ホーム > mixiユーザー(id:20108702) > mixiユーザーの日記一覧 > 鍵をつけたのだった。

mixiユーザー(id:20108702)

2017年12月06日19:14

73 view

鍵をつけたのだった。

玄関と勝手口に姑が開けられない鍵をつけてみた。
サッシは、サッシの下の方にロックがあるので開けることができない。
当初、玄関の扉に鍵をつけるのは無理だと思っていた。
扉ごと交換しなければ?と思っていたけれど。
玄関の扉の一部を削ったら鍵がついた。
その辺は安く鍵をつける事ができたので良かった。


姑の機嫌が悪いと、
「ウチに帰るから」と言って外に出てしまう。
認知症の人は、やりたいようにやらせてあげましょう!
という人がいるけれど、やりたいようにやらせていたら間も無く凍死するだろう。
今朝も雪が降っていたし、朝の気温は氷点下。
ますます進む認知症の姑が、暗い外で迷子になってしまったら終わり。
田舎の外は暗いから、見つけられるとは限らないから。

鍵が開かずにイライラしている姑は、土足のまま家中を歩きまわって、家から出る方法を探す。
どんなに姑が土足で家中を歩き回ろうと、私は黙ってみている。ここで何か一言でも注意すれば姑は発狂する。
でも、鍵は私からは絶対に開けない。

姑のやりたいように外に出せば、間も無く機嫌が良くなるのはわかっているが、これだけは譲れない。

今日は、デイサービスから帰ってきてからずっと機嫌が悪かった。
外に出ようと何度も玄関の扉をガチャガチャしていた。
でも今は、風呂に入らず、ご飯も食べず。
寝ているようだw
疲れたらしい。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する