mixiユーザー(id:19565687)

2019年05月03日01:19

64 view

戦国時代の武将の情報なんて破片でしか残ってない

尊敬する武将は誰々とあげる人々はその武将のイメージはどこで形成されているのかということを今一度問い直したほうがいいとはおもうんです。


その人間像は大河ドラマや時代劇を排除して培っているのかいないのかですね。


気をつけなければいけないのは存在したかどうか不明の人物もいる、とか、本当にそんな性格だったのか不明の人もいるってことを忘れてはいけないですよね

例えば大河ドラマの「主人公」とその脚色を寄せ集め、幕末のドラマでも何でもいいので一本作ると、何か全員知性的かついい人しかいなくなってドラマなんか一気につまんなくなりますよ。
悪人が1人たりともいないんですもんね。




さて、例えば自分の生きてきた過去の公文書、卒業文集、自分の残した文面、自分のことに触れた他人の日記、手紙 、写真はなし。
そこから無作為に7割くらい削除しましょう


残された資料から自分の過去はこうだろう、性格はきっとこうだったに違いないと歴史家が勝手に推測するわけです
さて、そこで自分はそんな物言いはしていない、そんな行動はしていないというものを見せられたらどうでしょう。
いや、確実にそんなものを見る羽目になるのは間違いないでしょう。

そしてドラマ化する時には更に自分の知ってる自分の過去の事実は更に省かれて、一度も行ったことのない場所にいたことになったり、そんな奴は会ったことすらないって人となんか親友としてかかれていたりするのは絶対にあります。
絶対にです。

現代の自分の生きてきた歴史ですら、もんじょだけ、似顔絵だけで他人が推理すれば
ありえない自分の過去を生み出されるのは間違いないことですから、
戦国武将となるとそれはもう解らないといったほうがいいことでしょう。

このひとは尊敬できるという方は当時の文献など、なにか決定的な一次資料でも解読され知っているのかもしれませんのでここまでいうことはないでしょうけど
少なくとも舘は一次資料の文献を何一つ所持しても、読むことすらできませんので
何を以って尊敬するかがわかりません。

あと、現代人でもそうですがこの人のここは尊敬できるが、ここはダメだなってありますよね。
ほぼほぼ意見は合致するけど全部ではないってありますよね。
いまリアルタイムに付き合っているけど知らない部分あるよねぇってこと当たり前なんですが、そんな自分たちが数百何前の人間の事を知ることって可能なんでしょうかね?



■最も尊敬できると思う戦国大名ランキング 1位は戦乱の世を終わらせた…
(しらべぇ - 05月02日 10:01)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=202&from=diary&id=5604497
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する