mixiユーザー(id:193044)

日記一覧

死についての瞑想
2020年07月31日01:27

(メモ)踊るマイナデス像は、その姿勢の不安定さ故に3Dの像はあまり作られない、とケネス・クラーク卿は書いてゐたが、これは現代の技術で乗り越えられる。私はこれに「カトリーナ」の化粧をほどこして、その「黄泉醜女」としての本質を顕はしたいと考へてゐ

続きを読む

#死霊 は何故 #ひと喰ひ鬼 といふ特性を示すのか?についての隠秘学的考察。リヴィング・デッドは何故生者の肉を喰らはうとするのか?この考察により、オルフェウスがその冥界下りののちに、マイナデス(バッカス信女)によつて虐殺されること(虐殺された詩

続きを読む

ここに至つた経過は省きます。本日夕刻より、三度の痙攣発作があり、その度にマウストゥマウスや心臓マッサージや蜂蜜溶液を注射器で与へるなどしましたが、三度目の発作の最中、彼の小便が私の腹に当たるのが感じられ、そのとき、とうたう心臓も止まつてしま

続きを読む

ついての解釋の中に根據を持つてゐるのである。祭の機能は、その他の供犠的儀禮の機能と異なりはしない。デュルケームが見事に理解したやうに、問題なのは、創始的體驗を反復體驗し、一切の活力と一切の豐饒性の起源として知覺される起源を再現することによつ

続きを読む

體驗を嬉々として思ひ出すといふことがどんなに奇妙に見えようとも、さうした不可思議〔ミステール〕を解決するのは簡單である。我々の注意をもつとも強く惹きつけ、つひには祭全體を支配するに至り、祭の進行の最後まで存續しつづける祭獨特の諸要素は、祭が

続きを読む

殆どの社會にも、儀禮の性格を長い間保存してゐる祭(fêtes)がある。現代の觀察者はそこに、何よりも、禁止の違反を見る。亂交が大目にみられ、時には慫慂される。ある種の社會ではそれが近親相姦にまでいたつて一般化される。かうした違反を、もつと廣

続きを読む

チワ之輔、大惨事
2020年06月04日03:48

六月ー日、我が家の全盲のチワワ の顔を見ると、右頬がまるで臓物のやうな色になつてゐる。てつきり顔をひどく怪我したのかと思ふが確かめることも出来ない。弟の帰宅を待ち、動物病院に飛び込むと、なんと虫歯が悪化してゐたのだつた。翌日全身麻酔で抜歯。

続きを読む

(メモ)かつて「映像」について考察した時「映像の巨大な収蔵庫」とは、古代印度人の「輪廻」だとか「アーカーシャ年代記」だとか「閻魔さんの鏡」とイクォールであり、あらゆる暴力と恐怖のアルシーヴ、「地獄」の当体なのだと直観した。だがその頃、WWWもS

続きを読む

カルロス・カスタネダ は詐欺師であつた。にもかかはらず、彼の生み出した架空のインディアンの教説は役に立つ。何故か?詐欺師としての生き方の知恵に裏打ちされて居るからだ。呪術師ドン・ファンの最初の教説には、尻尾を掴まれることを巧妙に逃れ出る知恵

続きを読む

厨房なりし頃の読書
2020年05月23日00:03

誰からもリクエスト来やしないが、勝手に厨房の頃読んだ本を回顧してみる。中島敦は、教科書の「山月記」がきつかけで、国語教師の三島先生に文治堂書店版全集を借りて読み耽つた。筑摩書房版が出るのはまだまだ先の話である。当時未完成作品まで読んでた厨房

続きを読む

百科知識中文網【軍持】
2020年05月21日14:55

一種盛水器,又名軍墀、君遲、群持、捃稚迦、淨瓶等,爲雲遊僧人、伊斯蘭教徒盛水洗手用具。這種外國器形大約在隋唐時期傳入我國,在我國卻長盛不衰,從唐代至清代的南方北方窯口均有持續生產,大量出口。品種豐富,時代特徵鮮明。軍

続きを読む

【Kendi】梵語「Kundi」が、マレーシア・インドネシア地方に伝はり「Kendi」と称され、この形がヨーロッパに伝はつた。漢語音写「軍持」はむしろ梵語に近いやうにも思はれるが不詳。日本では「乳瓶」「おつぱい徳利」と称す。

続きを読む

... Y yo me iré.Y se quedarán los pájaros cantando.Y se quedará mi huertocon su verde árbol,y con su pozo blanco. Todas las tardesel cielo será azul y plácido,y tocarán, como esta tarde están toc

続きを読む

XXIV太平橋にしんこ團子賣る少女かな頰袋きみいまさねば虛しけれ百歳〔ももとせ〕を草牟田川の澄むを待ち紫色のたそがれ時の蝙蝠スープ携帶電話に母は頷けりとナース云ふうたげ無き春に追はれし花も散る三ツ葉にまれ四ツ葉にまれクローバー刈り盡

続きを読む

本日5月8日、母はS病院を退院して、胸の静脈に点滴するチューブと、鼻から胃に繋がつて吐瀉物を排泄するチューブとが繋がつた状態で帰宅して、困難ながらも自宅介護に戻ることになつた。口からものを食べることには、嘔吐と誤嚥の危険がつねにともなふので、

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。