mixiユーザー(id:19565687)

2019年01月06日12:39

180 view

なぜこの記事をmixi運営側が選んだのか不思議

この記事だけを読めばなんだかファーウェイ社の社員がiPhoneでTweetしたら叱責を受けたようにしか見えません

ロイターの記事を見てみましょう
https://jp.reuters.com/article/huawei-iphone-idJPKCN1OY0GH

同社は新年に公式アカウントのフォロワーにメッセージを投稿したが、それには「via Twitter for iPhone」という表示があった。この投稿はすぐに削除されたが、そのスクリーンショットがネット上に出回った。
1月3日付の社内メモによると、外部委託業者が大晦日の夜に新年のメッセージを投稿しようとした際、パソコンの仮想プライベートネットワーク(VPN)で問題が発生。この業者は時間通りにメッセージを送るためにiPhoneを使ったという。


ロイターと時事通信を比較しただけですが、mixiが採用した時事通信の記事は必要な情報を省き、読み手にミスリードさせようとしているのでは無いかと疑いたくなるような内容です。
もっとも、この記事だけを読んで日記を投稿すれば中国企業怖い、いや日本の企業だって云々といった日記ばかりになるような気がします
いわば、必要な情報を間引いて報道すると読み手がどんな誤解を植え付けられるのかという実験をmixiでやっているかのようです。

はっ! もしかして世論操作の実験をmixi運営側はやっているのかっ!?

わざと少ない情報の記事を掲載し誤解をしたままどれだけの人間の感情をコントロール
できるのかという実験なのかもしれません。

ファーウエイ社の狭量 的な呟きの合間にたまに「オフィシャルのTweetでiPhoneを使ったのが問題なんだろう」という呟きが混じるも、前後の呟きはそれらを完全に無視した感情的な意見が並ぶ有様は、煽動が成功していることの実証だともいえるでしょう。

ま、冗談ですけど。

では、なんでそこまで処分が重いのかについてのことに触れているブログがありました
ここのブログを参考に見てみましょう

https://www.huffingtonpost.jp/techcrunch-japan/huawei-tweet-from-iphone_a_23634047/

中国政府の規制強化により、Appleは中国のApp StoreからVPNアプリをほぼ全面的に排除している。つまり、皮肉なことに、中国国内からTwitterにアクセスするならiPhoneよりAndroidを使ったほうが楽だったはずだ。ところがSapientは中国政府の監視網、グレート・ファイアウォールを潜り抜けようとしてわざわざ香港製のSIMを入手した。これが上述の失態の直接の原因だという。

メーカーがライバルの製品を使って失敗するというのはよくある笑い話だが、今回の事件はHuaweiにとって最悪のタイミングで起きた。

創業者の娘であるCFOはカナダで逮捕されて保釈中だが、アメリカから引き渡し要請が出ている。容疑となっている金融詐欺は有罪なら最高30年の刑だ。しかも本業のビジネス自体が強い逆風にさらされている。

一般にはHuaweiはスマートフォン・メーカーとして知られており、IDCによれば、2018年第3四半期に世界で2位、14.6%のシェアを獲得している。しかし事業の最大の柱はテレコム機器だ。ところが安全保障上のリスクを理由としてこの事業の将来に不透明さが増している。.ファイブ・アイズと呼ばれるオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリス、アメリカ、5ヵ国情報機関のトップはZTEとHuaweiのテレコム機器を禁止することで合意した。この動きには日本のような同盟国も加わると報じられている。


この問題はちょっとまちがちゃったでは済まない問題だとこのブログでは書いています
なるほど、言われてみればそうなのかも知れないなってことですけども。

ぱっとロイターのこの件の記事を読んだだけで、自分の頭の中でハナシを繋げられたら
いいよなぁって思ってしまいます

時事通信のものすごく情報の抜かれた煽動記事のようなものを見て、あれっておもってググってロイターを見つけたまでは出来たんですがね、そこまででした。

もう少し視野を広げ斜めに見る練習が足りませんでした。

■ファーウェイ、社員2人処分=iPhoneによる投稿で−中国
(時事通信社 - 01月04日 21:00)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=5444694
















でね、なんだファーウエイかAppleの敵では無い等、侮った呟きをたくさん見かけますよね、ところで携帯で通話、データ通信を行うのに重要なモノはなんでしょう

基地局です

ファーウエイ社は今や世界レベルで世界一です
https://biz-journal.jp/2018/12/post_25924_2.html

通信基地局の売上高シェアで、スウェーデンのエリクソン(26.6%)やフィンランドのノキア(23.3%)を押さえて、ファーウェイは堂々の世界一(27.9%)となっている。4位に中国のZTE(13.0%)が入っており、ファーウェイとZTEの合計で世界シェア40.9%に及ぶ。要するに、世界の通信基地局ビジネスの約4割を中国企業が牛耳っているということである。


この間のSoftBankの通信障害みたいなのも中国政府の意図的な策略で起こせる状況にあるとでも言い換えましょうか。

ケータイそのものはどうか

https://biz-journal.jp/2018/12/post_25924.html

ファーウェイの主な製品は、通信機器、スマートフォン(スマホ)、クラウドサービスで、2017年の売上高は約10兆円、営業利益は約8200億円だった。

 特筆すべきは、18年第2四半期に、スマホの出荷台数で米アップルを抜いて、韓国サムスン電子に次ぐ世界第2位になったことである(図1)


確かに日本国内では順位は落ちますが、世界規模でいけばもはや無視をできるレベルではありません。

この状況で、Appleと同等と思うなとかブランドイメージなんかないじゃんだの
所詮中国の製品だし的な侮ったコメントの羅列を見るに付け、そこまで馬鹿にしていていいものだろうか?
井戸の中で見当外れなことで騒いでる様を眺めるのは色々と背筋の寒いことです

あと、面子を重んじる中国人
「中国人 メンツ」と検索すれば分かるかとはおもいますけど、日本人が感じるよりメンツを重んじる国民性のようです



で。ブランドイメージを損ねたってことはメンツを潰したって事に類することですよね

陳黎芳・取締役は「ファーウェイのブランドイメージが傷つけられた」


たかが他社製品を使った位で…というのは日本人の甘い発想なのかもしれません
会社としてメンツを潰された訳ですが、軽くして降格、減給なのかも知れません
或いは自国の国民性を鑑み、解雇すれば完膚なきまでに社員のメンツを潰す事になり反撃されかねないが、降格、減給なら辞職できるでしょという一定の温情のつもりではないでしょうか?

降格、減給の後のこの社員の動向は報じられませんが、もしかして辞職に追い詰められる状況かも知れません
少なくとも社内でのメンツは丸つぶれですから職場にいられない状況に追い込まれてるとも限りません。

そしてやらかした外部業者。

まぁ、推して知るべしかもしれません




メンツ云々を置いといて、じゃぁ日本が勤務地の日本企業に務める日本人たる舘を含む多くの会社員さんで、何か仕事で失敗し、降格のうえ8万円減給をされたらどうですか?
仮に20万円の月収なら12万円になったあげく昇進はなくなりますよね
更にどこかに地方に飛ばされる危険性ありますよね
その会社にしがみ続けれますか?
例え周囲が同情的で、自分もメンツを気にしない性分だったとしても
給与を8万円減らされた時点で生活は一気に逼迫するはずです。

まぁ、早い話 辞職しろと言われているようなものでしょう
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する