mixiユーザー(id:19565687)

2018年03月08日21:04

61 view

時代小説は必ずしも資料にはならない

本当は古文書など原典を読めばいいのですがなかなか原典の古文書は閲覧できないし
できても読めないのがミソですけどね

時代小説や時代劇は多分にフィクションを含んでいますし、小説に至っては作者の調べが甘かったり、軍記物を資料としてみたり
小説家は歴史学者ではないので、複数の資料を付き合わせ信憑性をあげる作業などはしないことでしょう

しかし、一般的に多くの人が読むのは小説でしょう

忠臣蔵がいい例で、普通に考えれば赤穂藩の失敗は、赤穂藩の江戸留守居役が職責をまっとうしていなかったから、或いは機能できない状況になっていたから最悪の事態を迎えたわけですが、一般的に留守居役といってもピンときませんよね

部下の留守居役に無能な人間を任命している藩主が田舎者となじられたってある意味仕方のないことかもしれません

お前のとこは人材もいないのか?
留守居役という要職に馬鹿を据えているのか?

みたいなことでしょう






■“半年間、遺体を野ざらし”はなかった? 薩長の「埋葬禁止令」を覆す新史料
(AERA dot. - 03月08日 07:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=173&from=diary&id=5017540
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する