ホーム > mixiユーザー(id:20556102) > mixiユーザーの日記一覧 > 五七五七七というコスプレ

mixiユーザー(id:20556102)

2017年07月09日08:36

819 view

五七五七七というコスプレ

角川「短歌」2017年7月号の歌壇時評、山田航「もはや抗えないもの」を読んで、「そうかなあ?」と思った。

文語旧かなの短歌は、特に時事詠・社会詠の場合、題材を扱う真摯さが減じられてしまうと言い、それでも非リアリズムの歌なら文語旧かなは「言葉のコスプレ」として許容されると言う。ぶっちゃけて言ってしまえば、文語旧かなはもう古いよ、今の時代には合ってないよ、口語新かなの歌が今の時代にマッチしてるんだよ、と、まあそういうことを言いたいらしい。詳しくは山田の文章に当たってください。

山田の思考のベースには次のような判断があるようだ。

[以下引用]

戦後から長い時間も経ち、「戦後レジームからの押し付け」であったともいえる口語新かなも十分に体系化され、成熟と変貌を遂げた。もはや文語旧かなは、いかんともしがたい忘却とともに思想としての体系を保つことができなくなってしまった。だから、現実社会を描く方法論としてもはや文語も旧かなも適していない。

[引用終り]

大事なことをこんなに乱暴に言ってしまっていいのだろうか。口語新かなの体系化と成熟と変貌について、文語旧かなの思想としての体系について、せめて何かひとことふたこと言ってほしいところだ。乱暴な断定は読者を置き去りにしてしまう。

思えば8年前の歌人協会の講座で斉藤斎藤や東直子は、文語にはない口語短歌の良さについて語っていた。口語短歌をいくら読んでもお腹いっぱいにならないと語った小池光の発言ののち、いや、そうではなくて…、という論脈だったと思う。[下記記事の後半をご参照ください。]

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1141587141&owner_id=20556102

この8年間に時代は山田の言うように大きく様変わりして、文語旧かなはもはや忘却される位置へと退いたのだろうか。そのような大転換の時期に立ち会ったというふうには僕は思わない。今も、8年前の論議の問題設定は引き続きそのまま存在しているだろう、と思う。

逆に山田に問いたくなるのは次のようなことだ。引かれている目黒哲朗の作品は、その題材を最も良く活かすためには短歌という表現方法が最適だったのか。散文詩やエッセイなどのかたちで表現する方がいっそう真摯さが伝わったのに…、というようなことはないのだろうか。また、後段で引かれている平井弘の発言からして、戦死した兄の声を聞きとって表現するのなら短歌以外の方法による方がふさわしかったのか、否か。歌人なのだから短歌という表現をとることは前提であろう、とこの場面で言ってはいけない。もっと広くて大きなことを山田は問おうとしているのだから。

山田は文語旧かなは「言葉のコスプレ」だと言うが、それを言うなら、そもそも五七五七七という定型に言葉を乗せている時点で、間違いなくコスプレだろう。同様に、俳句も詩もコスプレだろう。普段着の言葉ではないことはたしかなのだから。それを、いきなり短歌というジャンル内の文語旧かなと口語新かなの間で「コスプレ」か否かの線引きをしようというのは、いささか了見が狭いのではないか。

文語旧かなを採用している限り「マイナーポエットから脱却することは出来ない」と山田は言うが、はて、「メジャーポエット」というものがあるのだろうか。マイナーであることは詩の本質規定だろう。そうだとすれば「戦後レジームからの…」云々をそのままなしくずしに受け容れること自体が、はたして詩にふさわしいことなのか? というところからして再考されて良いのではないだろうか。

〈追記〉後続記事「20代、30代の俳人」(8月3日)もあわせてごらんください。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1961876751&owner_id=20556102


【最近の日記】
三島麻亜子「晩年の家」、春野りりん「地球のこどもに生まれて」
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1961364699&owner_id=20556102
[付記あり]「短歌人」の誌面より(109)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1961270258&owner_id=20556102
6月埼玉歌会[友人まで公開]
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1961250743&owner_id=20556102
7 16

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月09日 09:25
    なるほど、わたしはかなりコスプレしてるなあっかんべー
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月09日 09:34
    ☆文さん

    1週間ほど前にある批評会の会場で、上記の時評についてどう思ったか? と聞かれて、とりあえずのお答えしかできなかったので、もう少ししっかりお答えしようと思って、このように書いてみました。ま、これもまたとりあえずですけれど…^-^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月09日 11:33
    私は、文語旧仮名で書いていたんだけど、文法を間違えたり仮名遣いを間違えると評されてじゃあ、口語新かなにしてみるかという状態なんですけどなたとかまさかりみたいなものでズドーンとやるには文語のほうが合うと思いますし、必殺仕事人で出てくるような針ならば口語かなと思います。あくまで私のしてみたいことでという話なので、ほかの方には合わないかもしれません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月09日 13:04
    私もコスプレになるのかなあ。ときおり口語旧かなですけど。コスプレしてる気はさらさらないのですが…芳美賞の一連は自然に文語旧かなでしたが、社会詠にリアリズムが欠けると言われると考えこんでしまいます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月09日 17:27
    例えば松坂弘や杜澤光一郎のような、文語旧仮名で素晴らしい歌を詠む人が、いざ時事詠や時事を扱うと途端にずっこけてしまう、という実例はあります。それが文語旧仮名と関係があるかどうかはわかりませんが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月09日 19:25
    文語旧かな大好きです。30年近くこれです。
    いをゐとしたりする快感。
    ここに挙げられている「文語批判」のかたは文語が苦手でいつか攻撃的になっているとか・・・考えちゃいました。

    口語はそれはそれでよさはあります。
    でも「深さ」は文語にはかなわないと思います。

    これ、きりないのでこのへんに。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月09日 21:59
    ☆akvoさん

    僕は最初から文語ベースで旧かなだったのですが、一度、旧かなで書くのは不自然なのではないか? という疑問が湧いて新かなにしてみたことがありました(「短歌人」に入るよりずっと前の話です)。そうしたら、どうも、新かなで書いた歌は自分の歌だという気分にならないんですよね。ほどなく旧かなに戻しました。それ以来、表記法について迷ったことはありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月09日 22:10
    ☆ボブ佐藤さん

    鈴木美紀子さんの『風のアンダースタディ』をご紹介した時に(*)、僅かに文語の歌も入っていることにふれました。
    (*)http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1960529654&owner_id=20556102
    その記事を鈴木さんにお送りしたら、返信をいただいて、口語で詠むことに慣れていて、口語か文語かと意識的に選んでいるわけではない、ということのようでした。その記事でも書きましたが、鈴木さんのようなモードだと、あるいは歌によっては自由詩へ行きたがっている? という気もします。
    一方で文語ベースなのに新かなで書かれている作品を読むと、旧かなにした方がいい感じになるのでは? と思うこともあります。
    そのへんのことを、意識的に考えようという呼びかけとしてなら、山田さんの文章も有意義だったのではないかな?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月09日 22:15
    ☆ゆめのひとさん

    かつて(かなり昔ですが)朝日歌壇の近藤芳美選欄は、反戦平和の歌なら何でも採ってやる、といわんばかりの選び方でした。長らく朝日歌壇は新かなオンリーだったのは、近藤さんの方針によるものと聞いたことがあります。裏返して言えば、時事詠の類の難しさはそのへんにあるのかも知れません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月09日 22:17
    自分が分からないものを攻撃するというのはよくあることではないかと思います。
    正当性を述べて、それが納得できるかと言えばこの場合、ん?と首をひねります。
    そもそも定型がコスプレ、そうだそうだです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月09日 22:20
    ☆ゆっこさん

    今日、短歌人東京歌会の後の研究会で、染野太朗さんの第一・第二歌集についてのレポートがありました。今朝この記事を書いたところでしたので、染野さんの文体について質問をしましたら、次第に文語にウェイトが移ってきていて、第二歌集後の作品は旧かなへ移行しているそうです。40歳の方ですから、若手と言うべき(短歌界では)年齢の方でしょう。詠むうちにそうした傾きが生ずるというのも、自然なことなのではないかと思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月09日 22:25
    ☆とうこさん

    僕の長男は学生時代ヘビメタのバンドをやっていて、ビートルズとかビーチボーイズとかあんなのはもう古い、あんなコード進行を聞いていると気持ち悪くなるとぬかしておりましたが、ある過程でそんなふうにものごとを感じることはあると思うんですよね。でも、もう少し巨視的に見たら、やっぱりすごいことをやったんだなあ、決して単純なコード進行ではないよなあ(特にビーチボーイズの場合…^ ^:)、というようなことが改めてわかってくる、というようなこともあるんじゃないかな? ちょっと適切な喩ではなかったかも知れませんが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月10日 01:18
    むしろヘヴィメタル(ヘビメタは差別語なので使わない)のほうがコード的には単純なんですけどね。メタルはどんな音楽とも融合できるので(フォークメタルとかプログレメタルなんてのもある)そっちのほうは確かに複雑ですが…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月10日 08:47
    ☆ゆめのひとさん

    はい、最初は音の質量とかテンポとかに惹かれるのかな? と思います。ヘビメタが差別語だというのは知りませんでした。ご教示多謝。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月22日 19:07
    お久しぶりです。
    斎藤さんのこの文章が以下のサイトで引用されていたのでお知らせします。
    http://crocodilecatuta.blog.fc2.com/blog-entry-378.html#comment226
    元々の山田航さんの時評も読みましたが、やや無理に映りました。
    「一応は現実のことを詠みたいと考えるならば、わざわざ言葉を虚構化する装置を使用し続ける意味は全くないと思う。」
    という主張には違和を覚えます。ここで「言葉を虚構化する装置」とは文語旧かなを指しますが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月22日 21:53
    ☆村田馨さん

    お知らせいただきありがとうございました。ご紹介いただいたサイトにご挨拶のコメントを記しました。実は、一昨年9月、「短歌研究」の敗戦直後の号の復刻版について書きました時に、この中西さんのブログを引かせていただいたことがありました。その件についてもご挨拶のコメントで触れました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!