ホーム > mixiユーザー(id:193044) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:193044)

日記一覧

【2020年03月04日】
2020年03月04日19:02

午後5時、はやめにN病院へゆき、T医師の話を聞く。体温が37度前後の微熱状態で推移して居るほかは、血液の数値など、全般に改善して居る。いましばらく経過を観察しつつ、わが町のH内科に戻る交渉をするとのこと。母の体温37.0度。音楽などを聞かせて、6時退

続きを読む

【2020年03月02日】
2020年03月03日04:40

午後7時過ぎ、N病院。母は個室から相部屋に戻る。体温37.2度。家族三人今夜から宅配の減塩メニューを試す。第一に量がたいへん控へめである。

続きを読む

学校にナチのミサイルが落ちて休校になつたので「サンキュー、アドルフ!」と大喜びする子供たち。(ジョン・ブアマン「Hope and Glory戦場の小さな天使たち」1987)

続きを読む

【2020年03月01日】
2020年03月01日22:47

午後7時過ぎN病院。体温37,2度。微熱。遂に「中心静脈ポート」に点滴が繋がつた。あれから駱駝は何匹も針の孔を通つたのだ。低タンパク血症によつて手足が腫れ上がつた状態で通常の点滴が出来なくなつた時の脚部の静脈へのカテーテルの挿入。コーヒー色の吐瀉

続きを読む

【2020年02月29日】
2020年02月29日21:39

午後7時前、N病院。体温36.3度。何故か左脇の下に氷枕。

続きを読む

【2020年02月28日】
2020年02月29日15:29

午後6時半N病院。体温36.8度。T医師が、新しい血液検査データを持つてきて、万事改善して居ることを説明する。いよいよ「中心静脈ポート」の使用も近いやうだ。※この日は、母にもマスクが付けられて居た。

続きを読む

【2020年02月27日】
2020年02月27日23:31

午後7時、N病院。体温36.8度。喘鳴が全くない。

続きを読む

【2020年02月26日】
2020年02月27日00:18

午後7時過ぎ、N病院。体温37.2度と微熱なれど、呼吸が非常に平穏である。氷枕あり。

続きを読む

【2020年02月25日】
2020年02月26日04:30

午後7時N病院。体温36.7度。呼吸が非常に楽になつてきた。看護士によると、120程あつた脈拍が100にまで落ち着いたとのこと。

続きを読む

【2020年02月24日】
2020年02月24日20:29

午後7時N病院。体温36.6度。日に日によくなつて居るやうだ。「中心静脈ポート」からの栄養補給も近いだらう。

続きを読む

【2020年02月23日】
2020年02月23日21:04

午後7時過ぎ、N病院。体温36.9度。呼吸もだいぶ楽になリ、受け答へができる。「胆道ドレナージュ」は成功か。

続きを読む

【2020年02月22日】
2020年02月22日17:11

午前9時過ぎ、N病院のT医師より電話。再度の血液検査の結果、抗生剤を変更しても炎症反応が上昇して居ることなどをみて、やはり胆管に原因があるのではないかと考へ、処置をしたいので10時までに来てくれとのこと。タクシーでN病院へ。処置は12時前に完了。「

続きを読む

【2020年02月21日】
2020年02月21日21:40

午後6時40分、N病院。体温36.9度。昨日よりは幾分かマシだが、なほ呼吸は苦しさうである。

続きを読む

【2020年02月20日】
2020年02月20日19:54

午後7時、N病院。体温36.4度。熱は下がり、意識もだいぶはつきりして居るが息が荒い。血液検査とCT。肺に若干の水があるらしい。抗生剤を今朝から換へてみて居るとのこと。ポートはまだ使用して居ない。

続きを読む

【2020年02月19日】
2020年02月19日22:52

午後、母の「中心静脈ポート」形成の手術は無事終了。午後7時半、弟とT医師の話を聞く。体温が39.1度。解熱剤を点滴開始。

続きを読む

【2020年02月15日】
2020年02月15日19:49

午後7時、N病院。体温37.0度。氷枕が頭と左脇にあり。喋る気力がない。抗生剤は朝夕二回点滴して居るらしい。

続きを読む

【新帰朝者たち】
2020年02月15日14:17

西洋の文化や学問を驚くべき学習能力で身につけて帰つてくる日本で最も優秀な人々が、さて、その知力で日本といふものを理解せんとするとき、ことごとくぶざまな誤解に閉じこもつて居る。表象を貯め込む程理解できなくなるやうなものが存在するとは、彼らには

続きを読む

【2020年02月12日】
2020年02月13日05:40

N病院のT医師より電話。13日に予定して居た「中心静脈ポート」の形成手術は来週に延期。午後7時過ぎ、N病院。体温37.0度。

続きを読む

【2020年02月11日】
2020年02月12日03:48

午後6時半、N病院。体温36.5度。氷枕もとれて、平熱に戻つたやうだ。声もしつかりして居る。同室に声の大きな患者がふたりも居て、騒々しい。

続きを読む

【2020年02月10日】
2020年02月10日22:09

昼間、N病院に電話して、G病院で1月22日夜に嘔吐したときのことを詳しく話し、肺に吐瀉物が入つて肺炎になつて居る可能性が高いので、抗生剤の処方を念押しした。抗生剤はすでに処方、熱も下がつたとの返事で、とりあへずほつとする。夜6時半、N病院。体温27.

続きを読む

【2020年02月09日】
2020年02月10日21:59

日曜の朝9時すぎ、N病院から電話。昨夜また嘔吐したとのこと。例の鼻チューブを再開。午後7時、三人でN病院。体温38.2度。ものを言ふ元気がないらしい。

続きを読む

【2020年02月07日】
2020年02月08日08:21

午後4時、N病院で弟とふたりでT医師に話をきく。胃カメラやCTの検査結果を踏まへて、来週は「中心静脈ポート」を作る手術をすることに同意した。母の体温36.5度。マットをエアマットに交換してもらつた。

続きを読む

【2020年02月05日】
2020年02月05日14:21

午前八時、G病院の退院手続き。介護タクシーで、母に同乗して、玉里邸前を通り、城山越えでN病院に到着。11時より胃カメラ。20分程で終了。食道裂孔ヘルニアによる胃の出口のねじれ以外、異常なし。腫瘍などみつからず。明日はCTを撮るとのこと。N病院への交

続きを読む

【2020年02月03日】
2020年02月04日18:18

午後五時半、父と弟がT病院でプラセンタ注射をするのに便乗して、血圧を測りにゆく。ギリギリ境界域。その後、草牟田の護国神社に寄つて、六時半頃G病院へ。体温37.0度。弟が古い写真を見せる。【2020年02月04日】午後六時半、G病院。体温36.4度。古い写真や

続きを読む

【2020年02月02日】
2020年02月03日09:45

午後六時半、G病院。体温37.3度。今日も、弟が色々な写真を見せる。

続きを読む

【2020年02月01日】
2020年02月02日12:02

午後G病院の事務より電話があり、5日の転院時の母の入院代の請求額をきく。予想して居た半額ほどの金額でほつとする。おそらく、普通の食事が全く無く、ほぼ点滴のみで生きて居たために、かうなつたものと思はれる。三度の食事が出て居た昨年のH内科の最後の

続きを読む

【2020年01月31日】
2020年02月01日00:41

午後一時、G病院へ、12月分の入院代の支払ひにゆく。重度身障者の払ひ戻し手続きもすませる。母の体温36.9度。いつたん帰宅。支払ひ二件。午後六時半、再び三人でG病院へ。体温37.1度。写真を見せたり、音楽を聞かせたり。自分から、ももちやん(犬)に会ひた

続きを読む

【2020年01月30日】
2020年01月31日09:43

弟が掃除中に、来月転院する予定のN病院に於ける、かつての母の「食道裂孔ヘルニア」診断時の医師のメモを見つける。日付けが平成25年(2013)6月、すなはち寝たきりになる前年と分かつた。メモをG病院の医師に渡すやう看護師にことづけた。午後六時半、G病院

続きを読む

【2020年01月29日】
2020年01月29日20:25

午後六時半、G病院。体温37.2度。時折り、鼻チューブがイビキのやうな音をたてるものの、声はしつかりして居る。

続きを読む