンらしい
気のきいた演出が小気味いい。

監督・脚本 ウッディ・アレン
製作総指揮 ロナルド・L・シェ
撮影 ダリウス・コンジ
美術 アン・セイベル
衣装 ソニア・グランデ
編集 アリサ・レプセルター
出演 アイリーン・アトキンス コリン・ファース  マーシャ・ゲイ・ハーデン
ハミッシュ・リンクレイター サイモン・マクバーニー エマ・ストーン
ジャッキー・ウィーバー エリカ・リーセン キャサリン・マコーマック
ジェレミー・シャモス

4月11日より恋の魔術をひそやかに公開
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2015年04月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930