ホーム > mixiユーザー(id:19291803) > mixiユーザーの日記一覧 > ★[9/20〜30]の宇宙の流れに乗る方法

mixiユーザー(id:19291803)

2019年09月20日23:14

12 view

★[9/20〜30]の宇宙の流れに乗る方法

★[9/20(金)〜30(月)]の宇宙の流れに乗る方法
宇宙(太陽&月&星々)の動きや配置が地球上に住む私達(の心身)にどのような影響を与えるのでしょうか?
また、私達は日々をどう過ごせばいいのでしょうか?
下記を参考にしながらも、ご自分の直観、感情を大切にしましょう♪
宇宙の流れに乗り、今この瞬間を丁寧に生きていきましょう♪
ご自分の心身をいたわり、セルフケアしましょう♪
ご自分自身を知っていきましょう♪
ご自分を癒し、許し、解放して、新しい自分に生まれ変わりましょう♪
特に満月と新月の時は、その月星座の特徴が強く現れ、ご自分の太陽星座、月星座、ドラゴンヘッド、ドラゴンテイルが月星座の時に強い影響を受けます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆【9】20日(金)5時57分〜22日(日)13時49分…[月星座:双子座]…月は双子座に滞在。
●【月星座:双子座の時期の影響と過ごし方】
知恵と学びと小旅行の星座:双子座の月星座の時期になると、一気に軽やかなムードに切り替わっていきます。
双子座は「情報(収集)」「変化」「好奇心」の性質を持ち、「コミュニケーション」を象徴する星座です。
➊[この時期は]…コミュニケーション、変化
○「何かを知ること」「コミュニケーションをとること」「変化をもたらすこと」に向いています。
○好奇心旺盛な時で、コミュニケーションを活発にとりたい時です。
・インターネットなどを通した情報発信も双子座のテーマなので…ツイッターやインスタグラムなどのSNSを活用して自分の体験やお勧め情報を身近な人に広めたり、逆にSNSを通して情報を集めたり、交流したりするのもいいです。
・双子座は好奇心旺盛であらゆる所から集めた情報を伝える星座で、小旅行もテーマに持つ星座なので…自身の好奇心の赴くままに行動したくなるかもしれません。
・興味を惹かれた新しい土地に小旅行に出かけてみてもいいと思います。
・フラッとどこかへ出かけして、美術館や博物館巡りなんかもしてみるといいと思います。
❷[この時期の宇宙の動き]
※20日(金)…[彼岸入り]…秋分の日を挟む前後三日間が、秋の彼岸の時期です。
・20日(金)…[射手座の木星]と[海王星:魚座で逆行中の海王星]の90度は落胆や喪失感を誘発させやすい凶角なので、この近辺では、何事に対しても決して甘く考えない事が賢明です。
・21日(土)…[グランドクロス]…[双子座:月]&[乙女座:火星]&[射手座:木星]&[魚座:海王星]の4つの[柔軟宮]の星座が90度スクエアの角度で関わり合い、緊張感が最大の複合アスペクトで、少しハードな日なので、頑固な態度はNGです。
物事に対して柔軟に対応したり、変化の波に軽やかに乗っていく事を強制的に促されますので、その場の状況に応じて、何事もフレキシブルに対応していくようにしましょう♪
※22日(日)11時41分……[双子座の下弦の月]
あなたが「これまで得てきた学びや知識をいかに現実に活かしていくか?」「周りにいかに発信していくか?」…ということをまとめる日にしてみましょう。
言葉や情報を通して、他者とつながり、そして、あらゆる縁の糸を紡いでいくことができるようになるでしょう。
❸[健康&ケア]
➀[支配身体部位]
⑴「肺」「呼吸(器系)」(風の最初のサインの関係で)
⑵肩から腕、肘を通って指先まで…【上半身の対になっている部位】の「手」「手首」「腕」「肩」など、「中枢神経」「神経系」
コミュニケーションと深くかかわる双子座は、同じく身体でもコミュニケーションに関わる部位、肩・手・腕などと関係があります。
腕や手で行う身振り手振りは大切なコミュニケーションの一つですし、物を書くというコミュニケーションの場合にも必ず手が必要です。
肺は話すために必要な空気を調整することから、双子座に支配されると考えられます。(蟹座に支配されると考えられる場合もあります。)
・[チャクラ]…すべてのチャクラ
➁[関連する症状]…⑴「花粉症」喘息肺炎「肺疾患」「呼吸器疾患」など。
⑵肩に関するトラブル…「肩凝り」等の肩に関するトラブル、「リウマチ」「腱鞘炎」「神経痛」「神経疾患」など
➂[双子座の支配身体部位]は、[月星座が双子座の時期]により影響が強く出ます。
双子座に支配されている、肩〜手のどこかをケアする場合、[この時期]に行うと、より効果が出ます。
例えば肩のマッサージは[この時期]に行うとより効果的で、オイルマッサージはより成分を吸収します。[満ちていく月の期間]に行えばなおさらです。
▼反対に、それらに負担をかける場合は、[この時期]に行うと、よりダメージが大きくなるのでそれ以外の日にします。
特に手術は負担が大きいので、対応する部分の手術の場合は、月星座と太陽星座が双子座でなく、かつ、欠けていく月の期間に行うといいと言われています。
○[セルフケア]
⑴神経が過敏になって、緊張したり、気持ちの動揺が表れやすく、神経が疲れやすくなります。
・外気が冷え、無意識に、呼吸も浅くなりがちになるので、仕事中は【意識的】に【深呼吸】や【ストレッチ】を行い、上半身の筋肉を弛めるようにしてみましょう。
・室内では空気清浄機や加湿器で、空調の調整を行なって、快適に過ごせるよう職場や住環境も整えましょう。
⑵腕、肩のマッサージはこの時期に行うと、より効果的で、オイルマッサージはより成分を吸収します。満ちていく月の期間に行えばなおさらです。
・パソコンを使い過ぎて、手や腕が凝っている人は、マッサージを受けるのもよいでしょう。
・二の腕を引き締めるエクササイズを行なうと効果が特に出やすい時です。
・ハンドマッサージやマニキュアをしたりするのも効果的です。 
○心と体のリンク…双子座生まれの人
体に現れる不調を心の観点から解釈する時、双子座のテーマ『I Reflect』に関わる気づきが対応する部位を通じて現れることがあります。
例えば、双子座に対応する肺は、自分の外からの空気を自分の中に取り込み、それが栄養となって自分となりますが、呼吸や肺の不調は、他者とのバランスや距離感に問題がある時があります。
個々原因は異なりますが、[双子座の支配身体部位の不調]は[身体からの重要なメッセージ]であり、[双子座のテーマに関する自分の成長ポイントを知らせてくれている]可能性があります。
※[双子座の支配身体部位]が、双子座生まれの人がこのような部位に疾患や弱点があるという意味ではありませんが、弱点である方は多いようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
双子座の位置で下弦の月を迎えた約2時間後に月は蟹座に移動していきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆【10】22日(日)13時49分〜24日(火)18時19分…[月星座:蟹座]…月は蟹座に滞在。
●【月星座:蟹座の時期の影響と過ごし方】
蟹座は⑴「心の内側」や⑵「母性」「家庭」『家族』を象徴する星座です。
➊[この時期は]…寛ぎたい時。
⑴月のホームタウンで、感情とプライベートを司る蟹座に入ると、感受性が高まり、理性より感情が優先されやすくなります。
・気持ちが揺らぎがちになるので注意しましょう♪
・自分の内側に湧き出てきた、言葉に表す事のできない感情をありのまま受け容れ、認めましょう♪
⑵蟹座は、実家、家族、親しい仲間を好みますので、大勢と過ごすより、気心がしれた内輪で過ごしたくなります。
・家族や安心出来る身内、仲間達と一緒にいたくなったり、いつもの馴染みの場所に足が向いたりします。
・家族や愛する人のために何かをしたり、逆に自分が甘えることが心地よく感じられる日になります。
・新しい出会いや刺激や冒険を求めるような行為には気分が乗らなくなり、堅い殻の内側に閉じこもって、中から鍵をかけたくなり、安心できるプライベートな場所でリラックスモードに入ったりします。
⑶蟹座は記憶とも関わりがある星座です。
・愛する人との思い出の地を訪れたり、歴史あるものに触れ合ったりすることに向いています。
⑷蟹座は月のホームタウンなので、月の影響が最も高まる場所です。
月の満ち欠けによって私たちの感情や体調が変化していきますが、蟹座に月がある時期は特に月の満ち欠けの影響を感じやすいでしょう。
❷[この時期の宇宙の動き]
晴れ23日(月)⑴16時50分…[秋分の日](二十四節気)=太陽星座:(乙女座⇒)天秤座に移動=彼岸の中日
㈠今までは乙女座が優勢でしたが、ここからは天秤座が優位になり、ここからは、まさに秋のムードいっぱい、フェミニンな雰囲気が漂う時となります。
㈡運行中の「太陽」が「天秤座」に移動する日(=秋分の日)から「秋」=「新しい“サイクル”=収穫シーズン」が始まる」とされています。
なので、9月23日頃までは「夏至」から始まった「サイクル」の「総決算」のような時期です。
㈢自分の中の男性性《能動的な自分》と女性性《受容的な自分》のバランスを整えていく時期です。
⑵天秤座の水星、金星から90度(スクエア)でプレッシャーを与えられる日なので、内側に引きこもってないで、もっと周りと交流するように促されるかもしれません。
無理せずのんびり、自分らしくいられる相手とリラックスした対話を楽しんでみましょう♪そうする事で、自然と心は安定していきます。
⑶射手座の木星との調和的なアスペクトが誕生して行く時期なので、安定期から[躍動期]への移行を、肌で感じられるようになるでしょう。
これまでの前半にやって来たことのバランスを整えて、また、前半で出来なかったことや未着手なことを盛り返すべく、後半の躍動期に入って行きましょう♪
❸[健康&ケア]
・[支配身体部位]…肺〜胆のう(胃・胸・肝臓・胆のう・肺など)…肺の蟹座と関わるとする場合もあります…胸(乳房)、胃(消化器官)
家族とかかわりが深い蟹座は、母親が母乳で子供を育てることが大切なように、胸部ととても深い関わりがあります。
蟹座と関わる部分は、蟹座の内面を大切にする性質を象徴するかの様に、感情からの影響を受けることが多々あります。
・[関連する症状]…肝臓や胆のうの不調、気管支炎、気管支喘息、胸焼け、胃炎、胃潰瘍等
蟹座に支配された体のパーツは、月星座が蟹座の時により影響が強く出て、蟹座に支配されている胸部のどこかをケアする場合、月星座が蟹座の日に行うと、より効果が出ます。
例えば胃や肝臓などの手当はこの日に行うとより効果的です。また、乳ガン健診を受けるのもいいでしょう。
特に解毒に関するケアは、欠けていく月の期間であれば更にいいです。
反対に、それらに負担をかける場合は、月星座が蟹座の日に行うと、よりダメージが大きくなるのでそれ以外の日にします。
特に手術は負担が大きいので、対応する部分の手術の場合は、月星座が蟹座でなく、太陽星座も蟹座でない、かつ、欠けていく月の期間に行うといいと言われています。
蟹座は「水」に属する性質があること、また感情と深い関わりがある性質から、月星座が蟹座の日は情緒不安定になりやすいです。
○心と体のリンク
体に現れる不調を心の観点から解釈する時、蟹座のテーマ『I LOVE』に関わる気づきが対応する部位を通じて現れることがあります。
蟹座は「全ては愛であることを知ること」がテーマで、その中には自分への愛ももちろん含まれます。
例えば、「自己重要感の欠如」「自分には価値がない」という思い込みが、胃や肝臓の不調として現れることがあります。
個々原因は異なりますが、[蟹座の支配身体部位の不調]は[身体からの重要なメッセージ]であり、[蟹座のテーマに関する自分の成長ポイントを知らせてくれている]可能性があります。
※[蟹座の支配身体部位]が、蟹座生まれの人がこのような部位に疾患や弱点があるという意味ではありませんが、弱点である方は多いようです。
○[セルフケア]
・バストケアをしましょう♪
・仲間を集めて、手料理を振る舞うなど外食を避け、胃に優しい食事をとりましょう♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【11】24日(火)18時19分〜26日(木)19時36分…[月星座:獅子座]…月は獅子座に滞在。
●【月星座:獅子座の時期の影響と過ごし方】
獅子座は「自己表現」や「情熱」を象徴する星座で、「創造性」とも関連しています。
そのため、月星座が獅子座の時は、「自分を肯定すること」「自己啓発」「クリエイティブな活動」に向いています。
➊[この時期は]…「遊び」「楽しむ」
今まで内に秘めてきた感情を外へ向けて表現(自己表現・感情表現・創造)する時期になります。
・楽しいことをしたい気分になります。
・世間が一斉に自己主張&アピールムードになっていきますので、周りを気にせず、全力で自己主張&アピールしていきましょう♪
・仕事や義務的なことから目を背けたくなります。
❷[この時期の宇宙の動き]
○25日(水)…[天秤座の水星]と[射手座の木星]の60度(=吉角)…将来性のある発展を助けてくれる配置なので、恋愛や仕事、プライベート等で、ワクワクするような素敵な縁が舞い込んだり、コミュニケーション、アイデア、将来を見据えた楽観的な計画が多々溢れ出やすい流れです。
❸[健康&ケア]
古来より、占星術の分野の一つに「医療占星術(=メディカルアストロロジー)」があり、そこでは、12星座と私たちのカラダに関係性があると考えられてきたようです。
各星座と関係があると考えられているカラダの部位に注目した【セルフケア法】…スワイショウ…しし座は私たちのカラダでは、胸、心臓と結び付くと考えられています。
・[支配身体パーツ]…「心臓」「横隔膜」「血液循環」「背中」「背骨」「筋肉」
※獅子座と対応する身体部分は体の中心:「心臓」です。(獅子座の対応惑星が太陽、獅子座のライオンが百獣の王)その他、動脈や血液循環などとも関連しています。
・[器官組織]…「感覚器官」
・[関連する症状]…「高血圧」「低血圧」「動悸」「心臓疾患」「痛風「炎症」「発熱」「憔悴(心痛、疲労、病気などでやつれ衰えること)」等
獅子座の[支配身体パーツ]は[月星座が獅子座の時期]により影響が強く出ますので、例えば、血液循環が良くなったり、動悸がいつもより激しくなったりすることがあります。
獅子座の[支配身体パーツ]をケアする場合、[月星座が獅子座の時期]に行うと、より効果が出ます。
反対に、それらに負担をかける場合は、月星座が獅子座の日に行うと、よりダメージが大きくなるのでそれ以外の日にします。
特に手術は負担が大きいので、対応する部分の手術の場合は、月星座と太陽星座も獅子座でなく、かつ、欠けていく月の期間に行うといいと言われています。
○[心と体のリンク]
体に現れる不調を心の観点から解釈する時、獅子座のテーマ『I CREATE』に関わる気づきが対応する部位を通じて現れることがあります。
心臓はハイヤーマインドから直接情報を受け取る臓器とも言われ、獅子座のテーマの『ワクワクに従うこと』もハイヤーマインドをそのまま行動に移しているような感覚です。
つまり、頭でばかり考えて、自分の好きなことができていない時、バランスを崩して、心臓に関連する不調になることがあります。
個々原因は異なりますが、[獅子座の支配身体部位の不調]は[身体からの重要なメッセージ]であり、[獅子座のテーマに関する自分の成長ポイントを知らせてくれている]可能性があります。
※[獅子座の支配身体部位]が、獅子座生まれの人がこのような部位に疾患や弱点があるという意味ではありませんが、弱点である方は多いようです。
○[セルフケア]
・ストレッチポールを活用し、姿勢を意識しましょう♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【12】26日(木)19時36分〜28日(土)19時2分…[月星座:乙女座]…月は乙女座に滞在。
●【月星座:乙女座の時期の影響と過ごし方】
乙女座は「健康」や『癒し』を象徴する星座です。
➊[この時期は]…「整理整頓」「潔癖」
○月星座が乙女座の時は、「食生活」や「毎日の習慣」「美容」について考えることに向いています。
○整理整頓、掃除に最適な時です。
・浄化の日でもあるので、お香を焚くのも素敵です。
○細かいことが目につきやすい時期です。
・細かいことがいろいろ気になり、他人のちょっとした言動や行動に傷ついたり、心折れたりしがちなので注意しましょう♪
・ついつい周りに口出ししたくなるけど、お節介だと思われない程度にしておきましょう。
❷[この時期の宇宙の動き]
※26日(木)…[彼岸明け]
○26日(木)…[天秤座の金星]と[山羊座の土星]の90度…恋愛運、金運を中心に、制限や問題、ストレスを発生させる配置です。
○28日(土)…能動のエネルギーを司るファイターの火星と重なり、実務的な作業に集中できる日なので、やらなければならない地味な仕事はこの日に一気に片付けてみましょう♪
❸[健康&ケア]
・[支配身体部位]…「消化器官(大腸・小腸・膵臓・脾臓など)」…これらは、心配になりすぎたり、働き過ぎたりしたといに影響が出やすい場合があります。
・[支配器官組織]…「血液循環」「自律神経」
・[関連する症状]…「腸のトラブル」「下痢」「便秘」「太りすぎ」「膵臓・脾臓の不調」等
⑴乙女座に支配された体のパーツは、月星座が乙女座の時により影響が強く出ます。人により様々ですが、例えば、この時期に「胃腸の消化」が悪くなります。
⑵乙女座に支配されている消化器官に関するケアする場合、月星座が乙女座の日に行うとより効果が出ます。
⑶反対に、それらに負担をかける場合は、月星座が乙女座の日に行うと、よりダメージが大きくなるので、それ以外の日にします。
消化に悪いものを食べるのは避けた方がいいです。
特に手術は負担が大きいので、対応する部分の手術の場合は、月星座が乙女座でなく、太陽星座も乙女座でない、かつ、欠けていく月の期間に行うといいと言われています。
○[心と体のリンク]
体に現れる不調を心の観点から解釈する時、乙女座のテーマで『I CONNECT』に関わる気づきが対応する部位を通じて現れることがあります。
例えば、小腸は[第3チャクラ]とつながっているので、意図や自己と関連しています。これは、体を通じて自分の観念を紐解いていく乙女座の質と関連します。
「自分の観念に盲目な時、自己と関わる小腸に不調が現れる」ことがあります。
個々原因は異なりますが、[乙女座の支配身体部位の不調]は身体からの重要なメッセージであり、乙女座のテーマに関する自分の成長ポイントを知らせてくれている可能性があります。
※[乙女座の支配身体部位]が、乙女座生まれの人がこのような部位に疾患や弱点があるという意味ではありませんが、弱点である方は多いようです。
○[セルフケア]
ヨガなどメンテナンス系エクササイズがお勧め。
メディテーション(瞑想)等、自律神経を整えたい日。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【13】28日(土)19時2分〜30日(月)18時41分…[月星座:天秤座]…月は天秤座に滞在。
●【月星座:天秤座の時期の影響と過ごし方】
天秤座は「社会性」や『バランス』を象徴する星座です。
そのため、月星座が天秤座の時は、「理性」を優先し、「公平な判断」をしたり、「バランス感覚」が大事なことをしたり、「人間関係を良好に保つようなこと」に向いています。
また、「結婚」に関わることにも向きます。
➊[この時期は]…「バランスをとる」「人と仲良くする」
・異なった価値観や感受性を持つ人とも調和し、心地よい空気を感じることで心が安定します。
・ギクシャクした関係や優柔不断で腰が落ち着かなくなり、骨格のバランスに影響します。
・品の良い装いで、普段よりおしゃれにしましょう♪美意識アップが自信になります。
・天秤座は適切な距離感であらゆる人々と交流を持つ星座なので、パーティー気分全開です。あらゆる社交の場に積極的に顔を出してみるといいでしょう。
・ベタベタした慣れ合いの関係ではなく、お互いが独立した風通しのよい関係性が天秤座の領域です。
・誰かと協力して進めている物事がある場合は、この時期に一気に動くといいです。
・義務や責任のつきまとう仕事には向いていない時期なので、重要な案件に手をつけるのは避けておきましょう。
❷[この時期の宇宙の動き]
●29日(日)[旧暦:長月朔日(9月1日)]3時26分…[天秤座の新月]…[太陽&月:天秤座(05度)] 
新月は物事の始まりや区切りを司り、次の新月までの短期間のサイクルを基準として全体を動かす効果があります。
ご自分の価値を見直して、才能発掘の為に何をしたら良いか考え、それに取り組んで行きましょう♪
⑴この時、金星と水星は共に[天秤座]にありますので、秋の気配も色濃くなり、ロマンチックムード満載の時となってゆきます。
⑵天秤座の月と射手座の木星が調和して、美しき秋が充満して行きます。
⑶[天秤座の金星]と[射手座の木星]の[60度(=吉角)]…対人運・恋愛運に嬉しい発展効果を作る配置で、思いやりと分かち合いの精神が強調され、人との交流を後押しする効果が期待できます。
□[新月の願い事]をしましょう♪
・[願い事キーワード]…「社交的」「公平」「調和的」「協力的」「バランスよく」「優美」「上品」「エレガント」「平和的」「理性的」など
❸[健康&ケア]
・[支配身体部位]…腹部 (「副腎」『腎臓』「膀胱」)「骨盤」「ウエスト」「腰」「臀部」
天秤座はバランスが大切なので、疲れすぎたり、負担が多すぎたりして、バランスが崩れると、そういった器官に影響を及ぼすことがあります。
・[関連する症状]…「腎臓や腰のトラブル」「膀胱炎」「糖尿病」等
天秤座の[支配身体パーツ]は、[月星座が天秤座の時期]により影響が強く出ますので、その[支配パーツ]をケアする場合、[この時期]に行うと、より効果が出ます。
腎臓や膀胱の炎症になりやすいので気をつけましょう♪
反対に、それらに負担をかける場合は、月星座が天秤座の日に行うと、よりダメージが大きくなるのでそれ以外の日にします。
特に手術は負担が大きいので、対応する部分の手術の場合は、月星座と太陽星座も天秤座でなく、かつ、欠けていく月の期間に行うといいと言われています。
腰に負担がかかりやすい生活をしている人は、いつもより疲れてしまうかもしれませんが、ケアにはより効果的です。
○[心と体のリンク]
[身体に現れる不調]を心の観点から解釈する時、天秤座のテーマ『I Balance』に関わる気づきが[支配身体部位]を通じて現れることがあります。
例えば、必要以上に重荷を抱えてしまっている時に腰痛になる場合があり、物事の一部だけを見て、バランスを失っている状態が身体に現れています。
個々原因は異なりますが、[天秤座の支配身体部位の不調]は[身体からの重要なメッセージ]であり、[天秤座のテーマに関する自分の成長ポイントを知らせてくれている]可能性があります。
※[天秤座の支配身体部位]が、天秤座生まれの人がこのような部位に疾患や弱点があるという意味ではありませんが、弱点である方は多いようです。
○[セルフケア]
両手を広げて、左右のバランスを感じながら、「つま先立ち」「かかとの上げ下げ」をしてみましょう。
ふくらはぎの血流を良くなり、むくみが解消します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【14】30日(月)18時41分〜…[月星座:蠍座]…月は蠍座に滞在。
9月ももう終わりです。秋は外に出るのが楽しくなってくる時期なので、自然豊かな場所で、季節の移り変わりを感じてみましょう♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!