mixiユーザー(id:19325581)

日記一覧

イザヤ13-23章(14-34)
2020年08月08日00:00

【イザヤ21:3-10 なぜイザヤは自分の受けた 示現のためにそれほどまで悲しんだのか】イザヤに下された示現によって引き起こされた苦痛はき わめて強烈であったため,ヘブライ語の表現では,イザヤ の心境が単なる悲しみ以上のものであったことが詳細に書き記

続きを読む

イザヤ13-23章(14-33)
2020年08月07日00:00

【イザヤ21:1-2「海の荒野」とは何か】この語句の使用については,多くの注解者も頭を悩ませている。この託宣は特定の国々に向けられたものである。 しかし,実際にどの国なのかは明らかにされていない。カ イルとデリッチは,イザヤはここで象徴的な名前を用

続きを読む

イザヤ13-23章(14-32)
2020年08月06日00:00

【イザヤ20:2 イザヤが「裸,はだしで」歩い たというのはどういうことか】「東洋では衣服はきわめて重視されており,その点で特 に敏感で慎み深い感情を持っている地域では,上着を脱い だだけでも,裸になったと考えられていた。それゆえ,イ ザヤが指示さ

続きを読む

イザヤ13-23章(14-31)
2020年08月05日00:00

【イザヤ20:1この最高司令官とはだれか】この最高司令官は名をタルタンといい,王の給仕役であった。タルタンはサルゴンの最も信任篇い僕であった。恐 らくセナケリブのエルサレム攻略の際に司令官となったのであろう(列王下18:17;カイル,デリッチ『注解』7:

続きを読む

イザヤ13-23章(14-30)
2020年08月04日00:00

【イザヤ19:23-25この預言について霊的な意 味で成就するものがあるとすればそれは何か】イザヤ19:23-25の意味についてははっきりしていない。 この部分は,将来イスラエルとエジプトやアッスリヤ(あるいはこうした昔の国々の領土のうえに現在存在している国

続きを読む

イザヤ13-23章(14-29)
2020年08月03日00:00

【イザヤ19:11-25この預言はどのようにして 成就するか】イザヤ19:11-14では,エジプトの主要都市の指導者たちは愚かになり,その国を救えなくなるとはっきり断言し ている。ゾアンはダース,メンピスはノブのことである。 16節と17節にある預言,すなわち,

続きを読む

イザヤ13-23章(14-28)
2020年08月02日00:00

【イザヤ19:11-25 この苦悩には,エジプトに 下 さ れ る 裁 き 以 外 の 意 味 も あ る の か】再びイザヤは両義的な表現を用いて預言をしている。エ ジプトについてのイザヤの「苦悩」というのは,(1)イザヤの時代と将来の2度にわたって実際に成就し,エジ

続きを読む

イザヤ13-23章(14-27)
2020年08月01日00:00

【イザヤ19:8-9 漁,練った麻,白布といっ た言葉には,どのような深い意味があるか】この3つは,エジプトの主要産業の代表格であって,そ のために高い評価を受けていた。漁はこの国家では絶対的 に重要であった。練った麻というのは,繊維から織り上げ た麻

続きを読む

イザヤ13-23章(14-26)
2020年07月31日00:00

【イザヤ19:3「巫子および魔法使」とは何か】「サタンの配下にあって,最も悪質かつ邪悪な行為を行 うグループの一つに魔法使いがいる。この魔法の中には,実際に悪霊と交わりを持つものさえ存在する。魔法使いと は,こうした魔術に携わったり,黒魔術を行っ

続きを読む

イザヤ13-23章(14-25)
2020年07月30日00:00

【イザヤ18:7 聖徒たちが主にささげる贈り物 と は 何 か】聖徒たちは,イスラエルの集合にふさわしい贈り物を主 にささげようと決心している。そのために,預言者ジョセフ・スミスが言うように,聖徒たちは「代価なしで働いて いる。合衆国全土〔現在では世

続きを読む

イザヤ13-23章(14-24)
2020年07月29日00:00

【イザヤ18 イザヤは福音がアメリカ大陸の国々 にも伝えられることを予見していた】ジョセフ・フィールディング・スミス大管長はイザヤ18:1について次のように注釈を加えている。「ここには誤訳がある。正しい訳は『おお,翼の形をし た国よ』となるだろう。

続きを読む

イザヤ13-23章(14-23)
2020年07月28日00:00

【イザヤ17 力と勢力とは,世の知るとおり,や が て 必 ず 滅 び る】ユダの隣接諸国家(スリヤは「ダマスコ」という言葉で 表され,イスラエルの北王国は,エフライムの山の守りと して表されている)を含む世界のあらゆる国々は,主の民 から略奪したほかの

続きを読む

イザヤ13-23章(14-22)
2020年07月27日00:01

【イザヤ16:12-14モアブの日は数えられる】イザヤはここでは,自分が以前に言ったことを再確認し ているにすぎない(イザヤ15:5参照)。つまり,ヨルダン川対岸のモアブは3年以内に滅びるということである。

続きを読む

イザヤ13-23章(14-21)
2020年07月26日00:00

【イザヤ16:6-11悲惨な悲しみの叫びがモア ブ中を襲う】モアブにたとえられる地上の国々は,皆強大な勢力を誇 ってはいるが,やがて泣き叫び,嘆き悲しむことになる。 その防衛戦力は無に帰し,豊かな富も食糧も尽きる。また 望む喜びとは裏腹に悲しみがその

続きを読む

イザヤ13-23章(14-20)
2020年07月25日00:02

【イザヤ15:8-9 モアブの滅亡は広範囲に及んだ】モアブの滅亡の叫びはかなり広範囲に及び,国境を越え て塩の海北西部のエグライムに至った。モアブの味わう悲 劇の範囲を示すために,イザヤは,デボンの周囲にある豊 かな牧草地の中心地の水(デモンと呼ばれ

続きを読む

イザヤ13-23章(14-19)
2020年07月24日00:00

【イザヤ15:5】イザヤは,モアブがまだ若く,力ある国であることは認識していた。しかし,そうした勢力や兵力があったにもか かわらず,イザヤは,北の国々から力ある兵がやって来て たった3年のうちにモアブを滅ぼすと預言した(イザヤ 16:14参照)。この預言

続きを読む

イザヤ13-23章(14-18)
2020年07月23日00:00

【イザヤ15:2-3 頭をかぶろにすることとモ アブに下される主の裁きとはどのようなかかわりかあるか】髪の毛やひげをそることは,古代のイスラエルでは,大 きな恥を表す行為であった。それゆえ,この部分は,モアブの見せかけの誇りや繁栄も恥と屈辱に変わっ

続きを読む

イザヤ13-23章(14-17)
2020年07月22日00:00

【イザヤ15-16モアブに下される主の裁き】モアブというのは,ロトの長女の長男である(創世19: 37参照)。この民は死海の東側のゼレド川の北部に定住していた。モアブ人はイスラエルの民といとこ同士であった。 しかし,両者の間には常時戦いがあり,主はモアブ

続きを読む

イザヤ13-23章(14-16)
2020年07月21日00:00

【イザヤ14:28-32ペリシテの苦悩】この部分には,ペリシテに下された滅びの判決について 書かれている。イザヤは存命中にこの出来事を目撃してい る。ペリシテ人とは,イスラエルがヨシュアの指揮の下に 征服した国に住んでいたカナン人である。このペリシテ

続きを読む

イザヤ13-23章(14-15)
2020年07月20日02:17

【イザヤ14:24-27アッスリヤもバビロンと同 様 で あ っ た】 バビロニヤ帝国を霊的な意味でのバビロンの象徴として使う一方,イザヤは強大なアッスリヤ帝国の崩壊についても書いていた。アッスリヤはヒゼキヤの時代に,エルサレムの丘で殺戮の天使の手により

続きを読む

イザヤ13-23章(14-14)
2020年07月19日00:03

【イザヤ14:12-15「黎明の子,明けの明星」とはだれか】イザヤはここでも両義的表現を使っている。13章と14章は,バビロンの没落を描いたものであるが,一帝国として のバビロンとこの世の象徴としてのバビロンの両方を指し ている(教義と聖約133:14参照)。そ

続きを読む

イザヤ13-23章(14-13)
2020年07月18日00:00

【イザヤ14:4-21 バビロンのために歌を歌う イ ザ ヤ】イザヤ自身の美しい詩で語られたこの風刺と皮肉に満ち た歌は,邪悪なバビロンに下される裁きを歌ったものであ る。イザヤはこの力強いヘブライ語の韻律によって,将来, バビロンが踏みつけられ,征服さ

続きを読む

イザヤ13-23章(14-12)
2020年07月17日00:15

【イザヤ14:2 イスラエルとこの節に登場する 民 と の 関 係】イスラエルがその約束の地に集合する回復の時には,ほ かの国々(民)の助けがあり,実際に地の隅々から帰還す るに当たって支援を受けるはずである。そして,こうした国々はイスラエルの復興を助け

続きを読む

イザヤ13-23章(14-11)
2020年07月16日00:24

【イザヤ14 イザヤ書本文の注目すべき相違】ニーファイはイザヤ14章全体を引用しているが,2か所だけ重要な相違がある。二つの書の2節と4節を比較する。

続きを読む

イザヤ13-23章(14-10)
2020年07月15日00:00

【イザヤ13:19-22 バビロンののろいに終わりはあったか】 この部分でバビロンについて述べたイザヤの言葉は,文字ど お り 成 就 し た 。 ( イ ザ ヤ が 書 い た 当 時, バ ビ ロ ニ ヤ が まだ 世 界 帝 国 に な っ て い な か っ た こ と を 忘 れ て

続きを読む

イザヤ13-23章(14-9)
2020年07月14日00:00

【イザヤ13:14-18 メデアびとかバビロンを滅 ぼすとはどういうことか】イザヤの言葉は,バビロンより高い山岳地方の国の住民であるメデアびとがユフラテ川の物欲の巣窟たるバビロン に攻め下り,多くの人々を殺すという意味である。また,霊的な観点から見る

続きを読む

イザヤ13-23章(14-8)
2020年07月13日00:01

【イザヤ13:13 天が震え,地か揺り動くとはどう い う 意 味 か】この預言も両義的である。天が震え,地が揺り動くというのは,ユダヤの表現法の一つであって,大きな苦難と災害の時を表している。バビロンの崩壊もその一つである。 世界の政治環境も揺れ動く

続きを読む

イザヤ13-23章(14-7)
2020年07月12日00:00

【イザヤ13:11-12 人を「こがねよりも少なく する」とはどういうことか】13章の11節と12節で,イザヤは以前に使った表現を繰り返して使っている(イザヤ4:1-4参照)。つまり,義人 を見つけるのは,こがねを見つけることと同じように困難になり,宝のように貴重

続きを読む

イザヤ13-23章(14-6)
2020年07月11日00:00

【イザヤ13:9-10 多くの預言者か天のしるし について語っている】主の降臨に伴う非常に劇的なしるしが天に現れ,それは 人々の大きな驚きとなる(教義と聖約29:14;34:9; 45:42;88:87;133:49;ヨエル2:31;マタイ24: 29;黙示6:12-17参照)。

続きを読む

イザヤ13-23章(14-5)
2020年07月10日09:05

【イザヤ13:2,4-5 旗,山,多くの民とはそれぞれ何か】美しい隠喩によって,イザヤ13章では福音の標準が,終 わりの日には「旗」(2節)として立てられると書かれてい る。この旗の下に,世界の民が集まることになる(イザヤ5:26;62:10;2ニーフアイ15:26と比較)。

続きを読む