mixiユーザー(id:19565687)

2015年11月29日15:24

388 view

高い城の男

高い城の男
たかいしろのおとこ、原題:The Man in the High Castle)は、アメリカのSF作家フィリップ・K・ディックの歴史改変SF小説。第二次世界大戦で枢軸国が勝利し、アメリカが東西に分断されている世界を舞台としている。1962年に発表され、1963年のヒューゴー賞 長編小説部門を受賞した。
日本では1965年に川口正吉によって翻訳され、ハヤカワ・SF・シリーズ(早川書房)から刊行された。1984年から新たに浅倉久志の新訳による新装版がハヤカワ文庫から出版された。
2015年、ネットドラマ化が発表され[2]、同年11月から配信が開始された。

第二次世界大戦が枢軸国の勝利に終わり、大日本帝国とナチス・ドイツによって分割占領されている旧アメリカ合衆国領を舞台にした人間群像劇。
歴史改変SFでは珍しくない設定だが、作品内世界で「もしも連合国が枢軸国に勝利していたら」という歴史改変小説が流行しているという点と、東洋の占術(易経)が同じく流行していて、複数の人物が易経を指針として行動するという部分が独創的である。ディック自身も、本作のプロットを作る際に易経を利用している[3]。後半になるにつれてディック特有の形而上学・哲学的な思索やメタフィクションが展開される一方、ディック作品にありがちなプロットの破綻が生じていない[4]。そうした点からアメリカやイギリスなど英語圏ではディック作品の代表作として挙げられることも多い[4]。
作中の枢軸国の描写に関してはそれぞれに違いがある。日本人は勝者として傲慢な部分もあるものの、人種政策でドイツと対立するなどある程度は話が通じる人間的な集団として描かれている。逆にドイツ人は反ナチ派が軒並み粛清されており、ナチズムの狂気に満ちた集団として描かれている。イタリア人は表面的には日独と並んで戦勝国として扱われているが実態としてはドイツの衛星国であり、その劣等感からアメリカ人に同情する描写が描かれている。また作品中に登場する歴史改変小説は現実の第二次世界大戦とも異なった形で勝利する内容になっている。




2 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年11月29日 19:39
    ディックも読もうと思ってはいるのですが、なかなか手を出さないのはなぜなのか?自分でもよく分かりません。面白い作品があるのは分かるのですが・・・。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年11月29日 20:46
    > mixiユーザー 今、電子書籍でこれを読んでます。
    半日、一気に読み耽ってましたけど今は小休止です。

    アメリカのAmazonを検索しててこの動画が目に止まりました。
    で、何だろうこの映画?え?今年のネットドラマ化なんだって?
    なら、小説があるよね。

    てんで、今日、早速電子書籍を買ってよんでます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年11月30日 19:44
    フットワークが軽いですね♪

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する