ホーム > mixiユーザー(id:2048812) > mixiユーザーの日記一覧 > 篠山春日神社秋祭宵宮

mixiユーザー(id:2048812)

2019年10月22日12:28

24 view

篠山春日神社秋祭宵宮

先週の土曜日、丹波篠山市の春日神社秋祭へ行って来た。
昨年、行って山鉾車が動くさまを目の当たりにして、感動したからである。

このお祭は、篠山地方の伝統的な祭礼であるが、あまり知られていないせいか、観光客はそこそこ来ているけれども、デカンショ祭ほどではない。

昨年は、その山鉾車が街道筋を巡行するシーンが少ししか見れなかったので、ほぼ丸1日かけて観賞したいと思っていたので、お昼の13時頃に現地に着いた。

このあいにくの雨、結構格式ばった食堂でデカンショうどんを食べて腹ごしらえをし、傘刺して出歩いたが、この時には少し小ぶりになった。

まずは、今回の秋祭りの大元である春日神社で参拝をした。終えた直後にちょうど太鼓の音と祝詞があげられ、秋祭りが開催された。

それから一旦神社を出て山鉾車を探したが、まだ各町内の倉庫から出して整備をしてる最中で、しかも雨が降ってるのでビニールシート被せてる車が大半だった。

その間、各町内のお神輿が町内を回っているのか、あちこちで威勢のいい囃子声や太鼓笛、鉦の音が聞こえてくる。

午後4時頃ともなると、鉦や太鼓、横笛でお囃子を奏でた子供たちを乗せた各町内の山鉾車が、メインの街道筋に集まり巡行しはじめた。
途中で曲がり角に差し掛かると、当然方向転換せねばならないが、ハンドルや舵があるわけではなく、また大きな通りではないので、だましだまし曲げて行くという方法も取りづらいからか、車体の下にチリトリみたいな鉄板を敷き、車体真ん中から出した丸太ん棒をその上に置いて、引いてる人達押してる人達が車体を一旦持ち上げ回転させる。

普段クルマやトラックの方向転換を別に気にも留めずに過ごしている我々からしてみれば、何とめんどくさい事か?とも感じるであろうが、祭礼でしか鉾車は出場しないし、スピードを要求されるものでもないので、まあソレとは別だが、これは本当に勇壮で見ものである。

各町内の9基の山鉾車が春日神社の境内の前で一旦停まり、宮司から祈祷をされまた出発、東の町内に集合して、しばらく停められた後にまた来た道を逆方向に進み、南端の古い街並みが残る地区で、一旦駐車する。この時既に午後7時。
おそらく次の日の本宮では、少し巡行があった後、各町内の倉庫へ戻って行く事となるんだろう。

雨が降ったりやんだりで、鬱陶しい天気であったが、それでも昨年よりもこの山鉾車の巡行がジックリと見れたのは良かった。
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!