mixiユーザー(id:19565687)

2019年07月29日21:59

50 view

考察

余計な抽象表現や文章、それと妙に詩的風味の文体にしたため、一体何を言ってるのか分からない状況になってしまっているのは厳しいですね

これを短絡的に世迷い言と断じてしまうのはたやすいのですけどね

僕はアニメを半歩でも前に進めるために、書く。


現在、アニメ製作側の置かれている何らかの問題があって、それを打破して一歩でも前に進めるためにこの文章を書いた…というつもりの文章ということで考察してみようかなと思ってたりもします。


このブログに貼ってある講義形式の動画ですが全部見ると何となく何を主張したいのかわかるはずです。

動画を一通り見て…

考察放棄します!!


言いたいことは理解出来る、同意もできるし、漠然と薄々感じていたことだということだということです。
が、
が!
タイミングが最悪だということかもしれません
いや、関連事項だからというのは分からないでもないんですが、そもそも
まだ、焼き討ちした犯人の素性、意図がわからないんです
ここが取り調べで材料が出てきてからでも良いんじゃないでしょうかね

とも、思うんです

ブログ本文中にはこんな文章があります
「オタクがアニメを壊す」、そう僕は言い続けてきた。

似たような事を思い出しました
ブシロード木谷社長曰く「すべてのジャンルはマニアが潰すと思っている。」といいます
アニメというジャンルはマニア(オタク)が潰すという訳ですね

さて、多分、山本さんが言いたいことの最重要項目はこのくだりではないでしょうか?

表現する者は、もはやいつ何時でも襲い来る「狂気」に対する「自衛」の方法を、自分たちで必死に考えるしかないのだ。


表現者とはクリエイターでもアイドルでも漫画家でも良いのかも知れません
表現者は今までより周囲を警戒しろ!
錯誤した人間に襲撃される恐れがあると思って身を守れという警鐘なのかもしれません

ならば、この一文だけでいいんじゃないかとは…思うんですよ
この一文に件の動画をぺっと張り付けるだけでいいんじゃないかと思うんですけどねぇ


■ヤマカンこと山本寛氏、京アニ放火事件に持論 「狂気との共犯関係」「今までやってきたことに対する代償」
(BIGLOBEニュース - 07月29日 19:24)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=258&from=diary&id=5727081

以下、該当ブログ引用(保存)

https://ameblo.jp/kanku0901/

僕と京都アニメと、「夢と狂気の12年」と「ぼくたちの失敗」
NEW!2019-07-29 10:48:19

テーマ:ブログ
時間が経ち、全容は未だ明らかになってない。

しかしそろそろここがタイミングだろうと、意を決し、覚悟を決めて、書く。



いろんな誤解、邪推、感情論、言うたらええ。知るか。

僕はアニメを半歩でも前に進めるために、書く。











まずはこの動画を改めて貼っておく。

2016年7月、ちょうど3年前の講演だが、僕は今般の事件に至る経緯を、既に説明(予言)していた。



京アニは2007年、匿名掲示板の「狂気」と結託し、僕をアニメ制作の最前線から引きずり降ろした。

ここで言いたいのは、僕を引きずり降ろしたことへの恨み事ではなく、彼らが「狂気」と結託した、という事実である。



ここから彼らとネットの「狂気」との共犯関係、そして僕とネットとの飽くなき戦いが始まる。

そこからかれこれ12年。

干支は一周した。



いや、しかし僕も最初から「狂気」と対峙していた訳ではない。

むしろ2007年までは、京アニの中でその「共犯関係」に安穏としていたと言っていい。

だから「俺だけは違う!」というつもりはない。

僕も確かに、「狂気」を招いた時期はあった。



しかし僕はすぐさま目覚め、この「共犯関係」から手を切り、その徹底した批判と警告と、やがて排除を始めた。

でも彼らはむしろ、その「共犯関係」を歓迎し続けた。



道はここで別れた。

しかし僕も彼らも、いやここでは「僕たち」と言おう、僕たちがアニメの歴史を歪めてしまったのは、疑いようがない。



アニメは「狂気」の無法地帯と化した。

もちろん純粋にアニメを楽しむ人々はいる。しかしその中に紛れ込む、どうしようもなく犯罪的なまでに異形の人間の存在を防御し、峻別することに、皆あまりに無頓着だったのだ。

アニメは「狂気」をも数の力として都合良く吸収し、一見すると目を見張るような発展を遂げたように見えたが、既に「火種」は混じっていて、それがあちこちでくすぶっているという、非常に危険な状態を黙認していたとも言える。



そしてその「火種」は、遂に爆発、炎上した。



「オタクがアニメを壊す」、そう僕は言い続けてきた。

ご丁寧に、事件の約2週間前に「カタストロフ」の予言までしていた。

僕の予言は、こんな最悪の形で、的中したのだ。



僕はこのカタストロフを、「ぼくたちの失敗」に対する「代償」だと、敢えてここで断言する。



片や僕は12年間、その「代償」を少しずつ、いや少しどころではないが、断続的に払い続けてきた。

本当に毎日のように「狂気」が襲いかかり、炎上は何百回したか解らない。

「どうしてヤマカンは俺たちの言うことが聞けないんだ!俺たちのために奴隷のように働かないんだ!」という、支配欲の塊となった人間たちからの強要・脅迫。

その声が高まるにつれ、友には見放され、代わりに周囲に集まってきた人間たちは僕を都合良く神輿に乗せては、崖から放り捨てた。

僕は体調を崩し、遂に心身共に限界を感じ、廃業宣言に至った。



その一方で、僕が12年間、何度も悔し涙を流しながら払い続けた「代償」を、京アニは今、いっぺんに払うこととなった。

いっぺんにしてもあまりに多すぎないか?僕は奥歯をギリギリ噛みしめながら、そう思う。

しかし、彼らにも遂に「年貢の納め時」が、来たのだ。



当然のことだが、今般の事件は「代償」と言うには不釣り合いも甚だしいほど酷く凄惨だ。しかしここで敢えて叫びたくなるくらいの悔しさと悲しさを飲み込み、この12年のアニメの迷走ぶりを考えるに、やはりこの事件は、不条理でも神の悪戯でも何でもなく、ただ僕たちの今までやってきたことに対する「代償」と位置付けるしかないのである。



どんな危険を孕んでいるか想像もつかない「狂気」を自ら招き入れ、無批判に商売の道具にした時点で、僕たちの命運は決まっていたのだ。





近年、僕は小金井の女性シンガー刺傷事件の時も同じことを言ってめちゃくちゃに叩かれたが、やはり今回も言っておきたい。

ていうかNGT山口真帆の時も同じことを言ったはずだが、どうしてこうも反応が違うのだろう?



表現する者は、もはやいつ何時でも襲い来る「狂気」に対する「自衛」の方法を、自分たちで必死に考えるしかないのだ。

ましてやその「狂気」に尻尾振って近づいていては、その危険度は想像以上に増すのだ。

そういう時代となったのだ。



「狂気」がSNSによって無制限に増幅し、拡散される時代を、僕らはもっと厳しい眼差しで捉えなければならない。

表現は、常に死と隣り合わせの時代となった。

その危機意識とトラブルシューティングが早急に周知・整備されない限り、本当にアニメは、壊れる。

もう手遅れかも知れない。





深く傷つき、涙にくれるファンたちを、そこまで張り手混じりに目覚めさせようとは思わない。

しかし、やはりこれだけは、全世界のアニメファンに今こそ問いたい。





「あなたは今までアニメを壊したことはなかったと、自信を持って言えますか?」

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する