mixiユーザー(id:2027350)

2020年04月05日13:49

30 view

静かなコロナの春

母も叔父も祖母もガンで死んだので、私はガンで死ぬ覚悟は出来ていた。
しかしコロナで死ぬ覚悟はできていなかった。
ガンは進行が進んで「余命半年です」と宣告されても、自分の人生お片づけをする時間が遺されている。しかしコロナは発症すると意識も戻らず二週間ほどであの世行きだ。
それは通り魔に遭ったようなものだ。透明な通り魔がどこかに潜んでいる静かで不安な春だ。

今年は全国的に花見自粛要請があったが、若年層より高齢者が繰り出したそうな。
そりゃそうだろう。年寄りにとってはこれが最後の桜になるかもしれないからだ。
咽喉の持病がある私にとっても最後の桜になるかもしれない。しかし天候不順で中野通りの桜はイマイチ綺麗に咲きそろっていなかった。
この土日も外出自粛だ。これがどのくらい続くのか?
去年の桜を貼っておく。
1 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月05日 13:58
    とりだめたビデオと、買いだめた本を読んで過ごす日々です。
    笹生那美さんの「薔薇はシュラバで生まれる」を読んで、当時の漫画多たちに思いをはせています。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年04月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930