mixiユーザー(id:19565687)

2019年03月21日14:25

56 view

気になってちょっとググる

この記事ではちょっと情報不足かなって

赤ちゃんポストの名を使われているの慈恵病院の反応ですが
http://jikei-hp.or.jp/20151113-2/

(引用は下部へ)
で、どんな感じだろうとクロ現のとこを見にいく。

2016年11月21日(月)放送(クローズアップ現代)
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3895/1.html

確かに現状が問題でああるが、このやり方は良いのかと言えば明らかにNGだと思う
といった内容です

お手軽に覚悟もなく引き取ったのが仮に障害があったばあい…たとえば生まれたばかりで引き取って、育てていくうちに「あれ、なんか変だな」と思っているうちに1歳、2歳くらいになって、障害があるって分かったからといって返品も絶対に出来ないし、障害の程度によっては色んなものを投げうってその子に注力しなければならなくなる…覚悟は本当にあるのかなっていう疑問。
あまりの煩わしさに引き取った側の育て親が疎ましく思い虐待に走っては元も子もないとは思います。

こんなに需用があるからと商売にしていいものではない。




■「ネット赤ちゃんポスト」不許可に 市が営利目的と判断
(朝日新聞デジタル - 03月19日 18:11)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5544993


慈恵病院のサイトで見つけた場所

「赤ちゃんポスト」を語って特別養子縁組を募るサイトがあります。
慈恵病院や「こうのとりのゆりかご」とは無関係です。
「こうのとりのゆりかご」は日本で唯一の赤ちゃん保護システムですが、多くの人に、「赤ちゃんポスト」と呼ばれています。
インターネット上で「赤ちゃんポスト」を名乗り、特別養子縁組を募集するサイトがありますが、私たち「慈恵病院/こうのとりのゆりかご/SOS赤ちゃんとお母さんの妊娠相談」と関連していると誤解される可能性があります。
しかし、全く関係がなく、運営方針にも隔たりがあるサイトです。
ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。



このサイトの実態は明らかではありませんが
これまでの調査で以下の点がわかりました。

(1)サイト上で、このような呼びかけが行われている。
「中絶を考えられている方へ『産んでくれたら最大200万円相当の援助』」があります」
赤ちゃんの命は大切ですが、当院の電話相談の際にお金を交換条件として提示する事はありません。

(2)特別養子縁組マッチングアプリを開発中である。
・実親さんは無料で登録されるが、養親候補さんには毎月課金される。
・マッチングが成立すると50万円の負担金が養親候補さんにかかる。
・広告を購入すれば養親候補の検索順位が上がるオプションも検討中。
・このシステムにより年間に億単位の収益が見込まれる。

特別養子縁組のあっせんは、とてもデリケートな作業です。

「お腹の中の赤ちゃんとお別れしなければならない実親さん」
「不妊症治療がうまくいかなかった過去をお持ちの方がほとんどの養親候補さん」

この両者のお引き合わせには時間とマンパワーを要します。
アプリでは「手軽さ」がアピールされていますが、実親さんにも養親候補さんにも覚悟がなければ赤ちゃんを幸せにできないと私たちは考えています。

特別養子縁組の制度は、赤ちゃん、実親さん、養親さんの幸せを願ってできた制度ですが、現実には、このようなトラブルもあります。

養親候補さん 「こんなはずではなかった。この赤ちゃんを育てることができないから返したい」
実親さん 「やっぱり自分で育てたいので赤ちゃんを返して欲しい」

このような事になれば傷つく人が出てしまいます。
それを避けるために、時間と労力をかけて赤ちゃんにベストな選択を試みるのです。

赤ちゃんのためにどれだけ手間をかけてくれるかは大事な要素です。
ですから、養親候補さんには々嶌造暴仞覆靴討い燭世、⊆蟷罎鮟颪い討い燭世、L明椶鮗けていただく、という「手間のかかる」手続きを取っていただいています。

なお、厚生労働省は営利目的のあっせんを禁止していますが、億単位の収益事業計画がそれに反していないか、議論されるべきだと思います。

(3)代表者は3年程度で事業を売却する予定である。
特別養子縁組には成立後もケアが必要です。
特に問題となるのは、「真実告知」です。
つまり、養親さんが養子さんに「自分たちは産みの親ではなく、育ての親」であることを伝えることです。そのタイミングや方法について多くの養親さんは悩まれます。あっせん団体の中にはその時にお手伝いする準備をしているところも少なくありません。

あっせん団体の代表者には養親さんと長くお付き合いする覚悟が求められると思います。

また、事業自体を売却できるのか疑問ですが、多くの人が閲覧できるサイトでそのような表明をすべきではないと考えます。




0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する