ホーム > mixiユーザー(id:206350) > mixiユーザーの日記一覧 > お祓い山行へ

mixiユーザー(id:206350)

2020年01月08日13:29

4 view

お祓い山行へ

前の日記に書いたように昨年の御神籤は「凶」でした。
それによるものか、最後の最後にひいてしまった風邪…

とりあえずヤクによって高熱は治まっており、悪寒も無い為、12/31は千葉の山歩きに出掛けました。

「凶」を祓う為…と言いたいところですが、実は前から決まっていた予定で、場所は君津市と鴨川市境界の香木原峠周辺です。

概ねの予定は奥米林道から柚の木林道分岐辺りをスタートとし、柚の木林道の北側となる長野田山を歩き、長野田番所跡付近に下山。
尾根道から香木原峠に出て、新道(新と言っても廃道)から太田学(おだがく)集落まで下り、東側の尾根道となる旧道(もちろん廃道)で香木原峠まで戻り、北側のゴルフ場近くを回って小町峰峠を抜けて柚の木林道に戻る…
というのを考えていました。
フォト

とは言え、これはあくまでも理想であり予定です。
山中の現状はかいもく不明で、鹿野山があれだけ荒れている事を考えれば、どこがどれだけ荒れているか予想も出来ません。
まともに歩けないのが当然と思っていた方が良いでしょう。

三島湖から奥米林道を進みます。
狭いとは言え、ちゃんと舗装されている林道です。

台風からかなり経ちますが、林道には崩落物が残っていました。

このまま安房高山近くまで行こうと思えば間も無く通行止。
フォト

三島湖辺りは住人も釣り人もいますが、この辺りは数少ないハイカーや林道好きの単車などくらいしか利用しない、交通という意味では西隣のR410が有る為、こちらは無くてもあまり困らない…
復旧作業の優先度が低いのも無理は有りません。

なんにしてもこの先からのアプローチは断念して、旧R410側から入ろうと思えばこれもダメ。

仕方無く、後半に予定していた鴨川市太田学へ回りました。
この途中に鴨川市の清掃センターが有るので、少なくともそこまでは道がしっかりしている筈!と思ったのです。
フォト

予想とおり清掃センターまでの道はキレイです。
この先は未舗装となり、小町峰峠近くまでクルマで行ける筈のこの道ですが、別にそこまで行く必要は有りません。

途中に香木原峠へ向かう分岐が有るので、その近くに駐車出来れば大丈夫です。
と思えば、分岐すぐ先でまたまた通行止。
フォト


フォト

以前、モガジイさんと歩いた際、ジムニーが路肩から落っこちていたのはこの近くでした。
なんにしても、通行止という事はこちらからクルマが来る事は無いので、ここにクルマを駐車しました。
フォト

そして少し戻って香木原峠へ向かいます。
フォト

荒れてはいるものの、予想した程ではないと思ったのも束の間、スイッチバックを越えてトンネルを越えると、倒木で道が埋まりかけています。
フォト


フォト


フォト

密度が薄いところを潜り、なんとか通過出来ました。
フォト

ここまで埋まっている事は少ないものの、この先も倒木が次から次へと立ちはだかります。
フォト

そして香木原峠の偉容ヽ( ̄▽ ̄)ノ
フォト

ヘリをよじ登って西へ向かいました。
フォト

ここからはアップダウンする尾根道ですが、ここも想像以上に荒れ荒れ。
通過にずいぶん時間がかかります。
フォト


フォト


フォト


フォト

間も無く右下に御成街道が見えてきたので、歩き易いこちらに移りました。
フォト

長野田番所跡を経て小町峰峠。
フォト

ここで昼食としました。
フォト

やはりスムースに歩けない為、予想以上に時間がかかっています。

食後は川沿いに歩いて柚の木林道まで出たものの、この先からよじ登って長野田山行くには時間が少々厳しいか?
フォト

と言って長野田山は断念して延期するとしても、先ほどの倒木だらけの尾根道を戻るのもなかなか難儀です。

御成街道から香木原カントリークラブ奥の別荘地?を掠めて、林道から戻って、香木原峠へ。
ここからは古道を抜けてクルマに戻る…事にしました。
フォト

御成街道は別段荒れている様子もなく、順調に進み、別荘地もキレイなもの。
香木原峠へ向かう林道も、暫くはキレイでした。

やがてチェーンソーの音が聞こえてきました。
東側の高台辺りから聞こえるよう…
高台?
この辺りの東側は山というか稜線だと思っていましたが、すっかり森は切り開かれて、整地をしているよう…
これはひょっとして、以前から計画されていたメガソーラー施設か?
フォト

ヒルだらけの場所である事を考えると、隣接のカントリークラブ同様、農薬撒き散らしているのでしょうか。
フォト

わざわざこんな大掛かりになるところに造らなくても、平地に空いている場所は有るのに、利権関係がよほど大切なのでしょう。

片やそんな工事をやっているかと思えば、キレイなものだと思っていた道も、だんだんと倒木が増えてきました。
やっぱり…(。>д<)
フォト


フォト

道が完全に塞がっている場所では、下巻きで通過。
やがて懐かしい香木原峠に戻ってきました。

さてと…
予定では稜線の古道から下る予定ですが、この分だと太田学まで2時間くらいかかるかもしれない…
或いはもっと?
薄暗くなるな…
そもそも道が残っているか不明…
フォト

時間的に不安が有ったので、こちらも延期する事にして、朝来た道を使ってクルマに戻る事にしました。

さて
現在、鹿野山で倒木退かして通れるように作業していますが、鹿野山の次は江戸道を行うよう。

この香木原峠の道も復活する日が来るのでしょうか?
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年01月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最近の日記

もっと見る